Nothing's Carved In Stone / ナッシングス カーブド イン ストーン

Nothing's Carved In Stone / ナッシングス カーブド イン ストーンのレビュー・評価・感想

レビューを書く
Nothing's Carved In Stone / ナッシングス カーブド イン ストーン
10

ゴリゴリのロックバンド

Nothing's Carved In Stone(NICS・ナッシングス)はELLE GADENの生方真一が2009年にストレイテナーの日向秀和に声をかけたのがきっかけでFULLARMORの大喜多崇規、ABSTRACT MASHの村松拓と結成。
2009年の1st「PARALLEL LIVES」を筆頭に2018年には日本武道館の公演。
年に一度の頻度でアルバムをリリースすると言う超ハイスピードで曲を作ってしており、ワンマン、フェス共にファンを魅了する洗練された音が特徴。
内側(ファン)へ自分たちの好きなゴリゴリのロックを届けるのはもちろん、外側へもいい音、楽曲を常に表現している。
2018年には結成時より在籍していたGROWING UPから独立し、自主レーベルSilver Sun Recordsを立ち上げ、2019年にはベストアルバム「2008-2018」DVD・Bru-ray「Nothing's Carved In Stone 10th Anniversary Live at BUDOKAN」をリリース。同日、豊洲PITにて、SPECIAL ONE-MAN LIVE“BEGINNING”を開催。

Nothing's Carved In Stone / ナッシングス カーブド イン ストーン
10

年月を経て深みと幅が増してきた、ジャンルレス音楽で刺激をくれるバンド

Nothing's Carved In Stone、通称NCISはELLEGARDENなどで活躍するギターリスト生形真一さんと、ストレイテナーなどで活躍するベーシスト日向秀和さん、FULLARMORなどで活躍するドラマー大喜多崇規さんと、ABSTRACT MASHのギターとボーカルを務める村松拓さんで構成された、ジャンルレスの音楽で私達に刺激と高揚を与えてくれるバンドです。

1枚目のオリジナルアルバム「PARALLEL LIVES」の頃は、特に生形さんの色が濃く出ていたように思います。
きっとこの先もこういった音楽を聴かせてくれるのだろうなと思っていましたが、年月を重ねアルバムの枚数が増えるにつれてそれは変わってきました。
徐々にそれぞれのメンバーの個性がうまく調和されるようになってきて、まさにジャンルレスで深みのある音楽を聴かせてくれるようになったのです。
特にメンバーの中で、バンドマンとしてのキャリアが一人だけ浅かった村松拓さんの個性が伸びてきたことで、より一層聴きごたえのあるバンドになったように思います。

結成10年目に突入し、初の武道館ライブをSOLD OUTで大成功に終わらせ、初の地上波にも登場するなど活動の幅もどんどん広がってきているNCIS。

今後もジャンルレスで深みのある音楽で私達を陶酔させてくれると確信しています。