キン肉マン / Kinnikuman

キン肉マン / Kinnikumanのレビュー・評価・感想

レビューを書く
キン肉マン / Kinnikuman
10

友情・正義・愛を学べる熱き男達の物語

1980年代に週刊少年ジャンプで大ヒット連載した人気作品です。アニメ化にもなり、キン肉マンに出てくる登場人物達を形どった「キン肉マン消しゴム」は子供達の間で大ヒットしました。また、キン肉マンは牛丼が大好きで、この作品の影響で吉野家の牛丼がよりメジャーになり売り上げに大きく貢献されました。

この作品は、キン肉星の王子であるキン肉スグルが、お供のミート君と共に地球に送られキン肉星の王にふさわしい人物になるべく修行をする物語です。主人公キン肉スグルが、地球で多くの超人達とプロレスで戦い、友情というものを学び、心も体も強くなっていく涙なくしては読めない心を打たれる作品です。最初は、逃げ腰で弱弱しい姿が、漫画の中で描かれていいますが敵達との戦いを通して逞しく勇ましくなっていく姿は、本当にかっこいいです。ここまで、熱い男達の友情を描いてる作品はなかなかありません。最初は、敵だった相手がキン肉スグルの人柄に心を打たれ仲間となり、共に正義超人として悪行超人達に果敢に立ち向かっていきます。キン肉マンは、ピンチに追い込まれ負けてしまうような状況でも絶対に諦めず「火事場のくそ力」で必ず、奇跡の逆転ファイトをして必ず敵を倒します。大人でも、友情というものを改めて認識させてくれる深い作品です。

キン肉マン / Kinnikuman
6

キン肉星王位争奪編

週刊少年ジャンプ連載のゆでたまご原作の同名漫画のアニメ化作品第2弾で、1期から約5年ぶりの1991年10月から1992年9月にかけて放送されました。
原作の最終章にあたる「キン肉星王位争奪編」の本格的な映像化となり、タイトル通り、キン肉マンとキン肉星の王位をかけて「運命の5王子」が激闘を繰り広げる内容となって、キン肉マンことスグルの兄であるキン肉マンソルジャーことキン肉アタルや本作最大の敵となるキン肉マンスーパーフェニックスなど、人気の高いライバル達の登場もみどころとなっています。
1期から5年のブランクが挟まれているためか、キン肉マンとミート君以外のキャラクターの声優は一新されていて、1期のギャグ担当(時間稼ぎ?笑)だった五分刈刑事やキン骨おばばの存在がなかった事にされていたり、ストーリーが進むにつれてギャグ描写は減り、ハードな戦闘シーンが印象に残る作風になっていきます。とはいえ黄金のマスク編で普通に敵として倒されていたザ・ニンジャが特に説明もなく復活してレギュラーキャラみたいな立ち位置になっちたり、原作では顔みせ程度の扱いだった超人閻魔が黒幕だったりと、キン肉マンらしいツッコミを入れたくなる要素は満載だったりしますが(笑)。また、1期が86年と昭和の作品だったので、本作は平成最初のキン肉マンと呼べるかもしれません。

キン肉マン / Kinnikuman
7

タイトルなし

1983年よりTV放送されたゆでたまご原作の漫画作品。長いジャンプ史の中でもドラゴンボールに匹敵するほど一世を風靡した作品として有名です。
キン肉星の王子ながらも地球に捨てられ、落ちこぼれ超人として不遇の日々を過ごしてきたキン肉マンこと、スグルが数々の超人たちとの戦いを経て立派な正義超人となっていく王道ストーリーで、実際のプロレスを用いた数々の技の描写や、戦いを通じて敵だった超人とも友情を築き上げるその後のジャンプ漫画においてもお馴染みとなる展開が特徴です。
私自身知名度の高さは知っていたのですが、プロレス漫画だとばかり思っていたらアニメ開始当初は怪獣退治ものというウルトラマンのパロディ的な始まり方だった事に若干カルチャーショックを覚えてしまいましたが(笑)。また、キン肉マンでは有名な話ですがストーリーの辻褄の合わない後付け設定が大量に見受けられたのも原作者のゆでたまご氏にしてみれば「ツッコミ所が多い方が会話も弾むし話題性になる」と意図的にやっていて判りますが、原作付きアニメの宿命ゆえかモブキャラ達が要所要所でコントを繰り広げる明らかな引き延ばしや(笑)終盤のオリジナル展開の雑な展開など気になる要素はあるのですが、それを感じさせない時代とパワーを感じさせます。

キン肉マン / Kinnikuman
8

火事場のくそ力と友情パワー!

主人公キン肉マンはいつも間抜けで弱いのですが、いざと言うときにはとても強くなります。
小さい頃何気に観ていましたが、今思えばこの漫画からもなにかしら影響を受けているように思われます。例えばですけど、何か困った時や悩んだ時にはキン肉マンの火事場のくそ力を思いだし、その問題を解決してきたような気がします。
勿論、スポーツなどしている時は特にそういった場面は多々ありました。また個人的にはスポーツジムにも通っていましたので、ラスト1回の運動の時もよく火事場のくそ力を思い出したことを覚えています。
そして、キン肉マンと言えばもうひとつ大きな物があります。それは、友情パワーです。キン肉マンはいつも強い悪魔超人と戦っているのですが、よくピンチに見舞われます。その時に発動するのが火事場のくそ力なのですが、時にはそれでもダメなときがあります。すると、そんな時 リングサイドから同じ正義超人が声をかけてくれます。その度にキン肉マンは友情の名の元に再び立ち上がるのです。その姿はとても格好よく、誰もが真似をしたくなるようなシーンです。そんな友情パワーというのは現代の人間社会にも通じる何かがあると思われます。格好いいぞキン肉マン。