ペルソナ5 / Persona 5 / P5

ペルソナ5 / Persona 5 / P5のレビュー・評価・感想

レビューを書く
ペルソナ5 / Persona 5 / P5
9

最強のRPG

シナリオ、戦闘バランス、キャラクターのデザインすべてをとっても最強のRPGだと思います。ペルソナシリーズは3、4、5とクリア済みになります。まずはシナリオですが、怪盗となって人の心の大事な部分を盗むところからスタートしていきます。そこからいろいろなトラウマや問題を抱えた仲間たちとの日常のやり取りから始まり、一緒に協力していき怪盗としての任務を果たしていくストーリーとなってます。そしてイゴール声優さんがお亡くなりになりましたが、声優を変えたことすらシナリオに大きく関わってくるまさかの展開には驚きと衝撃、そして流石だなと感心しかありませんでした。戦闘のバランスも絶妙でレベル上げをしながらいかないと苦しむところがありました。そこに合わせて日数の制限も毎日をどう過ごしてレベルを上げ、ステータスを上げ、コミュを上げていくか考えるのですら楽しい。強いペルソナができた時の戦闘も俺つえー感を味わうことが出来るバランス。キャラも主人公の相棒となる竜司や杏、モルガナなどみんな魅力的なキャラばかりでした。エンディングまでいったとき、ラストの感動とともに終わってしまったという消失感に複雑でした。やっていない方はぜひプレイしてみてください。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
10

高校生たちが繰り広げる痛快怪盗RPG

ペルソナ5といえば2018年にアニメ化もされ、世界出荷本数220万本を記録している大人気ゲームです。まだプレイをしたことない人にとてもおすすめしたい作品です。

舞台は実際の東京をモチーフにした舞台です。
主人公は都内の高校に通う高校生で、実際の通学も体験できます。そこでは、満員電車での周囲の会話や、街のざわつきなどもリアルに再現されています。日常パートではその他に、レンタルビデオショップでDVDを借りる、ハンバーガーを食べる、アルバイトをしてお金を稼ぐ等、まさに都会の高校生が送る日常を満喫できます。
ペルソナ5では“パレス“と呼ばれる人間が作り出した欲の城が出てくるのですが、主人公たちは、その“パレス“で城主たちが守る“オタカラ“を奪う目的で怪盗になりパレスを攻略していくことになります。パレス攻略もゲームをプレイしている人を飽きさせないギミック満載です。パレスは城主たちの心の中を表しているので、今までとおれなかった場所が現実の認識を変えることで開くようになるなど、ただダンジョンを攻略するゲームとは一線を画す出来です。
RPGの醍醐味である戦闘も、それぞれ個性を持つ仲間や自分の分身であり複数の“ペルソナ“を使いこなす主人公で戦略を立てて進めることができます。このペルソナシリーズを作っている会社は高難易度のRPGを作ることでも有名な会社なので難易度を上げればやりごたえもたっぷりです。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
8

新感覚のRPG

高校生の日常をベースとして、現実でもある様な社会問題を「ペルソナ」という特殊な力を持って「怪盗」となり異次元空間「パレス」に侵入し根源である悪人を「改心」させていくストーリー。
「パレス」=「悪人の心の居城」となっておりそこに侵入し「お宝」=「悪人の最も大切にしているもの、思い出の品」を盗むことで悪人の心を盗み改心させていく。

ペルソナ5で最も斬新だと感じたのがゲーム内での1年間という時間の中でストーリーを進めていくこと。時間は有限ということをゲーム内とはいえ、考えながらゲームを進行していく。〇月〇日までにパレスを攻略しなければならないであったり、〇曜日は毎週ショップでイベントがあるなどカレンダーを把握しながらストーリーを進める。
主人公=ジョーカーを初めさまざまな問題を抱えている友人、先輩、好敵手が仲間となりそれぞれ「好感度」を高めることで個別ストーリーが進行していく。女性キャラにおいては恋愛要素もあり、恋人としてのストーリー、友人のままでのストーリー、さらには二股をかけると修羅場ストーリーまで展開する。高校生としての日常と怪盗としての二重生活を送り世の中の「悪人」を「改心」させていく。
最後は世の中の歪の根源を相手とし「世直し」を掛けた壮大な展開となる。クリア後も周回要素があり「隠しボス」「一部ストーリーアイテムの引継ぎ」「最強ペルソナ作成」など2周目以降も楽しめる要素が多くむしろ2周目からが本番と言っても良いくらいです。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
10

