弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedalのレビュー・評価・感想

レビューを書く
弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
8

ロードレースがこんなに面白いとは…

ママチャリで秋葉に通う主人公・小野田君が今泉や鳴子をはじめ、周りの人を通じてロードバイクを知っていくお話です。
ちなみに1期はインターハイの3日目のスタートまでのお話になります。この作品を見た当初ロードバイクは分かりませんでしたが、単純に面白いと感じてしまいました。ストーリーも見ていて飽きないしよくできているロードレース作品だと思います。

見ていると実に奥深い競技だなと思い知らされることが多々ありました。
スプリントライン、山岳リザルト、ゴールライン前の回想が長くてなかなか決着がつかないところもゾクゾクしながら、何回も見ています。逆に返せばそれだけでしっかり作りこんでいる作品だと思います。
今まで見てきたのは「競技」が多かったので、自転車?ロードレース?名前は聞いたことあっても興味自体はわかなかったので、とりあえず1話、2話見てみようと思い思い返してたら続きが気になり結局最後まで見ていました。見ていただく価値はある作品だと思います。この競技を知らない女性の私でもやって見たいと思うようなアニメの展開でした。特にお気に入りのキャラは御堂筋くんです。悪キャラだけどなんか憎めないところもあってあとキモくて発言とか行動に違和感がある感じも好きです。是非見ていただきたいなと思います。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
9

体が熱くなるようなワクワクする青春アニメ

物語は、総北高校自転車競技部の青春ストーリーです。恋愛要素などは、まったくありません。ひたすら、自転車、自転車。
主人公の小野田坂道は、自転車競技には興味のない全くの素人。高校入学後にはアニメ研究会に入部し、アニメ三昧の高校生活を送ることを夢見ています。しかしひょんなことから、自転車競技の道へ進みます。そこで坂道は、意外な才能を発揮し、自転車競技にのめり込んでいきます。
自転車競技部のメンバーは癖は強いが、いい人たちばかりです。そして、最大のライバル、箱根学園のメンバーもいい人たちばかりです。このアニメは、見ていて嫌な気持ちになったり、人をおとしいれたりすることはほとんどありません。
本当に見ていて、体が熱くなり、声を上げてしまいたくなるようなアニメです。たとえるなら、お正月の箱根駅伝を見ているような気持になります。出てくるキャラクター、それぞれの性格や背景、心情などがしっかりと描かれていて、どのキャラクターにも感情移入していまいます。
私が特に好きなのは、巻島です。ひょうひょうとした立ち振る舞いなのに、ところどころ出てくる優しさ、そして、早いところがとてもかっこいいです。さらに、このアニメのいいところは、全員が成長していくところです。いつまでも成長を見ていたくなるような、いつまでも終わってほしくないようなアニメです。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
8

運動嫌いだが自転車に乗りたくなってしまう

主人公がアニメオタクという、視聴者と同じ目線から始まるアニメだから共感できる部分がすごく多くて、1話から見入ってしまいました。

アニメオタクの主人公が自転車競技部に入る物語。
自転車競技部に入るきっかけが、毎日秋葉原でボロボロの自転車で行っていたから足腰が鍛えられていた、という理由で斬新で面白いなと思いました。
弱虫ペダルは一人一人が個性が強く、特に主人公小野田坂道がいる総北高校の巻島裕介はクライマーという山登りが得意な選手なのですが、髪が緑色をしており、喋り方も語尾に「ショ」とつけていてとてもキャラが濃いです。そしてその巻島裕介の唯一無二のライバル箱根学園に所属している東堂尽八というキャラがいるのですが、彼はかなりのナルシストで自分が大好きなキャラです。顔がかっこいいのにナルシスト、という残念なイケメンというポジションなのですが、東堂尽八と巻島裕介は他を寄せ付けないぐらい走るのが早く、常に二人はトップ争いをしていました。彼らが高校2年生の時の夏のインターハイでは巻島がタイヤのパンクをし決着がつかなかったのですが、翌年の彼らにとっては最後のインターハイでとうとう決着がつきます。1位をとったのは東堂の方なのですが巻島や東堂の今まで築き上げた絆はとても深くお互いが経緯を払っているところがとてもかっこよく人間らしくて私が一番印象に残ったシーンです。
他にも弱虫ペダルは面白いシーンがあり見所満載なのでまだ観ていない方には是非観ていただきたいです。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
10

