アバター

アバターのレビュー・評価・感想

レビューを書く
アバター
10

美しい映像と壮大なストーリー

タイタニックやスターウォーズ等を世に送り出した、有名な映画監督であるジェームズ・キャメロンによる映画作品。
まるでゲームの世界に入り込んだかの様な感覚になる程の美しい映像と、惑星パンドラで繰り広げられる未知の世界の壮大なストーリーに惹き込まれます。

元海兵隊員であるジェイクは脚が悪く、普段は車椅子での生活を送っていたものの、パンドラでアバターとして自身の脚で走り回ることが出来るシーンでは、ジェイクの喜びが伝わってきました。
パンドラに住む先住民、ナヴィの若い娘のネイティリとジェイクが心を通わせるようになったところで、私もジェイクと同様に、人間の生きる世界ではなくパンドラで生きたいと思うようになりそうだと思いました。沢山のナヴィ達とのドラマチックな関わりと、傭兵部隊の隊長であるクオリッチによる攻撃と攻防戦、美しいパンドラを翼竜イクランに乗って飛ぶ疾走感、全てにおいて心がドキドキワクワクします。

私も、夢の中だけでも良いからこの映画の様な世界に行きたいと思いました。元々は、地球の為にジェイクもパンドラに立ち入ったものの、いつの間にかネイティリ達とナヴィとして生きようとする姿には強い共感を得ました。