ラ・ラ・ランド / La La Land

ラ・ラ・ランド / La La Landのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ラ・ラ・ランド / La La Land
10

観に来てよかった

まるでミュージカルのような映画です。様々なシーンでの映像美が話題になりましたが、私は音楽が一番好きです。ピアノを習っていた人や、現役ピアニスト、女優を目指す人等に是非観てほしい映画です。
映画に使われた曲が全て単調な曲ですが、次の日から歌い出したくなるような明るい曲や、人生について考えさせられる曲まで様々ですが、私の心を捉え続けています。冒頭の高速道路で流れてくる曲があるのですが、あのメロディーが忘れられません。人生で何か落ち込む事があった時、悩みがある時にこの映画を思い出すと明るい気持ちになります。

主人公の生き方に共感した方も多いと思います。夢や、恋愛、うまくいかないけどなんとかやっていかなくてはならない事についてたくさん考えさせられました。
結末は、始めに予想していたものとはだいぶ違う展開で意外でしたが、メッセージ性が強いと思うはずです
。日本で上映開始直後から話題になっていた映画なので、どんな映画なのか気になり映画館で観ました。ほとんどDVDになってからしか映画は観てなかったのですが、スクリーンで観て、久しぶりにいい映画を観た、映画館に観に来てよかったと思いました。感動して泣き出す人もいました。絶対おすすめです。

ラ・ラ・ランド / La La Land
10

ミュージカル好きにはぜひ

こちらのミュージカル作品はカリフォルニア州が舞台となっております。ミュージカル系ですとディズニーであったり、ニューヨークに縁があるものが多いですが、こちらはハリウッド版ミュージカルとも言えるでしょう。主役の女性は女優になることを目指し、日々生活を過ごしています。女優にせよ何にせよ何か夢を追っている方には共感できるものが多いかもしれません。また、主役の男性はジャズピアニストで自分が求めた方向性とは違う形での成功と同時に自分がやりたかったことの実現に成功しています。彼の生き様を見ていると、自分の生活を見つめ直すことになるのではないでしょうか。成功とはなんなのかを改めて考えさせられるかと思います。
音楽面に関して、おそらく冒頭でのAnother day of sunが有名なのではないかと思います。作詞はパセク&ポールです。彼らは他にもThe Greatest ShowmanでのThis is meなどの作詞作曲を担当されています。また、ブロードウェイではDear Evan hansenが有名です。ハリウッド映画だけではなく、実際のブロードウェイでの作曲作詞を担当されている方がこのLa La Landにて多くの歌詞を提供しています。La La Landでは作詞の提供ではありますが、素晴らしいキャリアをお持ちの方が音楽制作に関わっているため、ストーリー面だけではなく、音楽面でも楽しむことができます。

ラ・ラ・ランド / La La Land
8

ララランドを知らないなんて

映画というより、ミュージカルのような感じです。女優になりたい人や、音楽の道に進んでいる、あるいは進みたい人は興味を持ってほしいです。
人生に悩んでいる人は、誰でも共感できる内容になっています。すぐに覚えられるようなメロディーで、演奏会が何度も開かれるほどの人気でした。映画館で涙を流す方もいらっしゃったのを覚えています。
この映画に出てくる場所は、全て実際に存在する場所ですが、特にグリフィス天文台で踊るシーンは、映像美に圧倒され、実際にグリフィス天文台に行った事がなかったのですが、絶対に行ってみたいと思いました。
最初の高速道路のシーンも有名です。そこら辺にいる若者を集めて作ったような感じですが、この最初のシーンから、この映画は面白いに違いないと確信しました。音楽、映像、ダンス、全てが素晴らしく、アメリカ映画のパワーを見せつけられた気がしました。女優エマ・ストーンが着ていた衣装も人気になり、ネット等で取り上げられ特集されていましたが、私はこの映画の音楽が一番好きです。すぐにピアノで弾きたくなるようなメロディー、いつまでもずっと心に残り響きます。この傑作を知らない人がいたら、ぜひおすすめしたいです。

