キングダム / KINGDOM

キングダム / KINGDOMの関連記事 (2/4)

嬴政(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

嬴政(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

嬴政(えいせい)とは『キングダム』に登場する若き王で、後の秦の始皇帝である。若くして大王としての風格を纏う。400年続く戦乱の時代に誰もが成し得なかった中華統一を達成する事で、戦乱の世を終わらせようとしている。幼少時代は人質の子として趙国(ちょうこく)で育った。大王即位後も王弟・成蟜の乱で王宮を追われた王宮を奪還するため、主人公の信と出会い、信の「大将軍になる」という夢と共に、お互いが思い描く夢を成し遂げる事を誓い合いって、中華統一を目指す。

Read Article

王賁(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

王賁(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

王賁(おうほん)は、『キングダム』に登場する秦国の武将で、幼少期から軍事教育を受けたエリートのみで構成される、玉鳳隊の隊長である。また、王賁は長年槍使いとして鍛錬を重ねてきた、槍使いの達人でもある。秦国大将軍・蒙驁(もうごう)の右腕的な副将である王翦(おうせん)将軍を父に持つ。秦国六大将軍・王騎(おうき)も属する王一族の本家筋の出である。自身の出自に誇りが強く、下人の出である主人公の信(しん)の事を見下している事が多いが、信と楽華隊隊長・蒙恬の同世代の武人と互いに競い合って成長している。

Read Article

紫夏(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

紫夏(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

紫夏(しか)とは、『キングダム』に登場する趙国の商人の女頭目である。養父から家督を継いでから規模を倍にした商才の持ち主でもある。紫夏は後の秦の始皇帝である、秦国大王・嬴政(えいせい)の運命を変えた重要人物として登場する。敵国趙で生まれた秦の王族である嬴政を秦国へ逃がす際に、虐待により精神を深く閉ざし、痛みや味覚といった感覚を失っていた状況から救い出し、嬴政の閉ざされた心を開いた。嬴政は後に妻となる向(こう)と伽をしていた際、紫夏の事を自身の重要な恩人であると語っている。

Read Article

呉鳳明(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

呉鳳明(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

呉鳳明(ごほうめい)とは、『キングダム』に登場するキャラクターである。魏(ぎ)という国の武将で秦国に属する主人公の信(しん)たちとは敵対関係にある。とても端整な顔立ちをしている人物である。魏では第一将を任されるなど武将としての能力は高い。自分の武力を行使して戦うというより、戦術を駆使して戦う知略に長けた武将である。また戦術以外にも武具や兵器開発にも長けている。自身の父呉慶(ごけい)も魏の将軍だったが、秦国将軍の麃公(ひょうこう)に討たれていることから秦国に対して恨みを持っている。

Read Article

壁(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

壁(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

壁(へき)とは『キングダム』に登場する武将で、秦国丞相・昌文君(しょうぶんくん)の側近である。秦王・贏政(えいせい)が王弟の反乱によって王宮を脱出する際に大きく貢献した。主人公の信(しん)とは、奪還作戦の際に出会い「壁のあんちゃん」と呼ばれ慕われている。武の力は高くないが、親しみやすく、面倒見が良く、かつ真っすぐな性格で、強敵相手でも仲間を守るために身を挺すなど強い正義感を併せ持つ。その真っすぐな性格故に時折失敗を見せる事もあるが、人間味溢れる性格と努力家である事が功を奏し将軍にまで上り詰める。

Read Article

録嗚未(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

録嗚未(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

録嗚未(ろくおみ)とは『キングダム』の登場人物で秦国の武将。元は王騎軍第1軍長を務めており、王騎の死後は、それを継いだ騰の配下として力を振るう。王騎、騰に次ぐ王騎軍ナンバー3の実力を持つ。馬陽編では王騎の訃報を聞いて激昂し、万極軍に大打撃を与えた。著雍の戦いで将軍に昇進しており、飛信隊・玉鳳隊と共に魏軍本陣を陥落させるための3主攻の1つを任された。性格は極めて短気で激昂しやすいが情に熱い一面も持つ。そのキャラクターもあってか、騰からイジられることが多い。

