ちるらん 新撰組鎮魂歌

ちるらん 新撰組鎮魂歌のレビュー・評価・感想

レビューを書く
ちるらん 新撰組鎮魂歌
10

マンガを読みながら歴史を学べる

男の人や歴女と呼ばれる人たちに大人気の新撰組。
彼らの活動を史実とオリジナルを交えてカッコよく描いた作品がちるらんです。
この作品の見どころの一つはキャラクターがカッコいいこと。新撰組を題材にした作品はキャラクターのかっこよさが売りになることが多いですが、この作品のキャラクターは男がみて惚れる漢だと思います。
それも、土方さんや沖田さんといった主要キャラクター以外もカッコよく描いてあり、どの登場人物にも愛着を持ち共感できると思います。
特に私のオススメは土方さんですが、最初のヤンチャなお兄さんだった土方さんが成長して鬼の副長になっていく姿。そしてあらゆる困難に負けない精神的な強さ、剣術としての強さは憧れの対象になります。
また、藤堂平助のように、人間的な弱さを持ったキャラクターも描かれており感情移入せずにはいられません。
そして、ストーリーも史実をもとに記載しているので、ちるらんを取っ掛かりに新撰組に興味が湧くこと間違いなしの作品です。
幕末を題材にした作品は多数ありますが、おーい龍馬や、薄桜鬼などと並べてオススメできる作品の一つです。
女の人にはちるらん二分の一という、コミカルなキャラクターのものもあり、男性、女性ともに読むことのできる作品です。