SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the Worldのレビュー・評価・感想

レビューを書く
SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
8

SEKAI NO OWARI に惹かれるポイント

SEKAI NO OWARIは2007年に深瀬慧・中島真一・藤崎彩織・DJLOVEの4人により結成されたロックバンドです。メンバーは作詞作曲そして主にボーカルを担当している深瀬と小中高で仲の良かった3人で構成されています。メジャーデビューは2011年、INORIというファーストシングルをリリースしました。
SEKAI NO OWARIはロック・バンドとしては少し変わっており、深瀬はボーカル、中島はベース、彩織はピアノ、DJLOVEはDJをしていて構成が独特です。もちろんレコードの時はいろいろな楽器を扱いますが、メインの構成はこのようになっています。曲としては、命や環境に対して深瀬の思いを乗せたものが多く感じられます。深瀬はADHDを持っていて、そのせいで目指していた夢をあきらめることになったり人生に絶望することがあったことが要因となっています。
また、SEKAI NO OWARIはブレーメンという動物殺処分ゼロプロジェクトを行っています。ライブやグッズなどの収益をそのプロジェクトにあて、音楽活動を通して命の大切さを世界に発信しています。このような活動や強い意志のこもった曲が多くの人を引きつけ、海外でも注目され始めています。すこし方向性の違うバンドの曲を聞いてみたいと思っている人には、とてもお勧めできるバンドです!

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
8

引き込まれること間違いなし!独特な世界観

「SEKAI NO OWARI」(通称セカオワ)は、デビュー当時から独特な世界観と強いメッセージ性を持つ曲を作り出している。メンバーはボーカルのFukase、ピアノのSaori、ギターのNakajin、DJのDJ LOVEの4人で、皆それぞれ個性的である。代表的な曲としては、「スターライトパレード」「Dragon Night」「RPG」などがあり、映画の主題歌なども担当している。セカオワの曲は1つ1つにストーリー性があり、歌詞や曲調、PVを通して、セカオワが生み出す独特な世界観を感じることができる。曲のテーマはそれぞれ異なるが、どの曲も、私たちをその曲の世界観へと誘ってくれるだろう。また、セカオワの魅力は曲だけではない。ライブでもセカオワの魅力を存分に味わうことができる。セカオワのライブのセットや構成は曲と同様、とても作りこまれており、ライブを見に来る観客たちを毎回驚かせる。また、グッズの一つとして「スターライトリング」というものがある。これは、ライブ中に遠隔操作によって光ることで会場全体に一体感をもたらし、よりセカオワのライブを楽しむことができる。このように、セカオワには多くの魅力があるので、セカオワについてまだよく知らないという人は、ぜひいろいろな曲を聞いてその世界観を楽しんでほしい。

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
10

幼馴染4人の不思議な世界観

この4人組のバンドは、大人から子供まで幅広い人気を誇ります。それはほとんどの楽曲がファンタジックなメロディーとは対照的な刺激の強い歌詞を持っているからだと思います。
4人はみんな幼なじみで仲が良く、2005年から一緒に音楽活動を始め2010年にインディーロックバンドとしてデビューしました。2007年、自主制作で「sekai NO oWARi」というデモを1000枚制作して、初めてのライブも行いましたが、観客は15人しかいませんでした。2010年のデビューの後、バンドはすぐに有名になりました。2011年、レーベルをトイズファクトリーに移して、メジャデビューしました。
少しだけメンバーも紹介したいと思いますが、最初にリーダーのなかじんです。本名は中島真一です。2013年から、ふかせに代わりバンドのリーダーを務めています。多くの楽曲でコーラスを担当していて、多くの楽器を演奏できるためサウンドプロデュースも担当しています。主にギターを弾いていますが、ドラムやピアノなどもできます。
次は、ふかせです。本名は深瀬慧です。彼はSEKAI NO OWARIの初代リーダーでした。ふかせは「世界の終わり」と思うほどの挫折を経験したとき、音楽を始めて、「終わり」から新しい何かを始めてみようという思いを込めて、バンドを名付けました。メンバー内で最も多くの楽曲の作詞を手がけていて、バンドのボーカルです。
次は、さおりです。本名は藤崎彩織です。5歳の時にクラシックピアノを習い始めて、音楽高校と音楽大学に通っていました。そのため、主にピアノを弾いていますが、キーボードやアコーディオンなども演奏できます。また、さおりはライブでステージ演出をしています。
そして、四番目のメンバーはDJ LOVEです。顔が見られないように、ピエロのマスクをかぶっています。サウンドセレクターを務めています。また、他のメンバーたちからは、「LOVEさんはバンドの代表的なマスコット」だと言われています。
最後に語りたいのはバンドのすごい世界観です。ゲームの中の世界に引きずり込まれたかのような感じに間違いないです。ライブはまるでテーマパークのようになっているので、SEKAI NO OWARIの曲を知らない方でも一生忘れられない思い出になるでしょう。

