Queen / クイーン

Queen / クイーンのレビュー・評価・感想

レビューを書く
Queen / クイーン
9

これぞ!伝説のロックバンド

私が紹介するのは、映画「ボヘミアン・ラブソティ」で話題になったイギリスのロックバンド「Queen」です。
彼らは70年代にデビューし、その後ビートルズの後継者とも目される程の活躍をしました。また、オーケストラのような雄大な音楽性のあるロックを演奏し、世界に愛されました。
ここで、私がアピールしたいのは、彼らを発掘したのは私たち日本人と言う事です。
Queenの人気に火が付くきっかけになったのは、日本だったのです。当時ロックというと、男子が中心でミュージシャンが使ってるギターやアンプに目がいきがちだったのですが、ある音楽雑誌の記者が女性にもロックを紹介したいと思っていた所、Queenがデビュー。彼らの服装も当時の少女漫画に出てきそうなおとぎ話の登場人物のようなファンタジーな衣装で、しかも音楽も彼らが独自に作り出した美しいハーモニーだったので、これは女の子に受ける!との事で、日本に彼らを招待したそうです!
そしたら、空港でQueenが到着して降りようとしたら、5000人のファンが待ち構えていたそうです。

そこから本国イギリスでも評価されるようになり、後にバルセロナオリンピックのテーマソングも任されるくらいのグループになりました。

彼らの魅力はボーカル、ギター、ベース、ドラムのそれぞれが個性のあるスタイルを持っていて、また4人共作詞作曲ができて、コーラスができた事です。
これが合わさって、「ボヘミアン・ラブソティ」のような素晴らしいロックオペラと評される音楽が生み出されたのです。

皆さんもよかったら、映画をみて、彼らの音楽を聞いてみてはいかがでしょうか?

Queen / クイーン
10

日本で三度ブームになったバンド

フレディ・マーキュリー、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーゴンからなるイングランドのロックバンド。ロックバンドといいながら、ゴスペルやオペラなど様々な音楽に精通している。
フレディのあまりのカリスマ性に忘れそうだが、クイーンはフレディのワンマンバンドではなく、みんなが曲を作ってるのでいろんな曲調の曲がある。
クイーンは出て来たころ、キムタクドラマの主題歌になったとき、そして2018年、ボヘミアンラブソデイという映画が公開になった今と三回ブームが来ている。世代を超えて、話題にできるバンドだと思う。
オススメ曲と言われてもありすぎてあれだけど、Somebody to love はゴスペルぽくて美しく悲しい曲でいいし、 Don't stop me nowは爽快感があってドライブにいい。映画の題名にもなっているボヘミアンラブソデイは6分もあるし、曲調が途中で変わるし、歌詞が意味深だし、ぜひ聞くべきである。フレディの出自とか性的アイデンティティのことをしると、彼が詩に込めた意味がわかってよりはまれると思う。それに彼らのパフォーマンスは最高で、客とのコールアンドレスポンスを大切にしていたのでライブ映像とかを見るのもお勧めである。