KinKi Kids

KinKi Kidsのレビュー・評価・感想

レビューを書く
KinKi Kids
10

尖った個性の融合

KinKi Kidsはジャニーズ事務所に所属する2人組で、番組では仲良く息のあったトークや歌を披露しているが、2人の得意分野は全く違うものである。堂本光一は舞台での活躍が目立ち、長年主演を務めている「Endless SHOCK」は日本一チケットの取れない舞台と言われている。堂本剛はミュージシャンとしての活躍が目立ち、自身の音楽制作や楽曲提供など音楽面で幅広く活動している。この活動領域が全く違うKinKi Kids。方向性の違いから解散説が囁かれることもあったが、年を重ねるほど2人の個性を活かしたKinKi Kidsに進化してきた。一例として2016年に発表した「薔薇と太陽」という楽曲を紹介したい。この楽曲はまさに2人の個性をふんだんに使っていると言えるだろう。普通ジャニーズの楽曲と言えばメンバー全員が歌って揃ったダンスを披露する姿が思い浮かぶ。しかしこの「薔薇と太陽」は堂本剛はギターを弾きながら、堂本光一は踊りながら2人で歌う楽曲となっている。今までのジャニーズのイメージを払拭したパフォーマンスは常に進化を続け、全員が素晴らしい個性をもつKinKi Kidsならではであった。お互いがもつ尖った個性を上手く合わせて1つの新しい「KinKi Kids」という個性を生み出す。これからもたくさん生まれるであろうKinKi Kidsの新しい一面が楽しみだ。

KinKi Kids
10

人気の理由が身に沁みて分かりました。

平成に入ってすぐから海外移住していて、平成に日本で流行っていた音楽やドラマすべては全く分からず、最近まで浦島太郎状態でした。

そんな私が、つい数週間前に見た堂本剛さんのドラマの主題歌からKinKi Kidsがとても気になり、Youtubeで探して聞き始めてから、もう本当に物凄くハマってしまいました。ジャニーズとか、アイドルとかそんなカテゴリーは吹っ飛んでしまう歌唱力、声の良さ、曲の良さ、踊りの上手さで、大ファンになってしまいました。それからCDを買いまくり、毎日KinKi Kidsばかり聴いています。

海外の音楽好きが高じて移住した位なので、元々洋楽ばかり聴いていた私が、こんなに日本の音楽を好きになるとは予想も想像もしていませんでした。自分でもビックリです。

特に堂本剛さんの声がめちゃくちゃ良いです。心の奥底をぐっと掴んで離さないような、もう何とも魅力的な美声。それに、表現力もハンパなく、それに歌唱力も声量も伴っているのですから、無敵だなと思いました。

加えて、人間的魅力も凄い。ルックスだけじゃない、才能の宝庫だという事をひしひしと感じます。

ギネス世界記録更新中であり、私のように今からファンになる、しかも若い世代のファンをも新たに獲得しているKinKi Kidsの凄さがやっと分かって、もっと早く知りたかった…と心の底から思っています。