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
10

新たな世界観の創造

2007年から活動を始めたSEKAI NO OWARI(セカオワ)ですが、ボーカルである深瀬さんは過去にいじめを受けた経験があり高校を途中で中退しています。ですが、そんな境遇に置かれた深瀬さんであるからこそ創ることのできた音楽がセカオワには込められています。例を挙げるならば「銀河街の悪夢」という曲では深瀬さんの過去の精神がまいってしまった辛い時の希望を見つけることができた体験などを元に作られており、歌詞一つ一つに重みが感じられ、深瀬さんのような辛い境遇に置かれた人を救うような曲を創られています。また、『INORI』というアルバムにおいて、SEKAI NO OWARIという文字列から通称であるSEKAOWAの文字をとると『INORI』というアルバム名になるなど、曲以外のところにまで深いこだわりを持っており私たちは曲だけでなくセカオワの創る世界観を感じることができます。セカオワの世界観の創造はこれだけにはとどまらず、2013に行われた「炎と森のカーニバル」というイベントでは、イベント制作費に5億円もの大金をかけており、そこからもセカオワの思いを感じることができます。更には、「第82回NHK全国音楽コンクール」では「プレゼント」という課題曲を、また2018年平昌オリンピックでのNHK応援曲「サザンカ」を手がけており、国をあげてのイベントなどの幅広い分野において活躍をされています。

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
10

SEKAI NO OWARIの深い魅力

いつも明るく派手な衣装でメディアに登場するSEKAI NO OWARI。ファンタジーで楽しい世界観のミュージシャンというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。しかし、実は彼らの曲には現実的で深く誠実な思いが込められているものが多いのです。そこでいくつか曲とその歌詞の一部を紹介していこうと思います。
1. Dragon Night
"人はそれぞれ正義があって 争い合うのは仕方ないのかもしれない だけど僕の嫌いな彼も 彼なりの理由があるとおもうんだ"
この曲は第一次世界大戦中の1914年12月24日にドイツ軍とイギリス軍が一時休戦をした「クリスマス休戦」が元ネタになっています。この曲を聞いて、一旦相手の気持ちを考えてみると争うほどのことかと考えさせられ、それが平和への道筋になるのではないかと思いました。「相手の気持ちを考えることの大切さ」について考えさせられます。

2. 不死鳥
"不死鳥のように美しい君に いつか終わりが訪れますように 形あるものはいつかは壊れるから 僕は君の手を繋ぐんだ"
この曲は人間の男の子とロボットの女の子が恋に落ちたという物語になっています。女の子はロボットなので人間と違って永遠に生き続けます。男の子は彼女との永遠を願うのですが、逆に女の子は自分が永遠であることに苦しみます。他にも多くの曲で語られている「終わり」というテーマ。「終わり」があることで今が輝くという概念に考えさせられます。

3. 天使と悪魔
"正義を生み出した神様 聞こえていますか あんなものを生み出したから みんな争うんだよ"
自分が正しいと思って主張していることは実際に正しいとは限らない。自分の価値観だけで決まった「正しさ」を一方的に主張するだけが答えではない。誰かと意見を言い合う時にこのことについてよく考えさせられます。

いかがでしたか?彼らのイメージとは裏腹に、曲に深く誠実な思いが込められているのを感じたのではないでしょうか。まだまだ紹介しきれなかった曲がたくさんあるので、他の曲も是非聞いてみてください。

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
10

音楽性の幅があり、たくさんの世界を見せてくれる

SEKAI NO OWARIというアーティストは、2006年に結成されたバンドである。「幻の命」でデビューした頃は、「虹色の戦争」「天使と悪魔」など、社会性のあるメッセージを歌詞に盛り込み、それを明るいメロディーにのせて歌うという、一見すると暗いバンドであった。デビュー曲の幻の命は、暗い歌詞に暗いメロディー、おまけに暗いバンド名だったので、あまり印象は良くなかったのを覚えている。しかし、戦争や平和、いじめや正義についての考え方、価値観については共感することも多かった。本質をついた歌詞が、彼らの魅力だと思った。しかし、徐々に「眠り姫」「RPG」に代表されるような、ファンタジー世界を音楽にしたような曲が増えてきた。初期の音楽性がある程度成功しているにもかかわらず、それにとらわれず、また違う音楽を生み出すのがSEKAI NO OWARIであると思う。「Dragon night」のように、洋楽にアレンジできるような曲も増え、最新アルバムの「Eye」「Lip」では、歌詞が全て英語の曲も多い。海外に向けての音楽も作りつつ、今までのようなメッセージ性の強い「LOVE SONG」や、ファンタジーの要素を持つ「千夜一夜物語」という曲もある。そんな様々な世界観を持つバンドなので、飽きることはないと思った。