ラ・ラ・ランド / La La Land
10

アカデミー賞6部門受賞の名作

第89回アカデミー賞において監督賞をはじめとして6部門を受賞した「ラ・ラ・ランド」は2016年に公開されたミュージカル映画です。この映画は、アメリカのロサンゼルスを舞台として、カフェでアルバイトをしながら女優を目指すミア(エマ・ストーン)と、ジャズを愛するピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が運命的に出会い、やがて恋に落ち、お互いの夢に向かって進んでいく様子を描いています。

私は友人に「観た後こんなに気持ちを引きずる映画は初めてだ」と聞いて、そんなに印象に残る映画なら観てみたいなと思い、映画館で鑑賞しました。
私がこの映画でまず印象に残ったのは、劇中で流れる音楽です。アカデミー賞においても作曲賞、歌曲賞を受賞し高く評価されましたが、ただ音楽がいいだけではなく、それぞれの音楽がストーリーの中で意味を持つため曲自体に思い入れができ、映画を見終わった後にも曲を聴くだけで映画の場面を思い出し楽しむことができます。
また肝心のストーリーについてですが、前半はミアとセバスチャンが出会い、恋に落ちる様子が描かれていますが、物語の後半、愛し合っているはずの二人が、お互いを思い合うあまりに少しずつすれ違っていく場面が描かれます。前半が明るく幸せな雰囲気だっただけに、後半は切なく辛い気持ちになる場面が続きます。最後には5年後の二人の様子が描かれますが、なぜこんな結末になってしまったのだろう?どこで間違ってしまったのだろう?と思わずにいられない切ない結末が待っています。5年間の様子が描かれておらず想像するしかないという空白の部分があるのも、この映画にハマる人が多い理由かもしれません。
結果、映画を勧めてくれた友人の言う通り見た後も気持ちを引きずり続け、映画館で2回観て、オーケストラの生演奏で見るシネマコンサートで1回観て、DVDの発売後買って4回観て、計7回以上観るくらいハマってしまいました。観る度に新しい発見があり、気持ちが揺さぶられる映画はなかなかありません。ぜひ一度は観て頂きたい作品です。

ラ・ラ・ランド / La La Land
9

オープニングからすごい!!

ミュージカル映画と聞いていましたが、オープニングからすごかったです。まず、あれだけのダンサーを揃えていて、しかもおそらくカメラ1台であの撮影をしているのには本当に驚きました。オープニングから、わくわくドキドキするような楽しい演出になっていました。
主演のエマストーンは可愛くて演技も上手だし何より歌が上手かったです。ライアン・ゴズリングは、実際にピアノを練習してあそこまで弾けるとはビックリしました。ピアノのメロディーも全て素敵だし、映画の中でのサウンドが全て好きになりました。歌も上手かったです。
2人がそれぞれに夢を追いかけていくストーリーなんですが、それぞれに忙しくなり、やはりすれ違いが生じます。それを乗り越え、夢にお互い近づいたところで、2人に別れが訪れます。その後それぞれの夢を叶え、思わぬ場所で再会します。私は、お互いがまだ想い合っていてお互いを待っていると思っていました。でも、エマストーン演じるミアは、すでに結婚していて子供もいます。その様子を見たライアン・ゴズリングの表情が本当になんとも言えない切ない表情で、ものすごく泣けました。切なかったです。
女性は、やはり切り替えが早いんだなぁと思いました。

ラ・ラ・ランド / La La Land
3

期待外れで残念…

うーん…ミュージカル好きな私にとってはナシですかね。私の感覚がおこちゃまなだけかもしれませんが。冒頭では心躍るTHEミュージカル!!CMでも多く起用されていたあのシーンで、これからどんな楽しい時間がまっているのだろう、とすごくワクワクしながら画面にかじりついていました。夢を追いかける男女2人が現在の自分の現実と戦いながら恋に落ちていく様子にヒヤヒヤ・ドキドキしながら鑑賞していましたが、物語がすすむに連れ、ん???ナニコレ私ついていけませんなシーンがあり、そこからスーッと私自身が映画の世界から一歩どころか三歩くらい引いてしまっていました。多分鑑賞した人ならあのシーンだろうなとすぐわかると思います(笑)2人が一番盛り上がっているシーンだったのでなおさらひいちゃいました。そこから、あれ?大丈夫かなこの映画?と不安になり、その不安は的中…私に追い打ちをかけるラストが待っていました。