幾らでも周りたくなる

ストーリーの構成上、所要時間が長くなってしまうのは確かに難点ではある。でも、それを補って余りあるシナリオやゲーム性がそこには確かにあった。
1、教わること
ストーリーを読むにあたって、私たちプレイヤーは楽しんだ後に感じなくてはならない事があると思っている。それは、「このゲームが何を訴えてきたか」だ。
その上で、ペルソナ5は今の社会を変えるのではと思わざるを得ないほど多くの知識、技術、心の有り様を伝えてくれている。弱者が虐げられ、汚い人間が跋扈する今だからこそ、この作品は胸に刺さり、現状に甘んじている人を奮起させてくれるのだ。少なくとも、私はそうなった一人である。
2、やり込み要素
ゲームは「一度クリアしてしまえば後は同じことの繰り返しだ」という考えが昔から定着していて、今もまだ拭いきれていない。だが、ペルソナ5には何度もやりたくなってしまう要素が多く有る。
一つは「コープ」。これはペルソナ5の主人公とその仲間たちとの絆を深めることで強くなっていくシステムのこと。この上げ方によって、今までとのダンジョンの進み具合やサブストーリーの読破数が大きく変わってくる。それ故に、全てを見たいという欲求の下ついつい再周回をはじめてしまうのだ。
二つ目は「難易度」。このゲームを始める際、初めに難易度設定することができる。だが、これは後に変更が可能となる。
慣れてないうちは簡単に行こうと思い易しいモードを選択し、次にやるときは難易度を上げてより熱いバトルを楽しむといったことが可能というわけだ。
このように、ペルソナ5は何度でもやりたくなり、その度に達成感とストーリーの感動を噛みしめることとなる、現代において最高峰のゲームであると私は思う。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
6

タイトルなし

主人公の雨宮蓮が世直しと称して同世代の仲間たちと様々な人々を改心させていく物語です。
権力や地位などによってもみ消される弱者を救済していく物語がとても魅力的で楽しいです。物語がどんな結末になるのかわくわくします。
1~4作目を知らなくても独立した物語なので、これまで他のシリーズを知らない初見の人でも楽しめると思います。キャラクターも豪華な声優陣が揃って演じていて、特徴的でお気に入りのキャラクターが1人はできると思います。
原作はゲームで、playsation3、4で楽しむことができます。最近では廉価版も販売されたので、アニメを観て興味が湧いた方にはゲームも手をとってプレイしてほしいなと思います。
ゲームの1番の見所は終盤のボスの大物政治家を改心させるために、仲間の1人である佐倉双葉が電波ジャックして東京の広告塔などを使って大々的に予告状(改心してほしい相手にこれから改心させにいくと宣言をするもの)を見せるシーンです。
アニメだけでなく、登場人物の声優がラジオをやっていたり、漫画にコミカライズされたり、アプリケーションが開発されたり、作品や登場人物にまつわる食べ物や飲み物が提供されるコラボカフェなど多方面に展開されているのも魅力的です。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
9

タイトルなし

前作4から人気が本格的になったペルソナシリーズ、その5作目である今作は、ペルソナ4から大きくシステムが一新、テーマとなっている「怪盗団」にふさわしいハイスピ―ドかつスタイリッシュなゲームプレイが可能になりました。まず、全体的に操作が直観的に行うことが出来るようなことになっています、何か行動を起こせる場所は分かりやすくエフェクトが出るようになりました。ダンジョンにおけるアクションの性質も大きく変更。今作のダンジョンである「パレス」は、誰かの歪んだ認知が形となって現れます。前作とは違い、本人の認識に介入していく今作では、主人公たちはパレスの中で見つかると、現実にどんな悪影響が出るかわかりません。そのため、彼らはパレスの中で見つかるわけにはいきません。そのため、今回は潜入、隠密といった今までにないアクションがメインになります。
また、バトルもまた大きく一新、女神転生のシステムが大きく影響する形になっています。新たな属性として念動と核熱が追加、さらに女神転生シリーズ恒例の交渉システムも追加され、新たなペルソナを手に入れる方法が、敵であるシャドウを交渉で味方に引き入れる形になりました。また、戦闘もボタン一つで様々な行動を直観的に選択できるようになりました。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
9

ペルソナ過去シリーズと比べても優秀作品!!