Read Article

摎(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

摎(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

摎(きょう)とは『キングダム』に登場する武将で、元秦国王である昭王(しょうおう)に使えた将軍(秦国六大将軍)の1人であり、同じ秦国六大将軍である王騎(おうき)の元婚約者である。摎は昭王の実の娘で、身を守るため王騎の家で召使いの子として育った。幼い頃から王騎を見て育ち、成長してからは王騎の側近となって鍛錬を重ね、男顔負けの武人と噂される程にまで成長した。城を百個落としたら結婚するという王騎との約束達成目前で趙国三大天である龐煖(ほうけん)により討ち取られ命を落としている。

Read Article

陸仙(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

陸仙(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

陸仙(りくせん)とは『キングダム』に登場する秦国の武将で、主人公の信(しん)と同年代の武官である蒙恬(もうてん)が隊長を務める楽華隊(がくかたい)の副長でもある。もう一人の副長である胡漸(こぜん)とは強い信頼関係にあり、隊の中心人物として共に楽華隊を支えている。楽華隊に匹敵する力を持つ玉鳳隊(ぎょくほうたい)の隊長にして、秦国随一の槍使いである王賁(おうほん)に引けを取らないとも言われる槍の腕前を持つ。楽華隊の主力を担う実力を持っており、重量感のある突撃を得意とする。蒙恬からの信頼も厚い。

Read Article

タジフ(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

タジフ(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

タジフとは、『キングダム』に登場する山の民の戦士で、山の民の王・楊端和(ようたんわ)の右腕的な巨漢戦士である。山の民の強力な戦士として物語に登場している。特徴は山の民特有の仮面と、身体の入れ墨。秦王・嬴政(えいせい)の弟・成蟜(せいきょう)の反乱で王宮を奪われた嬴政が王宮を取り戻す時に同行した。その交渉の際に主人公の信に殴られ仮面の角が折れている。自身の角を折った主人公の信(しん)の力を認め、信に対しては敬意を払っている。山の民一族の中ではバジオウと並び、楊端和の側近中の側近の一人を務める。

Read Article

漂(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

漂(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

漂(ひょう)とは『キングダム』に登場する少年で、同じ戦争孤児である主人公の信(しん)と共に村の長である里典(りてん)の家の下僕として育った。信と共に、天下の大将軍になる事を夢見て日々剣技の鍛錬に励んでいた。信と漂がいつもの様に野原で仕合いをしている所を目撃した秦国文官・昌文君(しょうぶんくん)は、漂が大王・嬴政(えいせい)と酷似している事に気付き、漂を「王宮に仕えよ」と言い連れて行った。その後王弟・成蟜(せいきょう)が反乱を起こした事で、漂は嬴政の代わりとなり命を落とす事となってしまった。

Read Article

呂不韋(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

呂不韋(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

呂不韋(りょふい)は『キングダム』の登場人物で、秦国で強大な力を持つ実力者。元々は一介の商人だったが、趙国の人質となっていた秦の皇太子をサポートしたことで秦国の相国まで登り詰めた。蓄えた財力で優秀な人材を自身の下に置き、秦国最大の勢力を有する。若き王・政と勢力争いを繰り広げており、王座転覆を狙っている。政の王としての素質に共鳴して腹心の昌平君(しょうへいくん)が裏切ったこともあり、呂不韋の思惑は失敗し、政が権力争いに勝利する。その後隠居していたが、影武者を立てて表向きは死亡し、逃亡した。

Read Article

王翦(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

王翦(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

王翦(おうせん)とは『キングダム』に登場するキャラクターで、秦の筆頭将軍「白老(はくろう)」蒙驁(もうごう)の副将である。常に兜をつけており素顔は謎に包まれている。非常に高い戦術眼を持ち、知略を用いて戦う。また非常に慎重な人物でもあり、勝てる戦以外はしない主義である。非常に優れた武将であるが「自分が王になる」という強い野心を持っており、その危険な思想を秦国から警戒されている。王翦(おうせん)は、キングダムの主人公信(しん)のライバルである王賁(おうほん)の父親である。

