こちら葛飾区亀有公園前派出所

こちら葛飾区亀有公園前派出所のレビュー・評価・感想

レビューを書く
こちら葛飾区亀有公園前派出所
8

両さん、海で出会った刑事

始めて、今回の作品を読んだのは20年程前に父が購入して読み終わった時に読んだのがきっかけで、ハマりました。主人公の両津勘吉は、葛飾区亀有公園前の警察官いつもイタズラ、仕事をサボり、更に常識ではありえない掟やぶりな事をする為、大原部長に起こられてばかり、そんな彼も、実は情があり、手先も器用で、時には、副業で商売をやって成功するが、欲を出してしまい最後には駄目になる。借金王になってしまう。
そんな彼でも、人脈があり、同じ派出所に勤める中川、麗子含め、付き合いが広い。
主要キャラ以外にも年々新しいキャラクターが出てきて、実に面白い所がありました。
海の守護神の巻きでは、ドルフィン刑事と言うキャラが登場、元イルカの調教師で、その後、ガラス職人、漫画家を経て刑事になったと、すごい経歴の持ち主です。
制服はセーラーマンのイメージをモチーフふんどしを使用している。水上警察隊で東京港で犯罪が起きた時は、両津勘吉以上に、掟やぶりの方法で犯人を捕まえた。
ちなみに、ドルフィン刑事は最高気温が35度を越えないと出勤しない、35度以下の時に、両津勘吉と東京湾を警備する時は、海で、イルカショーを開き、両津勘吉は焼きとうもろこし、アイスキャンディーなどを販売する為に露店を出店してる。
ドルフィン刑事は、登場した時に、本当にキャラが濃いなぁと思いました。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
8

ベストオブマニアック!時代と共に移り変わるネタの多さにド肝を抜かれる!

長年にわたり週刊少年ジャンプにて連載していたレジェンド級のコメディ作品。
単行本に至っては200巻まで出ており、ファンの年齢層も幅広い。

あらすじはシンプルで、亀有公園前派出所勤務の主人公、両津勘吉(以下両さん)を中心に展開する日常ギャグ漫画である。
主人公の性格は非常に破天荒で荒っぽく怒りっぽい。連載初期のころには一般市民や野良猫にまで発砲するほどの人物である。おまけにギャンブル狂いで勤務中に競馬中継にかじりついていたり、パトロール中にパチンコ屋でさぼるなど、ここに挙げるだけでもとんでもない男であることが分かると思う。
ここまで読んでなぜクビにならないか、と思うだろうがそれにはちゃんとわけがある。両さんを警官につなぎとめているものは圧倒的な検挙率にある。検挙率というのは発生した事故、犯罪に対し、解決した件数のことを指す。つまり勤務態度はめちゃくちゃだが仕事はきっちりこなしているということになる。

上述のように粗暴な両さんだが、生まれが東京浅草ということもあり、人情味あふれる描写も多い。そのせいか連載初期のころには近所のホームレスが派出所にたかりに来て無下にも出来ずに招き入れるシーンもある。両さんがやんちゃで人の温かさも持つ、感情的なキャラクターだったことが長期連載の一因ではないかと思う。

両さんも相当キャラが濃いが、部下や同僚、上司までも一癖も二癖もある人物ばかりである。全員分書いているとキリがなくなるので割愛するが、ここまで濃いキャラばかりでバランスが悪そうに感じるが、それは現代における警察官というきわめて普遍的な舞台設定にあると思う。

連載の期間に警察組織、日本も大きく変容し、連載初期、終盤とでは絵のタッチ、雰囲気とも大きく変わっている。それもまた読者を飽きさせず、長く続けてこれた要因だろう。もしまだ読んだことのない方がいたらぜひ一度読んでみてほしい。
ちなみに200巻のどこから読んでも差し支えはない。逆に1巻から読もうとすると高確率でそろわなくなる可能性がある。しかし本当に多くのキャラクターが登場するため、相関図など頭に入れるのに時間を要するものもある。また初期のタッチはなかなか過激なので最近の単行本でまず読んでみて、作風が合うと感じたら初期作品に挑戦するほうが良いだろう。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
10

タイトルなし

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は両津勘吉巡査長を主人公としたギャグアニメである。破天荒な性格の両津勘吉を中心に大騒動が繰り広げられる。
主な登場人物は、主人公の両津勘吉、同僚の中川圭一、秋元麗子、寺井洋一、上司の大原大次郎などがいる。
中川は中川財閥の社長という立場でありながら、なぜか警察官の仕事をしている。容姿端麗であり射撃の腕は超一流である。また、両津勘吉にたびたび金を貸してくれと頼まれるが、簡単には貸さない。しかし戦車や戦闘機は簡単に貸してくれる。愛車は主に赤のフェラーリF40である。
秋元麗子も中川と同じく、秋元グループという巨大企業の令嬢でありながらなぜか、警察官をしている。両津とはたびたび口喧嘩をするが仲は良い。ピンクのポルシェ911を愛車としている。
寺井洋一も公園前派出所に勤務している警察官である。絵に描いたような普通の人生を送っていることから、「人生送りバント」と両津から呼ばれることもある。マイホームを持っているが、通勤に片道3時間かかるところから通勤している。
大原大次郎は両津とたびたび喧嘩をしているが、心の中では両津を慕っている部下思いの上司である。