ペルソナシリーズが好きで、過去作品のプレイとアニメ、映画を見てきましたが、今作品は過去作の中でも非常に優秀な作品であると思います。
まず、設定が前科持ちの主人公というショッキングなエピソード持ちで、見た目はあまり目立たない地味な少年ですが、それだけでかなりのインパクトを感じます。周りの人々も個性的でコープ(絆の値みたいなもの)を上げるとどんどん好きになる、興味がなかったキャラクターにも愛着がわいてくることもありました。

システムにおいては、ペルソナと交渉して仲間にしたり金品をもらうなど、過去作品で採用されていたシステムも戻ってきて「4」に比べるとできることが増えています。面倒くさいと思う人もいるかと思いますが、強面のビジュアルのペルソナがかわいい質問をしてきたり、お金をくれたりとギャップを楽しむこともできるので、「2」のシステムに慣れている人にはお勧めできます。

そしてペルソナシリーズといえば、プレーヤーが驚くストーリーやハイクオリティな楽曲が有名だと思いますが、今作でも意外なストーリー、おしゃれでかっこいい音楽は健在です。
一つだけ気になったのは真エンドと呼べるようなエンディングがなく、グッドエンドは1つしかない(=分岐が少ない)ので、「4」に比べるとストーリーは少しだけ物足りないかもしれません。しかし、街の中に過去作に登場した人物の姿が見えたりと過去作を楽しんだ人でも十分楽しめるポイントはあるので、おススメできる作品だと思います。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
10

ペルソナ史上最高の傑作

ペルソナシリーズは毎回魅力的なキャラクターが多いですが、今回のキャラクターもビジュアル、性格設定共に魅力的に仕上がっており、どのキャラクターをバトルに参加させるか悩みました。また、主要メンバー以外のコミュが発生するキャラクターもそれぞれ個性があって魅力的なのでどのキャラクターのコミュを上げるかワクワクしながら楽しめました。さらに、実際の東京が舞台というのも面白いところで、新宿や渋谷など実在の街が出てきて、見た目も本物そっくりなところも見所です。
個人的に過去のペルソナシリーズの欠点として、ダンジョンが単調な為レベル上げが退屈というのがありましたが、今回は各ダンジョンにそれぞれ個性があり、謎解き的な部分もある為飽きずにプレイすることができました。また、過去のダンジョンのような単調な別ダンジョンもあるのですが、きちんとミッションが存在しているし、そのミッションをクリアすることがコミュをあげることに繋がったりもするのでやり込み要素があり楽しみながらレベルを上げる事ができました。
強いて欠点を挙げるとすると、これは他のペルソナシリーズにも言える事ですが、バトルに関してキャラクター毎の特性がそこまで強くないので、どのキャラクターを使ってもあまり変わらず、結局主人公のペルソナ次第的な感じになるためバトルが単調になりがちなところが残念かなと思いました。もっと各々の特性が強ければ、この敵にはこのメンバーで、とかダンジョンの特性でパーティーの入れ替えなどを考えられて面白いのではないかと思います。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
10

人気シリーズの最新作にして最高峰 ペルソナ5

ペルソナシリーズ最新作でプレイステーション4のスペックを活かした傑作ゲーム。
もともと、ペルソナシリーズは学園ものRPGとしてプレイステーションシリーズで発売されていました。
女神転生の流れをくむシリーズの中では直接悪魔を召喚せず、人間に「ペルソナ」を降臨させてその能力を使うという異色のスタイルです。
そのため、悪魔との交渉や使役を主とする他のシリーズに比べると、主人公キャラクターにスポットライトが当たりやすいです。
冒頭、主人公はある人物に襲われていた女性を助けたところかえってその人物によって訴えられ「前科もち」になってしまいます。
通っていた高校を追われ、家族からも離れ転校を余儀なくされる主人公。
最初は一人ぼっちのスタートでしたが、人語をしゃべる黒猫や学校でも指折りの問題生徒、華やかだが周囲から孤立したタレント生徒などと交友を結ぶ中で
自分自身が置かれた逆境を一つ一つ覆していきます。いったんはハッピーエンドになりそうになりますが、大どんでん返しで再び困難な状況になります。
先の読めないストーリー展開と常に逆転のありうる緊張のバトルはスピード感とドキドキ感を両立させてくれます。
もともと定評のあるシリーズのさらなる進化発展形として発売から1年以上たっても根強い人気のあるゲームです。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
10