ラ・ラ・ランド / La La Land
7

ミュージカルに抵抗がある方でも、満足できる作品

とても有名な作品であるラ・ラ・ランドを観たい反面、途端に歌とダンスが始まるミュージカルに抵抗がありました。しかし、この作品は私のようなミュージカルに知識が無い人でも理解して観ることができる作品だと思います。
力の入ったミュージカルを見せられている感覚がなく、話をしている中で自然と、言葉がメロディに乗っていくところが、ミュージカル初心者が見易いと感じるポイントだったのではないかと思います。

ストーリーとしては、夢と恋愛を描いた王道な物語です。
良い意味でも、悪い意味でも癖がないというか、ありふれた話の展開なので「食い入るように観る」物語ではありません。そういった面で、最高という評価にはなりませんでした。
映画という限られた時間の中で、主人公とその相手の2人の夢、恋愛、ミュージカルを纏めているので、仕方ないのかとは思いますが、話の単調さと内容の薄さは否めません。ただ、夢、恋愛、ミュージカルが自然な成り行きで起こり、綺麗に纏まっていて、シコリの残らない丁寧に作られた作品です。
物語とは関係ないところでは、主人公は日本人に好まれそうな可愛い顔立ちですし、洋服も一つ一つオシャレでPTOにも合っていて、画面の絵としても良かったと思います。
ミュージカルに興味がある方や、リラックスしながら映画を楽しみたい人には、ぜひ観てもらいたい作品でした。

ラ・ラ・ランド / La La Land
10

ロサンゼルスという夢追い人の街

この映画は、もちろんラブストーリーでもあるのですが、一番伝えたいことは、夢を追うことの楽しさや素晴らしさだと思います。
主人公のミア(エマ・ストーン)は女優を目指し、セバスチャン(ライアン・ゴズリング)はジャズが流れる自分の店を持つことを目指しています。二人はお互いの夢を追う姿に惹かれあい、共に時間を過ごすようになります。しかし、セバスチャンが店の開店資金を調達するために始めたバンドが成功し始めると、まだまだ女優として芽が出ないミアとセバスチャンの心は、次第に離れていきます。いずれ二人が別れた後、ミアも次第にチャンスに恵まれ、女優の仕事が貰えるようになっていきます。二人は結局、別れる道を選びましたが、お互いに夢を達成し、またこれまでの思い出を忘れることなく、お互いの成功を讃え合うことができました。オープニングの歌にあるよう、この映画はこのロサンゼルスというスターを夢見る街で、夢を追い続けたミアとセバスチャンの二人の人生が描かれているのです。ミアは何回オーディションに落ち続けても、一人芝居を馬鹿にされても、女優という夢を持ち、走り続けました。セバスチャンは、自分の好きでない音楽にも取り組み、店を開くためのお金を稼ぎました。夢があるけど、どうせ…と思っている人は、観るべきです。

ラ・ラ・ランド / La La Land
8

エマ・ストーンが抜群にかわいい!

ストーリーは単純というか、先が読める展開ですが、何故か引き込まれる作品です。夢みる男女の恋は下積み時代うまくいっても、どちらかが成功するとうまくいかないところに現実味があり、共感できるのかもしれません。
ミュージカル調なだけあり、歌やダンスが素敵です。エマ・ストーンとライアン・ゴズリングが丘の上で一緒に踊るシーンには胸がキュンとし、最後の再会のシーンには胸が熱くなります。エマが女優志望の友達と「パーティーに出かけよう!」と歌って踊るシーンもコミカルで、見ているだけで楽しい気持ちになります。
話題になっているカメラワークもすごいです。CGではないと知るとびっくりします。冒頭のハイウェイで皆が車から降りてダンスするシーンは圧巻です(内容はよく理解できないのですが、カメラワークはすごいの一言です)。衣装や背景がとても鮮やかで豪華なのも、この映画の魅力の一つです。
そして何より、エマ・ストーンが抜群にかわいいです!あの綺麗な顔立ちで、コミカルな顔や動きを見事にやってのけています。女優の卵という役柄なので、不自然で大げさな演技をしてオーディションに挑むエマはなんともキュートです。髪型、メイクも真似したくなる、観るとエマのことが好きになる作品だと思います。

