ゆず

ゆずのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ゆず
7

元気を貰います!

昔からゆずの曲はよく聞いてはいたのですが、正直最初の頃はそれほど興味がありませんでした。しかし、毎日生きていく中で、仕事や恋愛に悩んでいるときに不思議と自然にゆずの曲をよく聞いている自分に気づいたのです。そして、いつのまにかゆずの大ファンになっていたのです。それからはテレビやネットでもよく見るようになり、今ではライブにまで行くようになりました。
ライブでは普段とは違うゆずの楽曲を聞けるのでそれがまた新鮮でなりません。ライブだからこそのオリジナルサウンドなどがあるわけなのです。それに、ライブならではのMCも楽しく会場を盛り上げてくれます。本当に元気や勇気がたくさん貰えます。
最近の新しい曲も勿論私にとっては素晴しいものばかりなのですが、昔の懐メロなどが特に私は最高に好きなのです。当時のことを色々と思いださせてくれて、また心が洗われるような感じになります。私は男性ですが、ゆずのライブでも割かし男性もいてて時折同じゆずのファンとして仲良くなったりもあります。本当にゆずにはたくさんのいつも元気を貰っていますので、これからもいつまでも活躍していって欲しいと願っています。ゆずは最高の音楽家だと思います。

ゆず
8

ゆずの歌

私は、ゆずがデビューした時、中学生でした。
最初『夏色』を聴いたときに爽やかって思ってはまりました。
青春時代をゆずの曲聴いたりして励まされ、はじめて 高校生のときにライブ行って盛り上がって楽しくて!みんなでラジオ体操したり「ゆずマン可愛いー!」って言ってたり。
当時は、ビデオの時代だったからビデオ買ってよく聴いてました(笑)
今でもゆずの曲聴いたりしてじーんってきたりしていて、横浜にも憧れてよく遊びに行ってきたりしてました。
伊勢崎町とか松坂屋でライブしてたんだよね!って思ったりして私の叔母が たまたま 飲み屋でゆずの岩沢厚治さんをみかけて飲んだ!っていう話をきいて羨ましくて(笑)
私は、岩沢厚治さん推しでしたから
弟とゆずの真似してハモリをしたりして遊んだりしたり、ギターひけないし、ハーモニカもないけど、カラオケ行ってよく歌ったりして(笑)懐かしいです。

初期の頃に出した。遊園地とか 境界線とか地下街とか、めっちゃマニアックかもだけど今聴いても軽やかなメロディや歌詞のよさ グッときます。
若い世代の子にも 初期の頃の曲とかすすめたいです!

ゆず
8

タイトルなし

私は昔から『ゆず』が大好きで、昔の曲も今の曲も頻繁に聴いていたりライブDVDを観たりしているのですが、その中でも特にお勧めしたい作品があります。
それは、素直に「素晴らしい」と言いたくなるような作品、2016年11月27日に東京ドームで開催された弾き語りライブDVD『ゆずのみ』です。
このDVDはタイトル通り、ゆずの2人のみで演奏していましてバンドスタイルではありません。
バンドスタイルですと、楽器などの機材が増えますからもちろん音に重みも増して色々な幅が広がるものです。
ですが!この今のゆずの2人だけでの弾き語りライブ、バンドスタイルに全く負けていません!
と言いますか、バンドでは鳴らせない『本来のゆず』の魅力を存分に味わえる作品ですし、観ているファンを見事にゆず2人の世界観へ連れて行ってくれるようなライブDVDなのではないかと私は高い評価しています。
演出も壮大で、私は「よくこんな凄いアイデアが思い付くな。観客を楽しませる工夫が全力だな。」と素直に感じました。
楽曲リストも、人気楽曲「飛べない鳥」「虹」「夏色」などなど、ファンでなくとも一度は耳にしている輝かしい楽曲が勢揃いとなっています。
私は正直な話、このDVD買うかどうか悩みました。
何故かと言いますと、ややお値段が高かったからです。
なので「価格に見合った価値はあるのかな?」と考えました。
結果、実際に購入し視聴してみて、「価格以上の価値は私にはあった」と実感しました。
もしも『ゆず』に興味のある方なら一度は目にして聴いて損はないライブDVDだと思います。
そんな感じで、私が高評価に感じ、お勧めできると素直に感じた作品「LIVE FILMS ゆずのみ」に関するおはなしでした。以上です。

ゆず
8

アルバム『BIG YELL』について

今までのゆずのアコースティックな二人の雰囲気をいかしつつ、テクノポップなど新しい音源もあり、たくさん楽しめるアルバムとなっています。
楽曲提供をした曲のゆずバージョンも入っていて、2つの違いを聞くのも楽しいと思います。
北川悠仁の元気よく楽しそうな声と、岩沢厚治の伸びやかで高音がとても心地よいハーモニーが聞ける楽曲ばかりです。
タッタのアルバムバージョンは、配信限定のシングルとは違い、バックバンドがついていてさらにライブでファンの人と盛り上がれるような明るい雰囲気が聞いていてノリノリになってしまうと思います。
2つの楽曲の違いを聞いてみるのも楽しみのひとつではないでしょうか?
今回のアルバムはこのように配信限定シングルや、シングルなどがたくさん入っていて昨年20周年を迎えて発表された楽曲が盛りだくさんの聞き応え十分なアルバムです。
ゆずがデビュー当時から大好きな人に向けて二人のアコースティックギターの弾き語りもあり、また最近好きになった人も楽しめる曲が多く入っていてどんな方も楽しんでいただけるのではないかなと思います。

ゆず
10

ストリートライブを広めたデュオ、ゆず

オススメミュージシャンは、今やオリンピックソングを歌ったり、CMソングを歌ったり、すっかり有名になったゆずです。歌はご存知の通り綺麗なハーモニーで、親しみのある歌詞や、励ましてくれるような応援歌があります。
そんなゆず、実はリーダー北川悠仁、サブリーダー岩沢厚治と2リーダー制なのです。テレビでは北川さんがいっぱい話すので、岩沢さんは無口なのでは?と思われがちですが、ラジオやライブでは岩沢さんもかなり話しますし、面白いのです。
ゆずの曲が好きになったらライブに行かれるのをオススメします。ライブでは始まる前にラジオ体操をします。スタッフも交えて数万人でやるラジオ体操は揃っていてついクスりと笑ってしまいます。曲もCDで聞くのとは違って力強く、時には二人でギターだけで歌ったり、マイクなしの地声で聞かせてくれたりします。とっても凄く迫力があって、絶対感動しますよ!
またライブの中盤ではダンスタイムもあるかも!?過去にはサウナダンス、言えずのアイライクユーダンス、シュミノハバダンスなど、振り付けを教えてくれて、曲に合わせて踊るんです!ラッキイ池田さんが振り付けしているので、なんだか面白い、でも覚えやすい振り付けで、皆で踊ると楽しいので、ぜひライブに足を運んでみてください。ライブに参加してゆずを好きになる方も結構多いのですよ。
ちなみにゆずのファンのことをゆずっこと言います。ぜひゆずっこになりましょう!