まさに心を奪われる作品です

ATLUSさんから発売されている、ジュブナイルRPG作品。
トレーラーの時点で醸しだされるスタイリッシュさ、カッコよさ、スマートさはゲーム史上群を抜いても過言ではないほどではないのでしょうか。
副島成記さんの描くキャラクター達はどれも個性的で、誰一人としてキャラのかぶりがなく、それなのにそれぞれ主張しすぎない絶妙な調和を醸し出しています。

舞台は東京。渋谷や浅草などのよく知った地名もゲーム中に出てくるのは少しわくわくします。
東京では「精神暴走事件」が起こっており、警察にも解決のできない難事件にまでなっています。
高校生の主人公は、ある事件の冤罪をかぶせられ地元にいられなくなったために東京へ転校。
そこで出会う仲間とともに、あることをきっかけに「精神暴走事件」につながる重要な出来事を体験します。

次々と現れる理不尽な大人たちに、高校生が果敢に挑み「世間とは何なのか」「大人とは、子どもとは何なのか」「正義とは、悪とはなんなのか」などの様々な試練や葛藤の中で、互いに磨きあい成長していく姿はついつい前のめりになって夢中になってしまいます。
そして最後にまっているどんでん返し。この展開には私も、つい声をあげてしまうほど驚かされました。この感動をぜひ、より多くの方に体験していただきたいなと思います。
そしてこのゲームの世界に引き込まれたら最後、このゲームのキャッチコピー「Take your hart」心を奪われること請け合いです。

ペルソナ5 / Persona 5 / P5
10

PS4産RPGの最高傑作!

国産RPGでまず一番最初に浮かんでくるのは、大体の方がファイナルファンタジーシリーズや、ドラゴンクエストシリーズだと思います。ペルソナと聞くと『名前は聞いたことあるけど、どんなゲームなのか知らない』と答える方も多いかと思います。
ペルソナシリーズを一言で表すのはとても難しい事ですが、このペルソナ5に関して言うのであれば『究極のオシャレRPG』とでも言いましょうか。何がオシャレなのかと言えば、全てと答える他ありません。
まず、ゲームを始めるとオープニングが流れてきますが、このオープニングがとにかくオシャレでスタイリッシュです。映像は勿論ですが、曲も注目です。ペルソナの世界観を引き立てているのは目黒将司さんの作る曲があってこそです。この目黒さんの曲は様々な場所で流れ、ゲームを盛り上げてくれます。
戦闘に関してはターン制のコマンド入力による戦い方ですが、このインターフェイスもとてもオシャレ。そして戦闘終了画面までもがオシャレというオシャレの暴力です。

肝心のゲームの中身ですが、昼は学生、夜は怪盗の主人公達が悪い大人たちの心の世界に潜入し、改心させていくというのが大まかなストーリーです。
悪い大人を発見し、改心させ、仲間が増えるといった事を繰り返すのですが、これが中々のボリューム感で普通にプレイしてもクリアまで100時間近くは掛かるともいます。
その悪者たちが私たちの知っている人たち(ニュースで話題になった方々)がモデルになっているようです。2人目の斑目は明らかに野々村議員で思わず笑ってしまいました。公式では明言されていませんが間違いないと思います。
そしてペルソナシリーズの目玉と言っても良いシステムとしてコープというものがあります。簡単に言うとお話をして絆を深めましょうと言うようなシステムです。このコープが上がる事でキャラクターのサブストーリーが楽しむことができ、特典が貰えたりします。主人公は男性なので女性キャラクターのコープを上げれば彼女にする事も可能です。それも、一人ではなく何股でも出来ます。

全体的にボリュームがありますが、キャラクターや音楽、ストーリーが非常に魅力的でいつの間にこんなプレイ時間になっていたのかと驚きました。
個人的な感想ではありますがPS4で販売されているRPGでは間違いなく最高傑作だと思います。