コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellionのレビュー・評価・感想

レビューを書く
コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

CLAMPさんのイラストも素敵

主人公ルルーシュ・ランペルージ改め、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが父親の治める神聖ブリタニア帝国に、目の不自由な妹であるナナリーのために優しい世界をつくるために復讐をするお話です。
この話での日本は神聖ブリタニア帝国に名を奪われてしまい「エリア11」となっています。日本人はブリタニアに支配され、生活が困難な状況になってしまいます。そこで自由を取り戻すため日本人は立ち上がり、ブリタニアに挑みます。
ルルーシュは正体を隠しながら名を「ゼロ」として日本人と共にブリタニア帝国に復讐します。
チェスの駒と同時に進んでいくロボットであるナイトメアフレームを使用した戦闘シーンや、謎の魔女に1度だけ強制的に命令を行える「ギアス」でルルーシュの思うままに進んでいく展開など魅力満載です。戦闘ばかりかと思いきや、日常シーンも出てくるのでほっこりします。後半のルルーシュの優しい嘘に注目!!
またブリタニア人であるルルーシュと、親友の日本人であるスザクとの関係にも注目して欲しいです。
長くてイヤだ!という方でも映画に総集編があるので、とっても観やすく分かりやすいと思います。
コードギアスを見終えた方はぜひ亡国のアキトも見てください。神聖ブリタニア帝国のその後のストーリーが待っています。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
8

主人公が非常に面白い

主人公のルルーシュは妹の幸せの為、殺された母親の犯人を探す為にギアスという特殊な能力を使い自身が生まれた国と争う。
主人公の友人にスザクという人物がいるが、普通のアニメならこちらを主人公として扱うような性格をしている。このアニメの面白い所の一つとして主人公とライバル、敵となる人物の立ち位置が逆な所。
正当な主人公といえば汚い卑劣な手を使わない正義というテーマに沿ったものが多いがこの主人公ルルーシュは割と卑劣な事をする。どう考えても正義とはいいづらい行動ばかりをとり自身の目的の為には手段を選ばない所は主人公というより悪役に相応しいと思う。この立ち位置が逆な所が他のアニメにはない珍しいもので作品を面白くしている。毎回戦闘ばかりの難しいアニメかと思えば結構ギャグ的な所も多く初めて観る時もその世界観に入りやすい。
主人公はゼロと名乗り仮面で顔を隠し周りの人間には自分がしている事は隠していた。シーズン1のラストではその正体が共に戦っていたヒロインや主人公の友人であり敵でもあるスザクにもバレてしまう所で終わる。その後の展開が非常に気になる所で終わらせる所も面白いやり方だなと思います。ヒロインも可愛い子ばかりです。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

ドキドキの反逆物語!

主人公のルルーシュが、世界一の大国やその国を守るために戦う強力な騎士たち、更には幼なじみであり親友のスザクまでもを敵にまわして、それでも弱者が虐げられない優しい世界をつくるために奔走する姿にとてもハラハラドキドキする作品です。
一度決めた目標のためならどんなことでもしてしまうルルーシュは、反逆者ゼロとして様々な反乱を起こしていきます。そのなかで沢山の人を殺していく様はもはや悪役のようにすら感じられ、物語の中盤ではルルーシュのしていることは本当に優しい世界に繋がるのだろうかと不安に思うことすらありました。そんな中、ついにルルーシュが優しい世界をつくろうと決意した理由である妹のナナリーにもその手を振り払われてしまい、ルルーシュは自分がしてきたことへの意味を見失いかけます。それでも優しい世界をと手を伸ばし続けたルルーシュは、最後には自分を犠牲にして世界から憎しみの連鎖を絶ちきり、そうすることでようやく世界は優しい方向へと歩み始めるのです。
ルルーシュの波乱万丈な反逆し続ける人生を描いたこの物語は、次の展開が読めずいつもハラハラしてしまいます。だからこそ面白く、早く続きが見たいと思わせるような作品です。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

