フォレスト・ガンプ/一期一会

フォレスト・ガンプ/一期一会のレビュー・評価・感想

レビューを書く
フォレスト・ガンプ/一期一会
7

もう一度見返してほしい名作映画

『フォレスト・ガンプ/一期一会』は現代の社会において重要なことを我々に教えてくれる作品である。この映画の「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」というキャッチコピーは、我々の人生の考え方において重要なことが集約されていると思う。
大まかな内容は、トム・ハンクス演じる知的障害を抱えた主人公フォレスト・ガンプが語り部として自分の人生を振り返っていくという作品構成になっている。
彼は知的障害というハンディ・キャップを抱えている。しかし、それ以上の素直さと人を疑わない心の持ち主で、周りから言われるままに物事に挑戦をし成功を収めていくサクセスストーリーである。歳を重ねるごとに失われつつある素直さ、挑戦することの大切さを再認識させてくれる。
フォレストの幼小期の場面は、周りの子供たちや大人たちから冷たい対応をされたりいじめられたりと暗い内容になっており、正直見る気がなくなる。しかしフォレストが成功を収めてからは、気が付くとこの映画に見入ってしまっていた。また、当時のアメリカの社会情勢が反映されている点も違和感なくこの作品に引き込まれる点であるだろう。
ここまで良いところしか紹介していないが、なぜ評価が10段階中7なのかというと、ヒロインの自己中心的に見える振る舞いが個人的には印象が良くなかったからだ。良いことばかりではないのが人生だということは理解しているが、どうも腑に落ちないところがありマイナスになった。
以上が映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』の個人的なレビューになるが、誰もが見終わった後には清々しい気持ちになっていることだろう。人生に行き詰まっていたり、ストレスを感じている全世代の方々に、もう一度見返してほしい名作映画である。

フォレスト・ガンプ/一期一会
10

フォレスト・ガンプ 最高な映画です。

仕事先の先輩におすすめされてトム・ハンクス主演の「フォレスト・ガンプ」(映画)を見ました。
トム・ハンクスが主演として出ている映画の中でトップと言っても過言ではない映画です。
そんなに面白いの?と紹介されたときは半信半疑でした。
実際に見てしまうと、どんどんトム・ハンクス主演の主人公の生き様に引き込まれてしまい何度も涙を流してしまいました。
トム・ハンクスの純真さ、素直さ、真っ直ぐさに本当に感動し、トム・ハンクスのように生きたいと感じます。本当に名作中の名作です。
主演のトム・ハンクスは知的障害があり、周りの人に小さいころから馬鹿にされ過ごしていました。
ですが人からもらったアドバイスを信じて、それを愚直にずーっと行っている姿に本当に感動です。
人を疑う生き方ではなく、人を信じていく生き方が本当にかっこいいです。
主演のトム・ハンクスのように現実を生きることができれば絶対うまくいく、人の心を打ち周りを巻き込み、周りの人たちを笑顔にしていくことができると思っています。
まだフォレスト・ガンプを見ていない人がいたらいますぐにDVDを借りに行き見たほうが良いと思います。
主人公の純真さに、素直さ、真っ直ぐさを学び自身の生き方を見直すきっかけになります。

フォレスト・ガンプ/一期一会
9

フォレスト・ガンプ 映画のススメ

「フォレスト・ガンプ」タイトルになっているこの名前は知的障害を持つ男の子の名前。
この映画はフォレストという男の子の半生を描いた作品です。
トム・ハンクス、ロビン・ライトといった俳優陣を一躍有名にした作品であり、映画史にのこる大傑作です!

1.あらすじ
トム・ハンクス演じるフォレストは、ロビン・ライト演じる、ジェニーと小学校の頃からずーっとなかよしでした。
知的障害を持つフォレストに優しく接してくれる、ジェニーに彼は恋心を感じていくのです。
しかし、フォレスト、ジェニーの数奇な運命により、彼らは幾度となく離れ離れになってしまいます。
時には、フォレストはベトナム戦争に参加し、またある時には地元でエビの漁師をして大儲け。
彼の母親は活躍を喜びます。しかし、彼の心のなかではいつもジェニーを思っているのです。
フォレストの願いは叶うのでしょうか。ここからはネタバレしちゃうともったいない!
映画を是非!ご覧ください。

2.みどころ
・アメリカ社会の描写
50年代アメリカは激動そのもの。
ケネディ大統領をはじめとする著名人の暗殺騒動、ベトナム戦争、それに続く反戦運動などなど。
もちろんガンプにはそれらに対する興味など全くありませんから、映画ないでも冷静な視点で描写されているのです。
とはいえ歴史的な資料としても楽しいのではないでしょうか。作中には、あんな人やこんな人とガンプが共演するシーンも?おすすめです。

・愛のカタチ
激動の運命によって引き裂かれていくフォレストとジェニー。
フォレストのひたむきな姿とは裏腹にジェニーのチャランポランさには腹を立ててしまう人もいるでしょう。
しかし、この2人の絆はちょっとやそっとのことではきれないのです。
最後のシーン。
私たちは、ジェニーの病床でフォレストにかけた言葉ではっとさせられます。
本当の愛とはなにか、と考えさせられる映画です。

いかがでしたか?
少しでも興味をひかれたそこのアナタ!是非「フォレスト・ガンプ/一期一会」を観てください!

フォレスト・ガンプ/一期一会
10

あなたの人生を楽にする映画『フォレスト・ガンプ』

トム・ハンクス主演の『フォレスト・ガンプ/一期一会』。1994年に公開され、1995年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞を受賞した、今でも語り継がれる、名作中の名作です。

「人生が思い通りにいかない」、「どうすれば、幸せな人生が送れるんだろう?」
そのように悩んでいる方の気持ちをスーッと楽にしてくれる映画です。

冒頭は、トム・ハンクス演じる主人公フォレスト・ガンプの「人生はチョコレートの箱みたい。食べるまで中身はわからない」という言葉から始まります。

その言葉の通り、フォレスト・ガンプの人生は「行き当たりばったり」そのものです。

フォレスト・ガンプは、幼少の頃から知能が低く、いじめにもあっていました。ですが、純粋で真っ直ぐな心を持ち、頭を使わない単純な作業が得意だったガンプは、その才能で次々と人生を切り開いていきます。

目の前のやりたいことに没頭していたフォレストは、望んではないけれど、富と名声をいつの間にか手に入れます。
しかし、フォレストがずっと大切に思っていた女性とはすれ違いばかりでした。

純真で一途で、ちょっと知能の低い、かわいらしい姿にきっと心が救われることでしょう。
『フォレスト・ガンプ/一期一会』は、あなたに
・真っ直ぐな気持ちの大切さ
・人を思う気持ちの尊さ
などを思い出させてくれます。

ぜひ、一度ご覧ください。