虹色デイズ

虹色デイズのレビュー・評価・感想

レビューを書く
虹色デイズ
8

THE・青春

純粋で愛されキャラのなっちゃん、ノリで生きているチャラ男のまっつん、オタクで秀才のつよぽん、ドSだけど友達思いの恵ちゃんは、仲良し4人組。個性豊かな4人の男子高校生が、恋愛を軸に繰り広げる日常が鮮やかに描かれた映画です。

同級生の小早川さんへ恋心を寄せるなっちゃん、小早川さんの友達で寂しさから周囲に冷たい態度であたる筒井さんにマジな恋をしたまっつん、同じ趣味を共有できる彼女がいてみんなの憧れつよぽん、モテるけれどマジな恋を探し中の恵ちゃん。友達、恋愛、家族、進路……高校生の悩みは尽きない。4人が本気で「今」に悩み、時には現実逃避しながらも「将来」を思い描く姿に、高校生活の3年間がどれだけ大事な時間であるかを感じずにはいられません。世の中に永遠なんてない。変わらないことなんてない。終わりがあるからこそ、今を大切に楽しんで生きるしかないのだということを教えられます。
4人が制服のままプールに飛び込むシーンが印象的で、「こんなの今しかできない」と思い切りはしゃぐ様が、まさに青春。笑ったり、泣いたり、怒ったりしながら、今しかできないことに一生懸命になることで、高校生活の日常が青春になるのだと感じました。