一週間が本当に待ち遠しかったアニメ

これまでにアニメ作品を何百本と見てきましたが、このコードギアス反逆のルルーシュは私がこれまでに見てきたどのアニメより、次週の展開はどうなるのか、早く知りたくてたまらない作品でした。
とにかく主人公ルルーシュが男性から見ても格好良すぎます。学生という若さでありながらも、戦場を普段やってるチェスの盤面に置き換えチェックメイトにまで至るあの冷静沈着さ。正にダークヒーローにふさわしいルルーシュの台詞と声。そして非道な面を見せつつも、その原動力となるのは妹ナナリーが幸せに暮らせる世界を作ってあげるためというお兄ちゃんらしい可愛さ。コードギアスに女性ファンが多いというのも納得です。
またこの作品の鍵となる「ギアス」が絶妙でしたね。当初ギアスの力は完全無敵だと思っていましたが、実はギアスを持つ能力者はルルーシュ以外にもいて敵として立ちはだかったり、ユーフェミアに間違えてギアスをかけて日本とブリタニアがより一層敵対関係になってしまったり。
この作品は1期と2期があるのですが、1期を見終わって2期を見始めた方は皆口を揃えて「どういうこと?」となると思います。ルルーシュに弟なんていた?あれ妹のナナリーは?というか何でまた学生生活に戻ってるの?という具合に。
このアニメは単にロボット同士が戦うという作品ではございません。もちろんバトルも格好良いですが、ストーリー、キャラクター、全体のまとまり、どれをとってもパーフェクトです。
是非見てない方は一度ご視聴ください。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

史上最高峰のロボットアニメ

多数のロボットアニメを視聴してきたロボットアニメの中で、私がTOP1にあげるのは「コードギアス~反逆のルルーシュ~」シリーズです。第二期も含めるとアニメは50話という超大作でしたが、1話1話伏線だらけで見逃せないストーリーです。
総集編が、2部構成で円盤で発売後、コードギアス(アキト)3部作の映画、3部構成の新カットを含む上に再アフレコでの総集編の映画が放映されましたが、全て視聴致しました。どの作品(シリーズ)も戦闘シーン・恋愛・駆け引きなどどのロボットアニメにはない駆け引きでの展開が常に胸をワクワクさせて頂きました。
また、ギアスというキーワードが多くのシーンで使用されます。ギアスという能力もまた多く存在しており見逃せない一つです。私のおすすめのギアスはやはり、ルルーシュの絶対服従のギアスです。タダ、ギアスはあくまでも能力であり希望でもあると最終話でしり涙しました。始めから最後まで全く途切れなく繋いでおり、その為に足掻く主人公及び周りの主要人物の人間模様や、物語の内容が濃く大変見所が多く是非視聴していただきたく思う作品です。
最後になりますが、ロボットの形状やフォルムがとってもかっこよく常に変化して最終形態が神秘的です。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

ラストが衝撃的な終わり方でした!

今まで私が見てきたアニメ作品の中で最も衝撃的な話でした。
主人公がギアスという力で世界を変えていく話ですが、内容も良く作られており、ただのロボットアニメかと思って見ていましたが、いつの間にかはまってしまった作品でした。
第一期と二期の構成で、一期で主人公が捕まった状態で終わってしまいましたが、二期では主人公の記憶がすっぽりと抜けた状態とゆうか、記憶が改ざんされた状態で始まり、主人公に妹がいたけれど弟という存在になっていて私も訳がわからないままストーリーが進んでいき、途中途中でああこういうことかと謎解きもきちんとあり、面白かったです。
ラストは主人公が死ぬという私たちを驚かせる終わり方をし、私はそれを見たときかなり泣きました。主人公の本当の想いと狙いがそこで明かされて、それを知ったとき心が張り裂けそうなくらいな思いになりました。今までのアニメでこんなに号泣したことはありませんが、この作品はそのぐらい感動的で衝撃的でした。
最後エピローグで主人公の共犯者だった人物が空に向かって主人公に語り掛けるシーンがありましたが、それを見て心のどこかで主人公は生きているんじゃないかと思っていましたが、そのまさかでなんとこの作品来年2月9日「コードギアス復活のルルーシュ」で映画公開が決定しました。映画公開決まってから楽しみで仕方ありません。ぜひおすすめしたい作品です!

