7SEEDS

7SEEDSのレビュー・評価・感想

レビューを書く
7SEEDS
9

まるで海外ドラマ?ドキドキの近未来SF漫画

少女漫画には珍しい、リアル感あふれる近未来SF漫画です。ファンタジーに分類されるのでしょうが、いわゆる少女漫画というキラキラふわふわした感じはまったくありません。
冒頭から、突然訳もわからずサバイバルが始まります。

舞台は日本が滅びた後の日本。少し先の未来です。主人公たちは冷凍カプセルで眠って未来へと放たれます。各7人ずつのグループ(これがタイトル「7SEEDS」の由来です)が複数ありますが、それぞれ生い立ちも選出された状況も異なります。これが様々な人間ドラマを繰り広げるのです。

この漫画はSFでありファンタジーでありサバイバルであり、ヒューマンドラマです。
人類も文明も滅びた後の世界、法も何もない世界で、ただひたすらに生きる物語。ただただ生きるということが、こんなにも大変で、そして人として人と共に生きるということがこんなにも難しいことなのだと、読んでいて実感します。同時に命の尊さや素晴らしさも。

絵が独特なので最初はとっつきにくいかもしれません。でも、一見荒っぽく見える絵ですが、読み進めるとその世界観にハマります。景色が輝いて見える瞬間があります。私は大好きになりました。

登場人物もたくさんいますが、少しずつ登場するので混乱しません。
読み進めていけば、その全員が愛おしくなってきます。

一体どうやってラストをまとめるのかとハラハラドキドキしながら、連載当初からずっと読んでいました。
完結しましたので、今なら感動のラストまで一気読みできます。
少女漫画と思って侮ることなかれ、かなりのおススメです。

7SEEDS
10

女性にも男性にもお薦めできる漫画です

この作品にはとても沢山の登場人物がでてくるのですが、皆それぞれ個性的で本当に魅力的に書かれています。
巨大隕石が地球に衝突する事により人類が滅亡する事がわかり、選ばれた人々を冷凍して未来に送り人間が生活できる環境になったとコンピューターが判断したら解凍される、というところから始まります。しかし、未来は劇的に環境が変化していて、虫が巨大化していたり恐竜の様な生き物がいました。
田村由美さんの想像力の凄さに圧倒されることがしばしばです。
5つの選ばれたチームが送られるのですが、その中でも一番大好きなチームは夏のBチーム!
ニートや不良、ギャルであったりと少し問題があった人達のチームですが、このチームはこんな過酷な環境の中でも落ち込むばかりでなく、何か問題があってもなんとかなる!と気楽に考えて笑いに変えたり、このチームの話は楽しんで読むことができます。
一番最高に好きなシーンはかくし芸大会をする場面です。まさかのチームリーダーのぼたんがリンボーダンスをしたり、蝉丸とナツは漫才をしたり、嵐は芸がないので苦し紛れにあやとりを見せたり。本当にそれぞれの個性がでていて、面白いです。
少女漫画ではあるのですが、内容的には男性が読んでも間違いなく面白いと思います♪