アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナのレビュー・評価・感想

レビューを書く
アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
10

12人のアイドル達の軌跡

アイドル育成ゲームとしてリリースされたアプリ「アイドリッシュセブン」。その人気は凄まじく、リリースから2年弱でアニメ化され大ヒットしました。
『アイドル育成』というジャンルと言われると、ひたすらアイドル達がライブで歌って踊ってキラキラしていて……というイメージを持つと思いますが、このアニメはそれだけではありません。キャラクターひとりひとりにとんでもない過去やエピソードがあり、メンバーとの衝突やアイドルとしての苦悩など、正直アニメを見る度にメンタルがゴリゴリに削られていきます。芸能界の裏側、ファンからの期待、メンバー内の亀裂、ほかグループとの衝突など……『アイドル育成ゲーム』とは何だったのか、と言いたくなるほどドロドロの展開にユーザーも死屍累々です。
ストーリーは本当に緻密に計算されており、「この伏線いつからはってあったの!?」「あの時のあれはここに繋がるのか!」と言った驚きが沢山あり、何回でも見返したくなる作品です。
また、作中に登場するアイドル達が実際にたくさんの曲を歌っており、どの曲も発売と同時に大ヒットするなどまさに神曲が盛りだくさんです。
ありきたりな言葉ですが、本当に笑いあり涙ありの最高のアニメなので、ぜひ1話だけでもご覧下さい!

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
10

友人に勧められてはじめたけどガッツリはハマってます!

友人に勧められてはじめたけど、どハマり!!
声優陣も豪華だし、ストーリーや曲いいものばかりで飽きさせない。今3部まで公開しているがこの先の展開ハラハラドキドキです。

1部ではアイドリッシュセブンが新人として成長していく物語で、先輩グループトリガーに年末に行われるブラホワという、イベントで勝つことを目標に日々の成長をメインストーリーはフルボイスで進めていく。

2部ではリバーレというブラホワ優勝常連というグループの先輩に可愛がられながら、トリガーと切磋琢磨していく。(このあたり記憶うすい笑)

3部ズールというグループが登場。そのグループ所属事務所の社長に陥れられ、アイドリッシュセブンリーダー二階堂大和の深いところまで書かれていた。リバーレ千との昔からの関係性。また、リバーレ百や、トリガー十龍之介、アイドリッシュセブン和泉三月も別件で問題が起こり3グループが危うい状況に、、

リリースから今年で3周年にして初ライブ、会場はメットライフドーム。大きな会場でも収まり切らず全国でライビュも。また豪雨と、重なったため運営がデュレビュも国内で開催非常に盛況でライブに行った人がTwitterではナナライロスを頻繁につぶやいてる。ライブ終了後キャストもロスに陥っていたくらい。キャストやマネージャーの皆様はロスっぷりがすごい。

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
10

応援したくなる作品です。

スマホゲームの頃から大好きです!
アイドル達の成長を描いてる作品です。本当のアイドルの裏側を見ているかのようなお話しで、キラキラしている部分だけじゃなく、それぞれのキャラクターの過去や、苦しんでる部分だったりも出てきます。正直見ているのが辛いと感じてしまうシーンもありますが、だからこそ見守っていきたくなる作品です。
たくさんのキャラクターが出てきますが、どのキャラクターも埋もれることなく、一人ひとりをちゃんと取り上げてくれるのでとても嬉しいです。キャラクターそれぞれに個性があって、誰が見ても必ず応援したくなるキャラクターが出てくると思います。

1期の中で印象に残っているシーンは音楽番組のトリのTRIGGER(先輩アイドル)が事務所の問題で本番に欠席した際、アイドリッシュセブンが完全にアウェーの中、代わりとして歌った所です。客席はTRIGGERを楽しみに来たTRIGGERファンばかりでブーイングが起こる中、歌っている皆を見て泣いてしまいました…。
元々、アイドル系のアニメには興味がなかったのですがどハマりした作品です。ぜひ皆さんにも見て頂いて、一緒に応援したいです!

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
10

アイドルと共に成長出来る!

