いきものがかり / Ikimono-gakari

いきものがかり / Ikimono-gakariのレビュー・評価・感想

レビューを書く
いきものがかり / Ikimono-gakari
10

現在は放牧中、J-POPの王道いきものがかりについて

いきものがかりは水野良樹と山下穂尊のギターの男性2人に、ボーカルの吉岡聖恵を迎えたスリーピースバンドです。バンド名の由来は水野良樹と山下穂尊が小学校の同級生で共に金魚の餌を与える生き物係をしていたことからです。1999年に結成され、一時活動休止も経て2003年にインディーズでデビュー、2006年にシングル「SAKURA」でエピックレコードジャパンよりメジャーデビューを果たしました。「SAKURA」はサビの歌詞が印象的な卒業ソングですが、デビュー曲にはかなりの精度の高さです。卒業の頃と時を経てからの心境の変化などが細やかに綴られています。
いきものがかりははじめは水野良樹、山下穂尊の2人で結成されましたが、当時は路上でゆずのカバーを歌う男性2人組が多かったため何か違うことをしようと思い立ち、高校の同級生の妹である吉岡聖恵を紹介されたことが3人組となるきっかけでした。吉岡聖恵はその後に昭和音楽大学の短期大学部を卒業していますが、テクニック重視でなくどの楽曲も情感を込めて丁寧に歌い上げています。
2009年にリリースされた「YELL」はNHK全国学校音楽コンクール中学生の部課題曲に選ばれ、翌年リリースされた「ありがとう」は2010年度上半期の朝ドラ「ゲゲゲの女房」の主題歌としてヒットし、いきものがかりは一躍幅広い年代に支持されるようになりました。2016年にはメジャーデビュー10周年を迎え、2017年1月5日の放牧宣言をもって活動を休止し現在に至っています。また活動再開される日が待たれますね。