シン・ゴジラ / Shin Godzilla

シン・ゴジラ / Shin Godzillaのレビュー・評価・感想

レビューを書く
シン・ゴジラ / Shin Godzilla
10

いつもより怖いけど、それでも憧れのゴジラ。

この映画は2016年に公開された新しい「ゴジラ」映画です。
ある日突然東京湾に出現した謎の尻尾のような物体…その正体はゴジラでした。上陸したゴジラは蒲田を襲撃し、さらに突然変異で腕が生え、二足歩行で立ち上がりました。ゴジラを駆除すべく、国が総動員で立ち向かいます。
僕は友人と映画館で観ました。少しは和むシーンもあるのかなと思いましたが、これまでのSF的なスケールとは少しテイストが違ってました。ゴジラが終始醜悪な姿で目がギョロ目になっていたので正直怖かったです。いつもだったら、ゴジラが悪役だとしてもどこか愛嬌があって応援したい気持ちが湧いてくるのに、応援できないぐらい恐ろしい気持ちになりました。
さらに僕が観たのは2DXだったので画面に合わせて席が動き、水しぶきや匂いも出るのでジェットコースターに乗っているような臨場感を味わえました。
本編のゴジラは放射熱線の発射の仕方が変わっていて、なんとアゴが割れるという衝撃的な展開になってたり、進化して姿が変わったりするという内容となっていました。ゴジラを応援できなかったのは少し残念な気持ちになりましたが、後から振り返ると、「やっぱり、醜悪でもゴジラはゴジラ」と気持ちを切り替えることができました。もう一度観たくてDVDも購入しました。何度観ても恐ろしい気持ちは変わりませんが、ゴジラに病みつきになる映画です。