Read Article

成蟜(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

成蟜(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

成蟜(せいきょう)は『キングダム』に登場する、王族の一人で、主人公の嬴政(えいせい)とは異母兄弟になる。成蟜は嬴政が国王に選ばれたことで、謀反を起こすことを決意し、丞相の竭氏(けっし)を仲間に引き入れ、国内最有力者である呂不韋(りょふい)の留守中を狙って反乱を起こし、一旦は王座を手に入れた。しかしその後、嬴政に王座を奪還され幽閉された。3年間後に釈放された後は嬴政の協力者として尽力したが、その後に発生した反乱の首謀者とされ、命を落とす事となった。

Read Article

松左(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

松左(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

松左(しょうさ)とは『キングダム』に登場する秦国兵で、主人公の信(しん)が率いる飛信隊(ひしんたい)の槍の使い手である。飛信隊結成時に伍長となり、三百人隊の時に什長、魏国との著雍の戦いのあとに百人将へと昇格している。飛信隊の兄貴分な存在で周囲の面倒見が良く、隊が窮地に陥っても取り乱すことなく飄々としながらも敵陣突入時には果敢に攻める頼れる歩兵である。作戦を決める際も、冷静でかつ核心をつく発言で信を支えている。歩兵副長として参加した鄴(ぎょう)攻略戦で命を落してしまった。

Read Article

カイネ(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

カイネ(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

カイネは『キングダム』に登場する、趙国軍総司令・李牧(りぼく)の側近の女剣士である。騎馬術や剣術を得意とし、李牧の護衛も務めている。李牧には全幅の信頼を寄せ尊敬している。秦国との戦の時に、飛信隊軍師・河了貂(かりょうてん)が戦場を見学している際に、カイネと偶然出会い親しくなった。その後、河了貂とは敵同士として闘う事もあったが、以後も気にかけており、たびたび仲間に引き入れようと誘う。カイネと同じく李牧の配下である傳抵(ふてい)に将来の嫁と呼ばれている。

Read Article

家庭教師ヒットマンREBORN!(リボーン)のネタバレ解説・考察まとめ

家庭教師ヒットマンREBORN!(リボーン)のネタバレ解説・考察まとめ

家庭教師ヒットマンREBORN!(かてきょーヒットマンリボーン)とは天野明の漫画、それを原作にしたアニメ作品。『週間少年ジャンプ』で2004年26号~2012年50号まで連載され、単行本は全42巻出版されている。中学生の沢田綱吉はイタリア最大のマフィア、ボンゴレファミリーの10代目に選ばれてしまう。そして家庭教師には赤ん坊で最強のヒットマンのリボーン。強引なリボーンによってマフィア同士の戦いに巻き込まれていくツナ。そんなツナと仲間たちの成長や、リボーンとツナの家庭教師と生徒の絆を描く。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の武将能力値まとめ

キングダム(KINGDOM)の武将能力値まとめ

『キングダム』に登場するキャラクターには、武将能力値(武力)というパラメータが設定されている。この能力は公式ガイドブックに掲載されたもので、武力・指揮力・知力・経験値・パーソナル項目・総合力といった項目に分かれている。 ここでは『キングダム』の登場人物・キャラクターの武将能力値をまとめた。

Read Article

あの武将は実在する?キングダム(KINGDOM)の登場人物・キャラクターの元ネタ・モデルまとめ

あの武将は実在する?キングダム(KINGDOM)の登場人物・キャラクターの元ネタ・モデルまとめ

『キングダム』は古代中国の春秋戦国時代末期における戦争を背景にした漫画作品だ。作中にはたくさんの武将たちが登場しており、そのほとんどが史実に基づいたキャラクターである。 ここでは『キングダム』の登場人物・キャラクターの元ネタや由来をまとめた。

Read Article

新旧六大将軍(キングダム)の解説まとめ【KINGDOM】

新旧六大将軍(キングダム)の解説まとめ【KINGDOM】

『キングダム』に登場する六大将軍は、昭王によって「戦争の自由」という権利を与えられた秦の6人のことだ。六大将軍は作中で全員が死亡し、一時は消滅の憂き目にあっていたが、始皇十三年に六代将軍制の復活が宣言された。旧六代将軍は白起・王騎・摎・王コツ・胡傷・司馬錯。新六代将軍は蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎の5人で空席が1つ。

Read Article