ラ・ラ・ランド / La La Land
4

ミュージカル好きにはちょっと残念だった

かなり期待して観たせいか、見終わった後の感想は、「…なんか残念。」でした。
CMにも使われている、高速道路でダンスするシーン。冒頭シーンが1番の盛り上がりだったように思います。
ミュージカルファンとしては、最初にあんなに、ミュージカルならではのドキドキとか上がる感じを演出しておいて、上がるシーンが最初だけだなんて。こちら側の観る姿勢に迷ってしまいます。
それに、ヒロインのダンスがうまくなくて全然あがらない!例えば、「グレイテスト・ショーマン」であれば、周りのキャストさんが皆さん動けてキレッキレ。それだけでアガるのに、こちらにはそれが無い。影のダンスは明らかに別人だと思います。タップダンスのシーンも、必然性を感じないというか。ただやりたいだけでしょ、という感情が残りました。
途中のストーリーのあたりは、自然に歌うあたりとか、とても良かったんですが、良かったからこそ、ラストで裏切られた感じがしました。よくあるミュージカルのハッピーエンドにしないのは良いですけど、あれじゃあ男が可愛そうすぎて、しかも女がむかつきすぎて、全然感情移入できませんでした。
音楽は素敵だったけど。期待しすぎたのがダメだったのかな。

ラ・ラ・ランド / La La Land
7

新たなミュージカル映画の定番となる作品

本作品はミュージカル映画の要素が非常に強く、映画祭でのノミネートなど前評判の高さから様々なメディアで「歌やダンス」シーンが紹介されている。
冒頭1分から早速開始するダンスシーンは非常にキャッチーであり、ハイウェイを封鎖するスケールの大きさは見ていて気分爽快である。
既存のB級ミュージカル映画にありがちな「音楽やダンスのごり押し感」もなく、ストーリー構成もしっかりとしており、最後まで本作品独特の世界感に惹きこまれた。

主人公・ミアは「女優見習い」、恋人役のセブは「ジャズバー経営を夢見るピアノマン」と、それぞれが抱く夢と恋愛模様が本作のミュージカル要素と非常にマッチしているように思う。
また、個人的な見所としては、背景の街並みがとても美しく映し出されており、これら音楽という聴覚的要素と視覚的要素の両面から楽しめる作品だと感じた。
自身はどちらかと言えばミュージカルが好きとは言い難く、観る前はそういった点でつまらなさを覚えるのでは、という先入観があったが、そういった方には是非一度見て貰いたい映画であると言える。
歌やダンスといった付加要素が盛り込まれた映画の印象が変わることであろう。
特に後半の展開と心理描写が素晴らしく、主人公2人の人生を通して出会いというものを考えさせられる映画であると言える。

ラ・ラ・ランド / La La Land
7

ジャズファンなら小ネタにクスっとするのでは…ラストは意外でした

冒頭の色鮮やかなシーンとリズミカルな音楽で一気に引きこまれました。
何といってもこの映画は音楽が秀逸だと思います。ジャズファンとしては、随所にちりばめられたジャズ的小ネタにもワクワク(セブが弾くモンクの「荒城の月」とか!)。他にもさまざまな映画のオマージュがあり、ストーリ―以外も楽しむことができます。

「セッション」を撮影した監督、という先入観があるからかもしれませんが、やや玄人向けというかマニアックというか…。当初、ミュージカル仕立てのラブストーリーかと思っていましたが、見事に予想を裏切られました。

2人のダンスシーンやプラネタリウムでの夢のようなシーンは言わずもがな、日常のちょっとした風景の切り取り方など、ふとした瞬間の演出が美しいと思います。
ただ、人によっては古臭いというか無粋な感じがするのかもしれませんね。
古き良き少女漫画を読んで育った世代としては、あの頃のトキメキを思い出す感覚を覚えました。

