マトリックス / MATRIX

マトリックス / MATRIXのレビュー・評価・感想

レビューを書く
マトリックス / MATRIX
8

マトリックスの感想

この映画は実際の空間と仮想(バーチャル)の空間を行き来するところがポイントです。
バーチャルの世界には肉体は行かないけれども、バーチャルの世界で怪我をすれば実際の肉体にも影響があります。
主人公たちに敵対している側もまた、バーチャルの世界にも存在して、そこでも対決を展開します。
この2つの世界には過去未来があり、さらに作中の現実世界の設定は現代よりもはるか未来の時代となっています。この複雑な世界設定が、面白いという評価と面白くないという評価に分かれてしまう要因だと思います。
しかし頭をフル回転させて映画を観ることが好きな方や、そもそも映画とはのんびり観るものじゃないという考えの方には合っている作品だと思います。ざっくり言えばコンピューターと人間の戦いをこのような方法で表現しているのかも知れません。
そうなると、現代版のターミネーターとも言えるかもしれません。しかしターミネーターとは違って、もっとソフトウェア的な要素が入っています。時間軸の移動ではなく、バーチャルな空間への移動であることや、敵が金属的な物体でありながら、仮想現実として人間的なバトルアクションをすることなど、より現代にあった設定といえます。
頭脳をフル回転させて展開について行くことで、充実した時間を過ごせる映画です。