アイドル育成ゲーム。こういったゲームは今流行っておりたくさんありますが、このゲームが他のゲームと違うところは、とても現実的なところ、アイドルゲームとは思えない暗く重い話しが多いところです。
あまりにも現実的な誹謗中傷などが作品内でも登場しており、とても心が痛くなります。ですが、それを乗り越えて頑張っているアイドルを見ると、自分も頑張らないと!と言った気持ちにさせられます。
キラキラ輝いてるアイドルだって、裏では色々な事を抱えており大変なだと思い知らされます。
最初の方はとてもPOPなアイドルのお話、といった感じなんですが、話しが進んでいくにつれてどんどん重くなっていきます。隠し子や王子から逃げ出してきたり、生き別れの双子だったり、行方不明の妹を探してたり、とにかく皆一筋縄ではいきません。
このゲームの魅力はストーリーだけではなく、とても素敵な楽曲とリズムゲームにあると思います。特にリズムゲームの途中にミュージックビデオのような映像が流れとてもワクワクします。
リズムゲーム自体も初心者向けにもなっていたり、難しいモードもあったりで、幅広い方が楽しめるようになっていますので、是非一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
10

アニメアイドリッシュセブンを見られる方へ。

アイドリッシュセブンはとても見どころが満載です。
2次元アイドルといえば、他にもたくさんありますが、アイドリッシュセブンは格別だと思っています。それぞれが一生懸命で応援したくなりますし、実際にあり得るような話となっているので違和感がそこまで強くありませんでした。
アニメを見る上で作画も気になりますが、比較的作画は良く、最後まで安心感がありました。
メンバーとの不仲や挫折もあり、ハラハラしますが、メンバーで力を合わせて乗り越えていくところを見ていると感動します。
成功談だけではなく、挫折やメンバー個人の悩みが盛り込まれているところも見どころの1つだと思っています。例えば、完璧と言われているメンバーの1人、和泉一織がとても大事な場面で失敗してしまいます。これにより7人でのデビューができなくなってしまい、責任を感じた一織は姿を消してしまいます。そんな一織を責めることなく、みなで歌って笑おうと言うメンバーに絆を感じ、涙が出ました。他にも初めてのライブの観客が9人だったり、ライバルグループに楽曲を盗まれてしまったりします。
キャラクターが困難なことに立ち向かうたびに成長していく姿を見るのはとても楽しいですし、これから更にキャラクターやストーリーがどうなっていくのか?という期待も膨らみます。
ライバルであるトリガー3人も魅力的で、楽曲もとても良いものばかりです。
ファンが登場する場面もあり、自分たちファンと同じ目線で会話をしているキャラクターがいるのも珍しいのではないか思います。
キャラクターの成長がとても面白い作品なので是非見ていただきたいです。

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
10

現実にいてもおかしくないIDOLISH7の壮大な世界観

アニメ化されたアイドリッシュセブン。もともとはスマホのリズムゲームからなるアニメですが、ストーリーが丁寧に作りこまれており、濃厚で引き込まれていくのでアニメからでも問題ありません。

アイドリッシュセブンのメンバーは名前の通り全部で七人います。和泉一織・二階堂大和・和泉三月・四葉環・逢坂荘五・六弥ナギ、そして七瀬陸。一人一人に数字が入っていますね。声優さんも豪華なのでもしよければ調べてみてください!知ってる知ってる!という声優さんが必ず一人はいるのではないかなと思います。そんな豪華な声優さんたちが息を吹き込んでいる個性が全くバラバラな七人ですが、その力が合わさるととてつもない力になります。しかしながら最初から順風満帆だったわけではありません。さながら本当のアイドルのように辛い下積み時代を乗り越え乗り越え、時には一人一人の問題と向き合いながらアイドルとしても、人としても成長していくお話です。

アイドリッシュセブンの好ライバルとしてTRIGGERというグループが出てくるのですが、このグループのセンター、九条天くんはなんと七瀬陸の双子のお兄さん!二話あたりから伏線が張られているのですが、初めて事実が明らかになったときはびっくりしました。まさか!という思いです。TRIGGERは元気で明るいアイドリッシュセブンとは雰囲気が異なり、セクシーで大人な雰囲気を漂わせています。

このアニメは一つ一つの曲のクオリティがとても高いのでぜひ聞いてほしいと思います。多分このアニメを知らない人に曲を聞かせたら声優さんが歌っているとは思わないのではないでしょうか(笑)

アニメは終わってしまいましたが、確実に二期があると思うので今のうちにアニメのほうを見てみてください。ゲームアプリのほうでは三部まで話が公開されているのでよかったらダウンロードして曲も楽しみつつ、話も読んでみてください。話を読んだ後での曲を聞いたら思い入れが全く異なってくると思います。
まだまだお話は続いているのでアニメを見直しながら伏線を探すのも楽しいし、まさかのアニメにしかない曲もあるのでそぜひの曲もストーリーに沿っているのでぜひ聞いてみてください。アイドリッシュセブンの世界に入り込むこと間違いなしです!