主人公たちが葛藤や挫折のなか夢を追う姿は良かったのですが、正直贅沢というか、素直にその葛藤に共感できない部分もありました。
ラストの終わり方には驚きました。
ちょっと皮肉っぽい、ただ甘いラブロマンスではない映画ですね。

ラ・ラ・ランド / La La Land
10

ラ・ラ・ランドの世界

ラ・ラ・ランドを鑑賞する前、私はあまり期待はしていませんでした。ミュージカルの世界にうまく入り込めない人間だからです。しかし鑑賞後は感動と切なさで涙が止まりませんでした。
ライアン・ゴズリングのあの切ない役、そして本当に弾いているピアノはとても素晴らしいものでした。

私が思うに、THE・ミュージカルとまでは行かず、ジャズを取り入れたりきちんとストーリーがあったりと、そのバランスが絶妙なのだと思います。
鑑賞後はラ・ラ・ランドのサントラで思い切り踊り歌いたくなり、そしてラ・ラ・ランドを何度でも鑑賞したくなります(私は5回ほど観ました)。

しかし男性にオススメして後日感想を聞いたところ、わたしのようにはハマらなかったみたいです。
男性目線と女性目線では全く異なるのかもしれません。言われてみればまあそうかと思うのですが、わたしは今の生活が幸せなので、それに対応して響き合ったのかなぁと思いました。
何はともあれ、ラ・ラ・ランドは最高の作品です。たくさんの賞をもらっただけあります。自信を持ってオススメ致します。
ラブラブなカップル同士で観るか夫婦で観るか、友達同士で観るのをオススメします。

ラ・ラ・ランド / La La Land
9

現実と映画

私はこの作品を見るまでは、ミュージカル映画に対して全くと言っていいほど興味がありませんでした。今まで見たのは「サウンド・オブ・ミュージック」といった名作でしたが、この「ラ・ラ・ランド」は名作の中の名作といった感じで久々に映画の中に引き込まれるという感覚に陥りました。
この作品は高速道路から始まります。あの冒頭のシーンは、現実の世界から映画の世界へと引き込まれるような迫力でいきなり度肝を抜かれました。
そして、この作品の素晴らしいところは撮影方法にあると思います。冒頭のシーンや途中のパーティーなどのシーンではノーカットで撮影することにより、他の方法では表現出来ない独特の世界観に浸ることができます。
さらに、この作品ではあたかも現実のようなリアル感のある人間関係を表現しています。そこにサウンドが加わることにより、より観客に登場人物の心情が伝わります。ここで私はミュージカル映画にいい意味で裏切られ、ミュージカル映画の見方が変わる瞬間となりました。賛否両論ありますが、私はこの作品のラストにはとても心を打たれました。あのシーンでは人生そんなあまくないとおもい人生の教訓にもなりました。
この作品は一回でも見ておくことをお勧めします。

ラ・ラ・ランド / La La Land
4

好みが分かれる

絶賛の声が多く聞かれる話題作とのことでしたが、個人的には期待ほどではなかったなという感じです。
映画のかなりの部分を占めるミュージカル。その部分が好きな人はかなりおすすめの作品です。一方で、ミュージカルあまりなじみのない人や、興味のない人にとっては退屈になってしまうと思います。
映画館に行ってもちらほら寝てしまっている人も見受けられました。
内容に関してはぐっとくる部分もありました。主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが務める二人の恋の動きにも目が離せないし、その中で、お互いに自分の夢に苦難にぶち当たりながら追いかけるリアルな日々を描いています。ライアン・ゴズリング演じるセブはピアニストで、歴史ある店が売れないジャズを諦める現状を嘆いて古き良きジャズを愛でる自分の店を持つことを考えていました。しかし、周りからは反対され、安定した職業に就くようにいわれることもありました。
エマ・ストーン演じるミアは女優の卵で、いくつものオーディションを受け続けるけるものの、落ちてばかりの繰り返し。自分には女優の才能がないとまで嘆くようになりました。
この二人の恋の模様とどこまでも諦めない姿勢に心打たれました。そして、本当に自分が幸せだと思う道に迷いなく進む力強さをもらいました。