To LOVEる -とらぶる- ダークネス / To Love-Ru Darkness

To LOVEる -とらぶる- ダークネス / To Love-Ru Darknessのレビュー・評価・感想

レビューを書く
To LOVEる -とらぶる- ダークネス / To Love-Ru Darkness
10

お色気満点の作品です

皆さんは普段アニメを観る習慣はございますか??今回は中々時間がないよという方に気軽に観れて面白い、キャラが可愛いくて魅力が沢山の作品を紹介したいと思います!!ジャンルは学園ラブコメハーレムもの。主人公は結城リト。たくさんのヒロインに囲まれ、日々を過ごしていきます。物語は前作「ToLoveる」での美少女ララとの出会いから始まります。ララはデビルーク星と呼ばれる星の第一王女で、お見合いに嫌気がさし家出をしました。その先で主人公の結城リトと出会います。「ToLoveる」ではこのままララや学校のクラスメイトとの日常が描かれています。今回紹介するのは「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では、ララの妹であるモモというキャラウターが重要人物になります。実はモモは主人公に密かに思いを寄せていました。しかし主人公は、姉であるララの婚約者になります。どうにか自分も愛される手段はないものかと考えたところ、彼女が思いついたのが「ハーレム計画」と呼ばれるもの。日本では一夫一婦ですが、デビルーク星では一夫多妻制が普通で、主人公のリトがデビルーク王になればハーレムを実現することができるのです。しかし、計画の進行に敵対する勢力があることに気が付きます。それが「ダークネス計画」です。ハーレムに加える予定の人物であるヤミを殺戮兵器にするという計画で、お互いそれぞれの計画が相反するものと気が付いたときから、ヤミを一人の女の子として扱うかはたまた兵器として扱うかで戦いが始まります。結果、ダークネス計画は破綻に終わり、ハーレム計画が優勢になりますが、最終巻でも主人公の気持ちの整理が付くことがなく、ハーレムが実現する訳ではありませんでした。しかし想いを伝えることが出来ていなかったキャラは、想いを伝え新たに関係が進展していく様が描かれています。こんな感じでストーリーは濃く、夢中になりますが、一話一話は気軽に視聴できますので、忙しい方にお勧めです!

To LOVEる -とらぶる- ダークネス / To Love-Ru Darkness
10

ヒロインたちの恋心を描いた作品

矢吹健太朗先生の「ToLoveる」の続編で、作画も脚本も前作よりパワーアップしています!
主なあらすじは、恋愛に奥手な純情高校生・結城リトとその周りの美少女との関わりを描いた作品です。リトはラッキースケベ体質であり、毎回トラブルを起こしてしまいます。しかし彼は彩南町で起こる事件からヒロインたちを救い、生きる希望を与えます。そして最初は彼のことを嫌がる女の子も彼の優しさと勇敢さにだんだん心惹かれていきます。
清楚、妹、ツンデレなどさまざまなジャンルのヒロインが登場し、大胆に告白する様子や恋心を伝えられない様子などヒロインそれぞれの恋心が描写されていて、読んでいる側にも緊張やもどかしさが伝わってきます。なにより、可愛いヒロイン、エロ、笑い、バトルシーン、シリアスな展開など、ほかの漫画にはない魅力がたくさんあります。
作者の矢吹先生は、厳しくなっていく規制に負けずエロを表現することに情熱を注ぎ、様々な表現技法に挑戦し続けています。男のロマンが詰まった作品で、読めばたくさんのヒロインの中から好きな子が必ず見つかると思います。学生から老人まで男性なら一度は読んでみるべきだと思いますし、女性でも楽しく読めると思います。