るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshinのレビュー・評価・感想

レビューを書く
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
10

ストーリーも面白いが、それ以上に魅力がある漫画

ドラゴンボール等に代表される少年ジャンプ王道のバトル漫画に分類されるが、ストーリーの面白さ以上に2つ魅力があると思う。一つは、過去の罪に苛まれながらも逃げずに「自分の目に留まる弱い人たちを守る」、「人を殺さない」という主人公の剣心の信念を貫く生き方である。それは、非常に心を打つものがあり、明治政府という権力から誘われても、それに媚びることなく、難しいけれどもこのように生きたい、生きなければならないと思わされた。もう一つは史実の事件や人物(赤報隊事件、新選組隊士など)が数多く登場するので、それらに興味を持てるようになること。自分もそれまでは歴史小説なんてもっと大人が読むものと思っていたが、「るろうに剣心」を読むことで、歴史に興味を持つようになった。登場する事件や人物に関連する小説を読んだり調べるようになって、今ではそれが趣味の一つとなり、教養となっている。また、明治維新は教科書では賛美されているが、裏側の負の側面があることや、今の政治家と同じで賄賂等、政治腐敗している明治時代の一面を見られるのもいい点だと思う。歴史に興味がなくても、王道のバトル漫画で非常に取っつきやすいので、自分の子供が漫画を読むような年齢になったら読ませてみたい漫画の一つである。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
9

明治維新時代にかつての剣豪たちが争うバトル漫画

るろうに剣心は日本刀を使ったジャンプのバトル漫画で絵やストーリー、キャラクターが魅力的です。
特に魅力的なのはキャラクターで、主人公の剣心を含め蒼師や斎藤一、はては敵キャラである宗次郎や志々雄真実などかなり惹かれるキャラクターが多いのが特徴的です。その中でもオススメなのは志々雄真実で悪役の中の悪役といったキャラクターであり、自分のかつての経験から信念を持って行動しており、敵でありながらかなり惹かれてしまいます。1番魅力的なのは古傷から満足に戦うことができない体でありながら、剣心一行と戦い、圧倒的な力でなぎ倒していく様子は作中最強といっても過言ではなく、唯一剣心がまともに倒せなかった敵であるという凄まじいキャラクターです。
そしてその仲間である宗次郎も剣心とほぼ互角、ギリギリ剣心が勝つほどの実力を持っています。剣心との戦いを通して改心し、志々雄との関係を断つシーンはかなり見ものです。そして主人公の剣心は、自分の信念を守るために何度も壁を乗り越えていき、仲間と共に先に進む姿は流石主人公といえます。ストーリーもグダグタせずにテンポ良く進み、かなり面白い内容です。読んだことがない人は一度は読んだ方が良い作品でオススメです。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
10

映画化もされた

るろうに剣心は佐藤健が主演し、映画化もされたほど人気のまんがです。1990年代を代表する作品の1つです。
自分も当時小学生でかなりハマっていました。最初にタイトルの「るろうに」って何だ?というところに興味を持ち読み始めたのがきっかけでした。主人公の「緋村剣心」が訳ありな過去を持っていてその過去に縛られながら生きているのですが、ある女性と出会ってその過去を乗り越えようとしていきます。途中仲間も増え、一緒にその過去を乗り越えていきます。仲間や登場人物のクセもかなり強く、剣心だけでなくサブキャラが好きという人も多いです。
劇中色々な技(剣技)も出てくるのですが、新しい技を会得して実戦で使ったりしています。自分が小学生だった当時は学校でみんなで真似をして傘を持ち、結局傘を破壊して母親に叱られたこともよくありました。真似をしたくなるほどのめり込み、面白かった作品とも言えます。
中でも一番好きだったのは、剣心の仲間(ライバル)の斎藤一の牙突です。牙突の中にも壱式や弍式など種類もあり、零式と言われる牙突の中の最強の技がとても好きでした。
最後の戦いが終わった後、剣心は自分の剣を若い弥彦に譲ります。そして月日が流れていき、自分の想いや意志を後世に伝えていくような終わりがとても印象的でした。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
10

るろうに剣心・剣心がカッコいい。オススメマンガ。

るろうに剣心は、明治時代初期が舞台の物語です。
明治維新で人斬り抜刀斎として人を殺していた過去を持つ緋村剣心が、目の前の人を助けるためだけに不殺の誓いを持って戦うストーリーです。

東京編は相楽左之助、刃衛、四乃森蒼紫などと戦う話です。
戦いが続きつつも、仲間との暮らしが続く中、最強の敵、志々雄真実が日本を征服しようとたくらみます。
剣心は東京の暮らしを捨て、京都に。ここでのヒロイン薫との別れが強く印象に残っています。もう二人が会うことはないと思わせる表現で、二度と戻れないという悲しさを感じました。
そして志々雄と部下の十本刀たちとの戦いがはじまります。
さまざまな苦難を越え、最後の志々雄との一騎打ち。この戦いはかなり熱かったです。
蒼紫、瀬田宗次郎との戦いで、かなり疲弊している剣心。志々雄の攻撃で気を失います。そこで斎藤一、左之助、蒼紫が助けにきますが、みな満身創痍で、やられてしまう。しかしその時間で、剣心は目を覚ます。ここからが熱いです。
飛天御剣流の技を連撃する。龍槌翔閃、龍巻閃・凩・旋・嵐、そして九頭龍閃。ここまで大苦戦していたのでかなりの爽快感です。
最終的に志々雄は限界を超えて人体発火を起こして死んでしまう。
ここで思ったのは、剣心、間接的に志々雄を殺してない?ということですが、ないことにします。
志々雄の事件が終わったと思ったのもつかの間、新たな敵が来ます。
剣心の設定上さけて通れない、人斬りとしての過去。剣心への恨みを持ち、人誅として剣心を殺そうとする敵たち。
ここで少し残念なのが、人誅の敵の半分くらいが、ただの悪者だったことです。
ここで全員剣心に憎しみを持っていたら、物語がもっと深くなったと思います。少年漫画ではしょうがないかもしれないですが。
ここから衝撃的な展開になっていきます。剣心が持つ償いきれない罪。そこからどう向き合うのか。
少年漫画では数少ない、善悪では測れない罪との葛藤。
こういう人間ドラマあふれるバトルマンガが好きです。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
8

