DEATH NOTE / デスノート / デスノ

DEATH NOTE / デスノート / デスノのレビュー・評価・感想

レビューを書く
DEATH NOTE / デスノート / デスノ
6

タイトルなし

週刊少年ジャンプ連載の小畑健氏原作の人気コミックスのアニメ化で2006年10月~2007年6月まで放送され、同時期2006年には藤原竜也主演で映画化もされていて、その人気ぶりが伺えます。
アニメ版では既に原作が完結済みと言うこともあり、原作付きアニメでよくあるストック不足になる事もなく、スムーズに物語が展開されていきました。
原作が推理合戦を中心とした心理戦中心の為、アニメとしては動きが少なくなる恐れもありました。しかし、主人公ライトのリアクションを始め、デスノートに名前を書く殺人行為もやたら派手な演出を加えたりとアニメならではの工夫を感じます。
同年公開の実写映画版と異なり、ニアとの推理戦に敗れる結末のあたりも忠実に再現されています。しかし、ここでも原作と多少差異があり、原作ではライトの最後はかなり悪足掻きをして、後半からライトことキラを神と崇拝する三上からも軽蔑されますが、アニメ版では絶望した三上がその場で命を絶ち、またライトは原作同様、死神のリュークによって命を絶たれますが、その死にざまは原作と異なり静かに死にゆくもので、物語としてはバッドエンド(?)なのは同様ですが、ライトの散り様に関してはアニメ版のほうが何処か美しい印象がありました。