となりの怪物くん / とな怪 / My Little Monster

となりの怪物くん / とな怪 / My Little Monsterのレビュー・評価・感想

レビューを書く
となりの怪物くん / とな怪 / My Little Monster
10

ラブコメ初心者にもオススメ!

こちらの作品はとにかくテンポが良く、軽い感じでサクサク見れます。ラブコメ苦手な方でも見れます!!1クールなところも見やすいです。
主人公含めて登場人物のキャラは濃いのにサッパリ見れた作品はこれに限ると思います。
個人的には夏目ちゃんが可愛い!!声も容姿も可愛いです。いいキャラですし、声優さんが最高ですね。出来上がったニワトリ小屋を見た時のセリフが可愛いです。
学園ものなので一年を通した夏休み、球技大会、文化祭などの学校行事やクリスマス、年越しなどの季節感も楽しめます。
ラブストーリーとしてはドロドロした場面はなく、でも主人公2人の心情や背景で見ていてドキドキしちゃいます。サッパリとした恋愛模様!といったところでしょう。
くっついているんだけどくっついていなかったり、、、微妙なラインが続きます。でも2人が離れる事はありません。主人公のしずくのキャラもおもしろいです。勉強にしか興味がないのには理由がきちんとあり、それを突き通すのですが、絶妙なタイミングでそれを春がぶち壊していきます。春のはちゃめちゃな性格、キャラも魅力の1つです。春が学校で人を睨まなくしてみた時の女子たちの反応は笑えます。
トータルで見ると最後の終わり方にちょっと物足りなく感じる方もいるかもしれませんが、1クールでこのボリュームは充分かと思います。

となりの怪物くん / とな怪 / My Little Monster
8

見ていて退屈にならないラブコメ。

少女・女性向けのラブコメディー作品ではありますが、どこにでもあるようなありきたりのラブコメではなく一人一人が個性的なキャラなのでなかなか楽しめます。
主人公『雫』は微分積分にしか興味ないガリ勉、友達もいない。
そんな雫のクラスメイトには、怪物のようにすぐ暴力をふるう男と呼ばれ、学校では怖がられ友達もできず不登校の男『ハル』がいるらしい。
ある日雫はクラスの担任にその不登校の男『ハル』の様子を家まで見に行ってほしいと言われ、2人は出会う。
乱暴だけど実は寂しがり屋なハルに少し手を差し伸べると、まるで犬の様に雫になつき、ハルは雫に会うために登校を決める。
雫を一番の親友としてみているハルに対し、いつしか雫はハルに対して特別な感情を感じていることに気づく。
しかし雫はそれでは勉強ができないとハルを遠ざけたり、距離は近づいたり遠くなったり。
いつしかそんな孤独同士の2人の周りにも友達ができたり、ライバルができたり…。
メインの恋のストーリー以外でも、人は1人では生きていくことができないということを教えてくれたりと、深い感動話もたくさんあり大人の女性も楽しめると思います。
何よりイラストがとっても可愛い!!ザ・オタクは絶対好きになります。
今まで見てきたラブコメ漫画の中で一番のおすすめ。

となりの怪物くん / とな怪 / My Little Monster
8

高校生に戻りたくなった

私は原作のマンガが大好きで、全巻持っています。
まさか実写化されるとは思っておらず、そのニュースを聞いたときは、どんなキャストでも絶対観にいこうと思っていました。
愛想がなく勉強に一途な主人公の雫を、元気で明るい土屋たおちゃんが演じると知ったときは正直合わないんじゃないかと思いました。ですが無表情なところや淡々とした言葉づかいなど、雫そのものでした。ハルに押し倒されたり手をひかれて走るシーンは、雫の運動音痴がしっかり表現されていておもしろかったです。
ハル役の菅田くんを見たときは、春は実在したんだ…と思うくらいピッタリでした。ハルが暴力をふるってた不良たちを投げ飛ばす最初のオーバーアクションシーンは、ハルの怪物らしさが表現できてておもしろかったです。雫にお好み焼きを誘うシーンの菅田くんはとてもかわいかったです。
大島さん役の浜辺美波ちゃんは、おとなしいが実は結構かわいくてもてる、という雰囲気が出ててこちらも適役だと思いました。鶏の名古屋がハルの服の中から出てきたり、細かいところまで原作に忠実でした。展開もそんなに速くなかったと想いますが、ヤマケンの片思いや夏目さんの過去など、雫とハル以外のキャラクターもしっかり出してほしかったです。原作が10巻以上あるので、前編と後編に分けてもよかったかなと思います。