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

女性に見て欲しい!妹を守るため反逆するイケメン主人公

私はこのアニメを友人から勧められたのですが、それまでいわゆるロボットアニメなどは手をつけたことがありませんでした。
女性ならば分かる人もいるかと思うのですが、どのロボットも同じに見える上、ロボット同士の戦いかぁ、、うーん、、と感じてしまっていました。
ですが主人公の男の子「ルルーシュ・ランペルージ」の見た目がクールでかっこいいなぁというのと、興味のなかった私ですらタイトルを知っているようなアニメだったので、少し見てみるかーと思い見はじめました。
今では「ロボットの見分けもつくし、そもそもこれはロボット同士の戦いではない」と認識を改めることとなりました。

このアニメの主人公、ルルーシュ・ランペルージは先ほども書いたようにかっこいいキャラデザインで、作品内でも公式に容姿端麗・頭脳明晰というキャラ設定です。
そんな彼は緑髪の少女「C.C.」と出会い「ギアス」という能力を得たことがきっかけで、祖国であり、憎しみの対象であるブリタニアに反逆しようとします。
実はルルーシュとその妹ナナリーは、ブリタニア王の子供だったのですが、母を何者かに殺された上、祖国に捨てられ日本に来て、しばらくは平和に暮らしていたのですがその日本までもブリタニアが力で支配してしまったのです。
親も国も失った彼の原動力は「自分の妹が幸せに暮らせる世界を作る」ただそれだけでした。
「ギアス=絶対遵守の力」つまり「他人を思うように動かせる力」を得たルルーシュは組織を作り、部下を得てどんどん影響力を増していきます。
その過程で何回もロボット(作品内ではナイトメアフレーム)に搭乗し戦うこととなるのですが、戦いながらもキャラクターたちの様々な想いが交錯していてかなり見入ってしまいます。
みんな自分の思う正義のため、家族のため、敬愛する上司のため、それぞれ守りたいもののために戦っているという気持ちは同じなのに守るためには争わないといけない、その状況は切ないものがあります。

大体のアニメではどれだけ戦っていても身近な人間は死なないイメージがあったのですが、このアニメでは重要な役割を持っていた人も死んでしまうことが多々あります。
それがルルーシュの大事な人であろうとなんだろうと。
全編に渡って切なさが漂っていて、人の感情が丁寧に描かれているのでいわゆる「ロボットアニメ」を見慣れていない、見たことのない人にむしろおすすめしたい作品です。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

切なくて悲しいアンチヒーロー

主人公である少年ルルーシュが妹のナナリーと、母の復讐のため、C.C.から与えられた特別な力「ギアス」と己の知略を駆使して、「ゼロ」という偽名と仮面で姿を隠しながら実の父が治める世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」に対し反乱を起こす物語です。

ルルーシュの行動の根幹にあるものは「ナナリーが安心して暮らせる世界を作ること」。その障害になるのなら、いかなる犠牲もいとわず、すべてを利用するつもりで着実に世界を作り替えようとします。その過程の中で、確かに友人であった人、好きだった人、何よりも大切な人という救いたかった人たちが自分の意志とは裏腹に敵対・死別します。最も信頼していた友が信念の違いにより宿敵となり、母が暗殺された事実の真相を知り、今まで自分を「ゼロ」という指導者として慕ってきた者たちの裏切り。過酷な運命を受け入れながら、ナナリーの世界のために、最愛の妹のナナリーとすら敵対して、着実に世界を作り替えるために信念を貫き続けるルルーシュ。

どんな逆境に立たされながらも活路を見出して、最後は自分の思惑通りに世界を作り、たった一人が救われない結末を迎えます。
大切な者のため、アンチヒーローを演じながら戦い続けるルルーシュの姿に引き込まれるはずです。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

徹夜間違いなしのアニメ

このアニメのレビューを書き出すと正直止まらなくなるので、3つだけに絞って魅力を書こうと思う。

一つ目の魅力は作品の構成力
1話から怒涛の展開で始まり、物語の伏線が随所に散りばめられ、それを随時綺麗に回収してくれるので見ていて飽きることがなく、次の話がもの凄く気になる構成をしていて、泣かせてくるような展開もある。

二つ目の魅力はキャラクター
このアニメは主人公であるルルーシュと、裏の主人公と呼ばれている枢木スザクの二人が非常に魅力的である。
まず、タイトルにもなっている主人公のルルーシュは、幼少時代に神聖ブリタニア帝国に捨てられた皇族であり、ゼロという仮の姿で、知略と黒の騎士団という軍を作って次々と強大な戦力を保有するブリタニア軍を圧倒する。
そして、もう一人の主人公と言ってもいい存在の枢木スザクは、ルルーシュと幼少時代を過ごした唯一無二の親友ではあるが、名誉ブリタニア人となり、ルルーシュと知らずのうちに敵対してしまう。
この二人が物語の中核となって、時にはルルーシュと枢木スザクとして協力し、時にはゼロと枢木スザクとして敵対するといった展開が非常にワクワクさせてくれる。