おススメ

私が小学生の時に少年ジャンプで連載していた。子ども達の間ですごい流行った。真剣勝負が多く、マネしてよく友達同士で技をかけあったりしていた。近くに道場がなかったので通わなかったが、主人公の剣心に憧れて剣道を学びたいと一時期思っていた。

キャラクターそれぞれにしっかり個性があり、キャラの深みがある。最後の終わり方は少し物足りない部分もあったが、少年ジャンプの黄金期に携わった作品の一つだと思う。

以後、作者の作品は数回少年ジャンプで連載されているが、今でも読むべき作品だ!!!!と人におススメできるのはこの作品のみだ。

実写映画化もされているため、映画から本作を知った人も多いのではないだろうか。映画では漫画が原案になっており、ところどころツッコミどころもあるが、世界観をよく表現出来ているのではないかと思う。
リアリティが足りない、演技は微妙だったなぁ…等、欲を言えばキリがないが、それらを差し引いてもかなり面白かった。

映像や編集のお蔭もあると思うが、殺陣はスピード感も迫力もあり見事だった。

脇を固める役者陣も豪華で、それほど目立った役ではなかったが、綾野剛さんや須藤元気さんも良い感じだった。
それなりの年齢の高い方もいたが、全くそのようなものもを感じさせず、とても魅力的だった。
続編も楽しみだ。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
10

映画版るろうに剣心

アクションが宙を舞ったり、1対多数での殺陣があって、とにかく凄い。橋の上や、館の中での数々の剣技によるアクションは、実写映画で見ると、かなり迫力があります。
私自身、るろうに剣心がマンガ、アニメともに大好きですが、シリーズの最高傑作ではないかと思っています。アクション以外でも、剣心の赤い髪がコスプレ感なく、綺麗に仕上がって居るのにとても感動しました。セットも、神谷道場や観柳邸、街並みがとてもリアルに再現されており、るろ剣ファンとしては、とても感激しました。ガトリングガンや剣心の逆刃刀も、とてもリアルに再現されており、見た瞬間、その時代に引き込まれるようでした。ガトリングガンの威力の再現度も原作を超えており、それの是否はさておき、戦争物の映画が好きな人にはとてもおすすめ出来る映画です。
他にも、ストーリーが原作に忠実ながらも、何話かミックスされていて、とてもオリジナリティーがあって、とても面白い作品です。
また、内容が、初めて見る人でもとても引き込まれるような内容になっており、とても見ごたえがあります。
登場人物も、原作に沿った人物で、キャストも原作に似た人ばかりで、原作ファンには嬉しい内容になっています。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
7

明治時代を舞台にしたド派手バトル漫画

バトル描写がとても見やすくて良いです。
意外と誤解されていますが、この作品は幕末の話ではなく維新後の明治時代のお話です。またエピソードごとに読む人の好みが大分別れる漫画なのではないかと思います。

東京編(〜2巻)は若干退屈ですが、どうしても読み飛ばせないエピソードです。
御庭番衆編(3、4巻)は初めての中編エピソード、かつシリアスなエピソードです。その後深く関わってくるライバルキャラも登場します。
雷十太編(5、6巻)正直読み飛ばしても問題ないエピソード。敵キャラが少しがっかりです。
京都編(7〜17巻)は初の長編エピソードで人気があります。バトル描写も一番派手で敵も強く、日本の命運をかけたバトルと戦いの規模も大きいです。
追憶編(18〜21巻)は謎が多い主人公の過去と贖罪に迫ったエピソード。少し暗いです。

歴史上の人物とオリジナルキャラクター、明治維新というノンフィクションとフィクションがバランスよく盛り込まれていて、とても面白いと思います。
自分は子どもの頃に読んで、赤報隊や廃仏毀釈など、なかなか教科書では出てこない維新の事実をこの作品で知りました。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- / るろ剣 / Samurai X / Rurouni Kenshin
10

漫画を読んで歴史が好きにる

るろうに剣心は明治時代のお話です。フィクションですが、大久保利通、山県有朋、新撰組の鵜堂刃衛、斉藤一、沖田総司、赤報隊、御庭番衆、長州の桂小五郎など、実際に存在した歴史上の人物が出てきます。

話は明治11年、主人公の緋村剣心とヒロインの神谷薫が出会うところから始まり、そこから剣心の人柄にひかれ仲間が増えていき、江戸時代最強の人斬りとして名の知れていた剣心が戦いに巻きこれていきます。
戦いの中に出てくる剣心の使う飛天御剣流の技の数々も魅力的です。
また人斬り抜刀斎の剣心がもう二度と人を斬らず人を守ると誓った逆刃刀、剣心の左頬についてる十字の傷の秘密のシーンは感動します。
漫画に出てくるキャラクターも魅力的です。
人気作でもあるのでアニメ化、映画化もされているのでそちらを先に観てから漫画を読むのもいいかもしれません。アニメと漫画で違うシーンもあります。

『剣心秘伝』という本も出版されていて、そこにはキャラクターの身長、体重、誕生日、血液型など漫画の内容をまとめたことが書かれていて、更に剣心が生まれてから明治11年まで実際におきた歴史の出来事の年表まで細かく載っています。剣心ファンにはオススメです。