ベイマックス / Big Hero 6

ベイマックス / Big Hero 6のレビュー・評価・感想

レビューを書く
ベイマックス / Big Hero 6
10

日本人なら見ておいて損はなし!ヒーロー誕生の物語

ディズニーアニメーションでははじめての日本人が主役の物語。日本ではどうやら「心に傷を負った主人公が、優しいロボットに心を癒されていく物語」として売り出したようだが、実際に映画を鑑賞してみたらとんでもない!天才ゆえに性格のひん曲がった少年が、兄の死の真相を知り、復讐に燃えて優しいロボットを魔改造する物語でした。
やはり原作がアベンジャーズのマーベルなだけあって、ガッチガチのヒーロー誕生の物語で、内容はとにかく熱いです。主人公が天才というだけあって、最初からチートなのも面白く、それを支える兄や、友人たちとのやりとり、その全てが笑いあり、涙ありで、とにかく胸が熱くなります。
誰かを助けたいという優しい兄の気持ちを受け注いだロボットと、復讐に取り憑かれて我を忘れた主人公とのやりとりなんて、涙なしには見れません。字幕版、吹替版とありますが、私は断然吹替を推します。あの言葉を「ベイマックス、もう大丈夫だよ」と翻訳した方は天才ですね。
アメリカのヒーローものは、ヒーローが多くのものを失うのが定番のようですが、これも例に漏れずそういった要素が強くあります。それなのに鑑賞後に感じるカタルシスは、さすがディズニーだなと感じました。ヒーロー映画ですが、夢と未来への希望に満ちた物語です。最高です。

ベイマックス / Big Hero 6
7

タイトルなし

2014年に公開されたアメリカのアニメ映画です。
原作がアベンジャーズシリーズでおなじみのマーベルでしたが、当時はその事は知らず予告だけ見てたら制作がディズニーなので雪だるまのようなロボットが登場するキャラクター映画かと思ってみましたが、後にスーパーヒーロー系の作品と知りギャップに驚きました(笑)。
ベイマックスが元々ケアロボットとして作られたからか、本作は派手なアクションシーンもふんだんに盛り込まれていますが、全体的に癒し系の雰囲気があり(主人公ヒロの兄タダシが冒頭で死んでしまったのはシリアスでしたが)ベイマックスのなんとも可愛らしく無垢なキャラクターがそれを強調している印象です(敵となるキャラハン教授も娘を喪失したため犯罪に走っていますが娘は生きていたりと必要以上にシリアスにならないよう工夫している感じはします)。
また、天才少年のヒロは14歳で仲間として共にヒーロー活動をする面々も大学生と総じて若いため全体的に明るいノリで見やすい印象でした(マーベルが原作な為か、主人公が自分で装備を開発してヒーロー活動をする流れはアイアンマンを彷彿とさせました)。
余談ですが洋画ではなんちゃって日本がよく登場しますが(笑)本作の舞台はサンフランシスソウキョウという東京都サンフランシスコを融合させた架空の町という発想も面白く感じました。

ベイマックス / Big Hero 6
9

アナ雪よりおススメできるディズニー映画

最初はそこまで期待していない映画でしたが、観た後の感動は未だに忘れられません。
この映画を観てて思ったのは、様々な感情が詰め込まれているなと感じました。クスッと笑える場面もあれば、涙を流すシーン、また、次がどうなってしまうのかハラハラすることも…!
この映画は科学の力を使って問題を解決する映画なので、まさにこれからこうなっていくのかなぁと、未来の世界を想像することもできました。わたしはこの映画を観て、科学の力を使って便利な世の中になっていくのはいい事だと思いましたが、便利になっていくことで古き良き文化を失ってしまうのかな…と考えさせられる部分もありました。
そしてこの映画の題名となっている白いふわふわのベイマックスは本当に癒されました!ベイマックスは人の健康を管理するロボットなので、最初はロボットそのものの仕事しかしません。ですが、お兄さんを事故で亡くしてしまったヒロの心のケアをしていくうちに、ヒロとベイマックスの絆がどんどんと深まっていきます。これは映画を観てて誰もが感じると思います。
クライマックスのシーンは涙なしではみていられませんでした。ディズニーリゾートが35周年を迎え、ランドのパレードも新しくなりました。新しくなったパレードには、ベイマックスのフロートもできたみたいです。一度、ベイマックスを観てから、ディズニーランドへ行ってみてはどうでしょう?