3つ目の魅力は戦闘シーン
本作では白兵戦がメインではなくロボットに搭乗し軍として戦うことがメインだ。
戦闘シーンではスタイリッシュなロボットが映画のアクションシーンようなクオリティで動き回る。
見ていて手に汗握る戦闘シーンは圧巻だ。

全てに置いてスキがなく、一度見だすと止まらず徹夜間違いなしのアニメだ。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

10周年を迎え、新たなプロジェクト始動‼︎

少年ルルーシュが他国に占領されている日本を舞台にギアスという特殊な能力を得たことにより、仮面の男「ゼロ」としてテロリスト集団を率いて世界に反逆していくダークファンタジーのテレビアニメ。
テレビシリーズ全50話で、普通の少年だったルルーシュがギアスという特殊能力を得るところから始まり、テロリスト集団を率いて超大国ブリタニアに対し次々と反逆していき、最後はブリタニア皇帝まで上り詰め、ルルーシュが死ぬところまでが描かれている。
超大国ブリタニアというオリジナルの国に対して、主人公がテロリストとして反逆を行なっていくストーリーのため、ダークファンタジーやダークヒーローの話と括られることが多いが、ブリタニア軍隊やテロリスト集団はナイトメアと言われるロボットで戦っておりSF的な要素や主人公が学生で友人との出来事や学園の行事がメインの回もあり、学園物の要素も含まれている。
テレビシリーズの放送開始は2006年だが、テレビシリーズの続編にあたるR2が2008年に放送され、その後も番外編の「亡国のアキト」シリーズが映画で第5章まで公開されたり、漫画で複数の連載されていた。2016年には10周年記念イベントでネクストプロジェクトの発表がされ、2019年2月に「復活のルルーシュ」がR2の続編として公開予定。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

一週間が長く感じるアニメ

リアルタイムで視聴してましたが、見終わった瞬間に次の話が待ち遠しかったです。こんなアニメ初めてでした。
敵味方どちらにも魅力的なキャラクターが多く、必ず好きなキャラが出来ると思います!(私はオレンジと呼ばれるキャラが一番好きです。ネタバレになるので詳しく書きませんが、ストーリー前半と後半で評価が180度変わるキャラです。どの時期も人気があるキャラだと思いますが、最初の登場した時にまさかの終盤であんなことになってるとは想像も出来ませんでした…)
また、ロボットも個性的な機体だ多く、戦闘シーンもスピーディーで見ていて楽しいです。
名作ロボットアニメのボトムズを彷彿とさせるローラーダッシュ音は聞いていて気持ちいいですw
ストーリーも、タイトルから分かる通り、復讐劇です。手段は問わない悪どいこともやる主人公ですが、
最愛の妹や周囲の人間を守る姿に、自然と主人公に感情移入して見てしまう演出は流石だと思いました。
2期に入り、多少中だるみもありましたが、最後のどんでん返しの連続の展開にはシビれました!
最終回も文句なしの感動回で、自分のNo.1アニメです
キャラ、音楽、ストーリーどれも高水準で、2000年代を代表するおススメのロボットアニメだと思います。

コードギアス 反逆のルルーシュ / Code Geass: Lelouch of the Rebellion
10

こんなのみたことない

このアニメは私が見たアニメで1番面白いです。
まず声優のクオリティが高い。人を引きつける声です。画質も悪くはないし、もっと見たいと思える画質です。そして何より音楽が素晴らしい。サントラ集まで買ってしまったほどです。何度も聞いて、聞くたびにシーンを思い出し、余韻にひたることができる。

作品自体は二部構成であり、前期では現状を描き、後期ではその現状を覆すストーリーとなっています。現状とは、このコードギアス反逆のルルーシュの中での社会情勢です。現代の日本では考えられない社会であり、強いて言うならば古代のエジプトみたいな社会です。
王が何か命令すればそれにしたがって動く民衆。その社会で日本が植民地になっているのがこのコードギアス反逆のルルーシュの始まりです。ブリタニアという国がありそこが日本を支配しています。主人公は1人の反ブリタニア人と、1人の日本人です。反ブリタニア人は元々王族の血が流れていて、その正体こそタイトルにもあるルルーシュという人物です。なんとカッコイイ名前なのでしょうか。そしてもう一人の日本人はスザク。この二人が社会を生きる上で王族と、社会に対し戦っていく物語です。