最高の自転車アニメ

私が初めて弱虫ペダルを知ったのは、友達からおススメと言われたときです。その時は、スポーツのアニメが好きではないし、とくに自転車となると地味だし、見なくていいやと思って見ませんでした。しかし、ある暇な日にネットをみていると、広告で出てきて、そういえばおススメされたから見てみようかなと思って見ました。1話で飽きるだろうと思ってたんですが、あまりの面白さに全話見てしまいました。

内容はアニメオタクの「小野田坂道」が高校入学でアニメ部に入ろうと思ってたが、アニメ部が存在しなくて、自転車部に入るという内容です。ざっと説明してしまったんですが、もっと入部までに物語があります。
ここで主人公の小野田坂道ってアニメオタクでしょ!?と思うかもしれません。しかし、ただのアニメオタクではないのです。小学生の時から毎週土日にママチャリで直線距離にして41キロの秋葉原まで通っていたという、鉄人です。笑小学生からですよ笑しかも、夏休みなどの長期休みは毎日通っていたそうです。
そんなアニメオタクだった小野田坂道が競技用の自転車に乗ったら、だいたい想像はつきますよね。めちゃくちゃ早いんです。
1年生のロードレース大会で優勝しちゃったりと、すごい力を発揮しちゃいます。小野田坂道のことだけでなく、ほかの個性豊かなキャラクターたちのストーリーも面白かったりと、楽しめることは多いです。
ぜひ、弱虫ペダル観てみてください。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
9

早く続きを放送をして欲しい!

アニメ初放送が2013年。第4期の2018年まで続いていた弱虫ペダルは惜しまれつつも放送終了してしまいました。
自転車競技を題材にした熱いスポーツものです。主人公である小野田坂道は、アニメや秋葉原を愛するオタク少年であり、中学生の頃同じ趣味を持つ友達が出来ませんでした。高校では、アニメ研究部に入ろうとした彼でしたが、人数が足りずアニメ研究部に入ることが出来ませんでした。そんな時、同じクラスで女子から人気のある今泉俊輔がたまたま、普通は漕げないとされている激坂をママチャリで登っている小野田坂道を発見。ひょんなことから自転車競技部に入部することになった小野田坂道でした。
箱根学園、京都伏見高校、広島呉南工業高校、熊本台一高校など強敵であるライバル校や、小野田坂道個人で出来た初めてのライバル、尊敬する大切な先輩、そして仲間の大切さに気付く。そして運動が苦手な小野田坂道が才能を発揮!?
3rd seasonのNew generationでは個性の強い後輩も出来て、段々成長する小野田坂道もストーリーと共に楽しめます。漫画、小説、舞台、CD化やDVD化、ODA、映画化もされ、WEBアニメやWEBラジオ、ゲーム、パチンコやパチスロなど様々なところで人気なこの作品は誰にでも楽しめます。アニメの5期も早く放送して欲しいですね。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
8

タイトルなし

弱虫ペダルとは主人公の小野田坂道(おのださかみち)が所属する千葉県立総北高等学校自転車競技部がメインに描かれているスポーツ漫画、アニメである。漫画の作者は渡辺航で、週刊少年チャンピオンにて連載中である。高校に入学して自転車競技部に入部し、合宿で二年生とインターハイ出場をかけて勝負、インターハイで優勝、そして慕っていた三年生との別れ、新年度の新入生との出会いを経て、現在は小野田坂道にとって二回目のインターハイの真っ只中である。総北高校のメンバーも魅力的であるが、ライバルである王者箱根学園や京都伏見高校のメンバーも大変魅力的であり、各校一人一人の過去や熱い想い、勝利への執念などが丁寧に描かれている。(ただ回想シーンが多くてなかなかゴールにたどり着かないこともあり、もやもやさせられることがある。)また、オープニング曲、エンディング曲も素晴らしく、エンディング曲は総北高校や箱根学園のメンバーの声優さんが歌っている時もある。数あるスポーツ漫画の中でも、自転車競技を題材にした漫画、アニメは少ない。馴染みもあまりないスポーツかもしれないが、わかりやすい解説があるため、初心者でも楽しんで見ることができる作品である。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
10