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
7

世界観がステキです

あのピエロのいるグループです。ピエロさんは、プライベートでも出来るだけピエロのままなんだそうですよ!徹底されていますね。そんなピエロのいるSEKAI NO OWARIですが、好きになったきっかけは、ボーカルのソフトな歌声が気になっていました。炎と森のカーニバルという曲でした。そこで、PVを見たんです。すると、PVはもはや、絵本の中のようで。この曲自体も可愛らしいですが、その可愛らしさがもうファンタジーでした。グループのメンバーが、絵本の中にいるキャラクターのように、打楽器やマイクを持ちながら行進するPVに心を惹かれました。それから、他の曲の音楽をチェックしたり、1度コンサートへも行かせてもらいました。
コンサートでも、細かいところまで拘っていて、ストーリー性の高さを追求しているグループなんだと思いました。コンサートの中で、動物たちがお料理するんですが、その際に実際にステーキを焼くんです。匂いやステーキを焼くジュージューという音も楽しむことの出来る、音楽以外の場面でも楽しめる要素満載のコンサートでした。このグループは、作った音楽に合わせて、PVもとことん、その音楽内容に忠実に沿った映像を作っている印象でした。今後も新しい世界観に期待です。

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
8

独特の世界観と幻想的な音楽の調が好き

セカオワの略称で親しまれているこのグループの他とは違う点はなんといってもその音楽が表す世界観にあると思います。とてもポップで可愛らしい音楽であることが多いのですが、歌詞そのものはかなりの確率でとても重たいテーマを取り扱っていて、そのギャップと、私たちが想像しやすい可愛らしさや物語のような親しみやすい調の中の隣り合わせの世界にある問題について向き合う姿勢が、私はとても好きです。
このグループはグループ内で掲げた理想を達成するための努力も魅力的です。ボーカルのFukase がSEKAI NO OWARI の歌が世界に届くように、という意味も込めて多くの英語の歌も出ているのですが、世界に通じるため、という信念を貫いて発音もしっかりやりたいと英会話を習った上で完璧に歌を歌ったり、すでに日本語版でヒットしている曲の英語カバーを自作で出したりと世界に自分たちの曲を届ける努力を惜しまない感じがとても好きです。また、彼らは自分たちを音楽のアーティストではなくエンターテイナーとしての自負があり、ライバルはディズニーランドであると言っていました。音楽だけではなく、ライブ、又はミュージックビデオを見てくれた人たちが心から楽しめる、そんな演出にこだわっていると言っていて、実際ライブの会場もビデオもとても見ていて一つの作品のように楽しめるので、音楽だけでなく目からも楽しめる珍しいグループだと思います。

SEKAI NO OWARI / セカオワ / End of the World
10

セカオワのファンタジックに魅力され

歌詞が中二病だと言われるSEKAI NO OWARI。通称セカオワ。中二病と言われても構わない一度聞いたら病みつきになる歌詞のフレーズに音楽。バンドにクラシックピアノとピエロのDJという珍しさ、そしてブラックな歌が多いのに、ボーカル深瀬の声が甘いという絶妙なグループだと私は思う。
最大の魅力は、他のグループにはないファンタジックな世界観があること。ライブに行くと、まるでおとぎの国に迷い込んだ気分になる。最近では、親子でファンになる人も多く、親子席も用意される程、ファンの年齢層も幅広い。
ライブでは、巨大な木がステージになっていたり、ミイラのオーケストラや、動物のオーケストラが出てきたり、ドラゴンがいたり、車でメンバーが登場したりと行く度に驚かされるステージばかりで、何度行っても面白いし、ファンじゃない人でも行ったら楽しめると胸を張っておすすめできる。
音楽性も、とてもレベルが高く、ボーカル深瀬の音域の幅広さや、英語が達者な為、英語の歌詞も発音が外国人並である。そして、サウンドに花火の音や、自分の心臓の音などをミックスしたり、ギターのナカジンが、バンジョーなど様々な楽器に挑戦したりと、音楽1つ1つに個性があり似た曲があまりないことも魅力の1つだ。