おおかみこどもの雨と雪 / Wolf Children

おおかみこどもの雨と雪 / Wolf Childrenのレビュー・評価・感想

レビューを書く
おおかみこどもの雨と雪 / Wolf Children
9

すばらしいのひとことです

子を持つ親としての視点からも、思わず感情移入してしまうほど繊細に描かれていました
つわりに苦しむ主人公を観ていて、自分も気持ち悪いのを我慢しながら炊事したのを思い出しました。
手探りの育児に加えて、オオカミの血を引いたわが子をどう扱っていいのか分からず狼狽えるシーンがありますが、私も訳もなく泣きじゃくる自分の赤ちゃんをどうしていいのかわからずに、自分の母親に助けを求めた時がありました。
作中の主人公は子供が特殊なため、誰にも相談できずどれほど孤独だっただろうと思うと涙あふれます。
それから、母子で田舎へ引っ越した先での人間ドラマは考えさせられました。
自分も田舎に住む人間ですので、地域の団結力が強い分、外からの人間にはちょっと距離を置いてしまいます。
警戒心が強くてごめんなさい。でも作中にもありましたが、田舎の人の懐に入ってしまえば家族同等に手を差し伸べられるところまで描かれていて嬉しく思いました。
私の周りにも、都会から引っ越してきた方々がいますが、季節の野菜を分け合えるくらいに仲良くなるまでの月日を見ているようでした。本当にこの作品は涙なくして語れませんね。私の一番のお気に入りです。
是非是非みなさまも一度ご覧になってみてください。

おおかみこどもの雨と雪 / Wolf Children
10

「未来のミライ」だけじゃない!細田守監督代表作の一つ「おおかみこどもの雨と雪」も素晴らしかった!

「未来のミライ」を手がけた細田守監督の代表作の一つである「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞した感想を語らせていただきます。
私はこの作品で二度も泣いてしまいました。
この映画では、花という女性と、花とおおかみ男との間に産まれた二人の子供、雨と雪が主人公です。まず、衝撃的だったのは映画の前半で花の夫であるおおかみ男が不慮の事故により亡くなってしまった点です。事故なので突然の出来事で、花は大きなショックを受けてしまいます。しかし、子供達はまだ幼稚園にも通う前の幼い年齢で、花は悲しむ間もなく育児に奮発します。
子供達は普通の人間とは異なり、人とおおかみを行ったり来たりします。ですから、お医者さんや、他のママさん友達に相談することもできず、花は一人で子供達を育てることを決意します。子供達と花は、様々な困難を抱えながらも成長していきます。
この映画では、その成長の過程が事細かく描写されているため、私も映画を見ながら子供達に感情移入していきました。そして、映画は最大の見せ場である、子供達の巣立ちへと展開していきます。
雨と雪は、大人へと成長するにあたって、人として生きるのか、それともおおかみとして生きるのか、大きな決断に迫られます。子供達二人に感情移入している分、このシーンでは様々な感情が湧き出てきて、思わず泣いてしまいました。この作品から、成長すること、そして巣立ってゆくことの尊さ、美しさを学んだ気がします。感動すること間違いなしです。ぜひ見てみてください。