ジョーカー・ゲーム / ジョカゲ / Joker Game

ジョーカー・ゲーム / ジョカゲ / Joker Gameのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ジョーカー・ゲーム / ジョカゲ / Joker Game
8

原作の短編小説を構成で昇華した名作

原作の小説は一人一人主人公が異なる(厳密には偽名で登場し正確な名前が明かされないので同一人物がいるかわからない)短編小説で、戦前を生きたスパイの一つの仕事ぶりが描かれているだけで、1話1話の時間軸もバラバラである。
しかしアニメの方は1、2話しかけてその一人の登場人物の目線でスパイの仕事っぷりが描かれた短編を描いて行くのだが、全12話を1話から順に観て行くと『スパイとしての生と死』をテーマに掲げていたとわかるようになっている。
1、2話でD機関が掲げるスパイの定義、3話でスパイとなった人間の化け物と言われるほどの能力と化け物の信念、4、5話でそのプロフェッショナルな技術力、6話でこれまでに少しずつ見えてきた、彼らがD機関でスパイであり続けられる信念と理由が明らかになる。6話まででスパイとは何か、スパイとしての生が見えてくる。
しかし7話で初めてスパイの人生からの離脱者が描かれる。命令を機械のようにこなしている彼らが一人の人生のある人間であると実感することになる。8、9話ではまた揺らがない強固な信念が敵対する組織と対比されて改めて描かれる。10話でその集大成が。そして初めて11話でスパイとしての人生の死が描かれる。ここまで化け物たちを描いてきたが最終話は化け物になりきれなかった人間の話で幕を閉じる。
一つ一つ単独で楽しむ作品を、生と死に焦点を当て、スパイの人生を複数の主人公目線で描き切った改作であり快作だ。

ジョーカー・ゲーム / ジョカゲ / Joker Game
9

OPが素晴らしい!大人向けアニメ・ジョーカーゲーム

ジョーカーゲームは柳広司先生による短編ミステリー・スパイ小説で、2015年にアニメ化されました。
陸軍中枢の反対意見を押し切って、結城中佐の提案から設立されたスパイ養成学校「D機関」を舞台に、その卒業生たちのスパイ活動を描いた作品です。
卒業生たちは常人では到底耐えられないような訓練を受け、最後に残った8人からなり、陸軍から報告係として派遣されていた佐久間中尉に「化物」と呼ばれています。

ジョーカーゲームの魅力は
・アニメの完成度の高さ
・卒業生が全員イケメンすぎる
・スパイ活動の一端が垣間見える
この三点です。

アニメは本当に完成度が高く、大人でも楽しめるような内容です。
OPも本編の内容に沿ったカッコいい曲になっていて、アニメ本編を知るほどに、引き込まれていきます。

卒業生も「なんでこんなにイケメンしかいないの?」と疑問に思うほどイケメン揃いになっています。
スパイ感を出すためにあえて無個性な顔にしたとプロデューサーが後に語っていますが、本当に?という感じです。
ただ彼らのスパイとしての活躍をみるほどに「ただのイケメン」から「納得のイケメン」に印象が変わっていくでしょう。

訓練を受けた卒業生8人の「スパイとしての在り方」に心揺さぶられる作品になっています。