タイトルなし

主人公の坂道の性格がとても良い。ほっこりさせてくれるキャラクターである。
チーム間の友情、先輩後輩の関係、他校の生徒との友情がすばらしく描かれている。時に、意地悪な事や、悪だくみが試合の間に繰り広げられるが、それをも吹き飛ばす心温まるエピソードがてんこ盛りである。恋愛ものはほんとにちょっとだけで、ないに等しいのだが、とにかく目が離せない。あまりに笑わせられる場面や、手を握って応援してしまう場面がとにかく多い。キャラ特有の台詞や口癖も多様で、個性的すぎるキャラが本当に面白い。悪だくみばかりしている冷徹な御堂筋も、私は大好きになってしまった。台詞をまねて言ってしまうほどに。坂道が尊敬する巻島が海外に行ってしまう時には、泣いてしまいました。私はめったに泣かないのですが。笑。坂道が友達ができて、喜ぶ場面も、自分の事の様に、我が子の事の様に嬉しいです。鳴子や今泉との友情も気持ちの良い程。坂道が築いていく友達との関係も、子供たちに見て欲しいと思える、温かいものがあります。こんな作品を描けるなんて、きっと作者はすごく良い人であったかいんだろうなあなんて思ったりします。これからも楽しみにしています。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
8

あり得ないんだけれども、そのあり得なさを好きになってしまうロードレースアニメ

主人公、小野田坂道(おのださかみち)、最高です。そして最強です。オタクチックで、とろくさそうな、メガネっ子の坂道君が、千葉県総北高校自転車競技部に入部し、競技未経験者であったにもかかわらず、インターハイの選手に選ばれ、苦難を乗り越え、乗り越えた末に自転車部を優勝へ導くという、爽快ロードレースアニメなわけなんですが、まあ、何というか、そんなんあり得へんやろーというシチュエーションが随所に散りばめられています。「キャプテン翼」的なそれではないんですけれども。
小野田坂道君の場合、そのあり得ないパワーが生み出される源というのが、自転車で走ることが好き、みんなが好き、みんなとずっと走っていたいという、とってもピュアな思いなんです。この思いに共鳴するように、メンバー一人一人が、己を捨て、思いをつないでいくことに必死になったとき、王者箱根学園を倒す勝機が訪れます。
主人公以外のキャラもきっちり描き込まれているので、金城さんいったい何歳なんだとか、福富さん達観しすぎだろとか、突っ込みながら見るのも楽しいです。基本、全員善人なので、アニメの中でまで、どろどろした人間関係に悩まされたくないという人にはおすすめ。ラスボスか妖怪かと思えた御堂筋君の、純粋すぎるエピソードには泣かされます。ロードレースの技術、駆け引きについては、真面目にリアルに描かれているので、勝負の行方そのものにドキドキハラハラできます。プラスアルファ、少年たちの純粋さに癒やされる、後味すっきりアニメです。

弱虫ペダル / 弱ペダ / Yowamushi Pedal
10

ロードレーサーや自転車好きな方は必見です。

アニメオタクの主人公、小野田坂道は高校に入ったらアニメ・漫画研究部に入ろうと決めていたが、部員不足で廃部状態に。そんな中、坂道でも歌を歌いながらママチャリで上る小野田の才能も見出した今泉俊輔に自転車競技部に誘われます。また、関西から引越してきた鳴子章吉の言葉を受け、小野田は自転車競技部に入ることを決意します。入部早々部長の指示で一年生レースが始まり、小野田はこのレースで坂を得意とするクライマーに抜擢されます。次に4日間で1000キロ走破という過酷な合宿が始まり、2年生の手嶋純太と青八木一にインターハイをかけた勝負を持ち込まれます。結果は手嶋と青八木の肉離れによりリタイア。小野田、今泉、鳴子の1年生は見事勝利しインターハイの切符を手に入れます。手嶋と青八木は1年生の走りを認め、自分たちの思いを1年生に託します。
そのインターハイでは、今泉はオールラウンドとして3年、金城真護を。鳴子はスプリンターとして3年、田所迅を。小野田はクライマーとして3年、巻島裕介をサポートしゴールに届けるために引っ張っていきます。
この作品の見どころは、インターハイスタートまでの過酷なレース、合宿から得た仲間との絆や、ロードに対する思いがこのインターハイと言うステージで生かされていく点です。本当に熱く何よりも感動できる作品です。