岡崎体育

岡崎体育のレビュー・評価・感想

レビューを書く
岡崎体育
8

岡崎体育の魅力は“ネタ系の曲”だけじゃない

岡崎体育と言えば、“Music Videoあるある”を題材にした『MUSIC VIDEO』で有名ですよね。「カメラ目線で歩きながら歌う」や「無意味に分身する」など、MVのあるあるを面白おかしく歌って大ヒットしました。その影響から、「おもしろ系のミュージシャンなんだな」と思っている方も多いと思います。
2016年5月にデビューした岡崎さんですが、自分のジャンルを“盆地系テクノ”と名付けています。テクノ、という名の通り、テクノサウンドが得意です。おもしろ系の歌ばかりのイメージですが、実は高い音楽性や繊細な歌詞を書くことで有名なミュージシャンなんです。

例えば、『MUSIC VIDEO』が収録されている【BASIN TECHNO】というアルバムに『スペツナズ』という曲があります。スペツナズはロシアにある特殊部隊の名前。つまり、戦争を題材にした曲です。“散弾”や“地雷原”など、戦時中と思われる状況を描写しながら、そこでもがき生きる人々の声を、もの悲しく心をえぐるようなメロディに乗せています。
また、岡崎さんの韻の踏み方も評価が高いです。JINROさんとコラボした曲『割る!』は、ラッパーや他のミュージシャンの方からも好評を得ており、後にMONKEY MAJIKさんなど、有名アーティストともコラボ楽曲を出している実力派なんです。
他にも、岡崎さんはアニメ『舟を編む』や『ポケモン』の主題歌を担当されており、言葉選びや世界観の作り方に定評があります。

“一発屋”だったり“ネタ系”などと言われてしまいがちですが、多くの名曲を生み出している岡崎体育。もちろん、おもしろ系の曲も彼にしか創れない魅力的な音楽ですが、ネタ系岡崎体育しか知らない方は、岡崎体育の“真面目な曲”を聴くことで、ギャップも相まって彼に引き込まれていくことでしょう。
少しでも気になった方は、一聴の価値ありです。

岡崎体育
10

奇才・天才・ミュージシャン

時代を関係なく魅了するミュージックビデオを提供してきたミュージシャンはたくさんいるが、その中で一際インパクトが強く後世にも引き継がれる作品を世に送り出した人はどれだけいただろうか?岡崎体育は間違いなく音楽界のパイオニアであり、歴史に名を刻む人であろう。
一瞬新しい芸人かとおもわせるような芸名、決してイケメンとはいえないゆるいルックス、ふざけているかと思いきや実はメッセージ性の高い歌詞、作り込まれた音源。オリジナリティあふれる上に、格好いいと思わせてなんぼのミュージシャンの中で、格好よくしようとしてないのに何故か格好いいという人材は希少だ。
バリバリのハードロック調の曲に乗せてふざけた歌詞、音楽を楽しもうとしているのに何故か笑ってしまう。思わず何度も見返してしまう彼のMVは中毒性あり。よく聞くような大量生産されている音楽に対して皮肉とも取れる歌詞は一種攻撃的とも取れるようなものの、キャッチーなメロディーに合わせていてとげがない。かと思うとその反面、心にぐっと来るような曲を書いたり二面性もある。とにかく彼は語彙力が高い!薄っぺらい恋愛を鬱陶しいと感じさせるような歌詞を書いているミュージシャンたちと比べて深みがある。時には笑わせ、時には心を染みさせるそんな2つの顔をもつ音楽をつくる器用な彼は奇才であり天才としかいいようがない。

岡崎体育
8

岡崎体育が真面目でカッコいい!

岡崎体育は顔こそ少しブサイクですが、音楽はめちゃめちゃカッコいい。セルフプロデュースが上手で自分で自分の事をよくわかっているから、頭の良さを感じます。

メディアに出るときはここぞとばかりにネタ曲を披露。歌を聴いているというより、むしろパフォーマンス的なニュアンスが強い。一部の人が見たらふざけているだけだろうと、岡崎体育を叩くかもしれない。でも、目立つパフォーマンスをし、注目されて岡崎体育を知ってくれる手がかりなると彼は真面目にふざけている。

実際私もふざけた奴だな、どれyoutubeで他の曲も聴くか。と、検索した1人です。そしてまんまと彼の策にはまりこんなふざけた人が、こんなカッコいい曲を!?と感心を通り越して尊敬しだしたのでした。

現在岡崎体育は沢山アルバムを出しています。ですが殆どがメジャーデビューする前のアルバムで、ネットでは高く取引されている状態です。

今から岡崎体育を聴く人はベイシンテクノ、XXL、OT Worksの3枚のアルバムを聴いて下さい。
一番のオススメはベイシンテクノです。
現在CDショップで買える中で一番初期に出たアルバムなのですが、捨て曲が一切ありません。中でも鴨川等間隔という曲を聴いて頂きたいです。
スクールカースト底辺、学生時代にキラキラしていない人や、リア充を見下していた人にドンピシャハマると思います。他、大物アーティストも猛プッシュするほど素晴らしい曲です。

岡崎体育はネタ曲に、真面目曲、お洒落な人に刺さるテンポの良い曲。サブカル女子歓喜の曲。果ては子供向けの曲まで。幅広いジャンルに飛んだ曲を作る事の出来る人です。

なので岡崎体育体育を猛プッシュします!

岡崎体育
9

TECNOでJ=POPで面白要素満載!

岡崎体育は自称「盆地テクノ」アーティスト。
盆地テクノとは岡崎体育流の音楽表現のことを言っているのであろう。
ファーストアルバム「BASIN TECNO」にはYouTubeから口コミを経て一躍有名になった名曲(迷曲?)「MUSIC VIDEO」が収録されている。この「MUSIC VIDEO」という曲が一部の人々の間で賛否両論を呼んでいるのである。
この曲は、いうならば「あるあるネタ」である。アーティストのミュージックビデオにありがちなことをひたすらこれでもかと述べているのである。またそのリリックを忠実に再現した映像もチープでありながら実によく出来ていて、見ている人をぐっと引き込む力がある。
しかし一部ではこのあるあるが、「ミュージシャンをバカにしている」と捉えられてしまっているのである。
尊敬の念があればオマージュ、なければパクリ・悪意と捉えられる現代。岡崎体育には確実に世の音楽に対する敬意が見受けられる。

JINROのCM曲提供、ポケットモンスターのED曲、パピコのCM曲。こうした提供曲を聴いてみるとそれぞれ岡崎体育の色を出しつつしっかりとニーズに答えた曲作りをしている。
「こういう場面にはこういう曲」という雰囲気をつかむのがうまいのである。
岡崎体育の楽曲はあるあるネタの最高峰である、と私は勝手に評しています。