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
9

ストーリー構成が面白い!!

原作であるゲームファンでもあるので、そちらと照らし合わせつつレビューしていきたいと思います!
まず全体の感想としては、作画がキレイで、ダンスシーンのカメラアングルなどもアイドルを追うカメラの動きを再現しているようで臨場感があったこと。
見せ場におけるこういう盛り上げ方は嬉しいですね!
ゲームでは再現できない細かい部分の動きや、アニメオリジナルのちょっとしたシーンに毎回楽しませてもらってます!今後の展開も期待大。

アイナナは、原作からしてシナリオがよくできており、とにかく一人一人のキャラにまつわるストーリーの作りこみが細かい!
初めての方も単なるアイドルものの主人公成長アニメと思わず、是非見続けてほしい作品です。

以下、1話ごとの感想です。

第1話&第2話
アイドリッシュセブンの記念すべき結成のお話。1・2話を同時放送したことで初ライブの一番盛り上が るシーンが一挙放送!
ライブからの「アイドリッシュセブンでーす!」のくだりで引き込まれた視聴者も多いのではないでしょうか。
物語を急ぎ足にすることなく、放送に工夫を凝らしてくれたことでより魅力が強調された作りになっていました!
一つ心配だったのは、ゲームの方では設定上あまり触れられてないマネージャーの紡ちゃん。このような男性メインな物語だと女性キャラは評判が低くなりがち…
しかし、逆ハーレムのようなストーリー展開ではなく、紡ちゃんもアイナナのメンバーと一緒に成長していく様子を純粋に応援していけるような、そんな描き方に感じました。

第3話
ついに先輩グループのTRIGGERが登場!実は、ナギや三月、ヤマさんたちが巻き込まれた事件というのはゲームではしっかりと触れられていたのですが、さすがにそこはカットでした。今後、何らかの特典としてアニメ化されないかなぁ…と期待しています!
とはいえ、天くん!サービスカットが多くTRIGGERファンには目が離せない回でしたね!!
しかも、シクナイ(SECRET NIGHT)をフルで披露!
そして、一部話題になっているのですが、彼らが踊ってたホールってもしや横浜アリーナでは…?こういうファンの想像をかき立てる小さな工夫がすごく楽しませてくれます。
それに加え、今回また少し明らかになったキャラの事情。天と陸がまさかの双子の兄弟というアイナナの闇が少しずつ表にあらわれてきた印象です。

第4話
4話まで観て改めて思うのが、やっぱり一織は陸に対してデレ過ぎなの気が…あんなに可愛いキャラだったかな。
そしてやはり天陸兄弟の、というか陸の兄に対する闇は深そうですね。
また、りっくんの怪しい咳の正体が明らかになった一話でした。アニメでは地味ながらもしっかりとした伏線になっていましたね!
最後に、今回雨の路上ライブで歌ってくれていたのは「JOKER FLAG」でした。
元気を貰えるアイナナらしい一曲です!今後もどんな曲を披露してくれるのか目が離せません!!

アイドリッシュセブン / IDOLiSH7 / アイナナ
8

作画やステージ場面のCGのできが良い

スマホゲームアプリとの連動企画であり、基本設定はゲームとアニメで共通です。

主人公は、タイトルになっている男性アイドルグループ(アイドリッシュセブン)のマネージャーである小鳥遊紡(たかなし つむぎ)。

紡は父の経営する小鳥遊事務所という芸術プロダクションに新入社員として入社早々、事務所が初めて手掛けることになった男性アイドルグループのマネージャーになるよう言い渡されます。

作中には既に大人気の、八乙女事務所所属アイドルグループであるTRIGGER(トリガー)なども出てきます。

アイドルの物語なのでキャラの掘り下げと主人公の成長物語がメイン。

制作はTROYCAで、作画やステージ場面のCGの出来もかなり良いと思いました。