スーパーロボット大戦T

スーパーロボット大戦Tのレビュー・評価・感想

レビューを書く
スーパーロボット大戦T
9

難易度もそこまで高くない

20年以上の歴史を持つスーパーロボット大戦シリーズですが、スパロボTの一番驚かされた要素というのはやはり過去に例を見ないような新規参戦作品にあると考えます。
要望は多かったにも拘わらず参戦できないのでは思われていた魔法騎士レイアース参戦はもちろんのこと、携帯機参戦でとどまっていたガンxソードや、およそジャンルが違うのではと思われていた、カウボーイビバップや、楽園追放など、実際にPVを見てた時には正直心が躍りました。
今作はPlaystation4並びにニンテンドースイッチでの発売となりました。前者は据え置きで遊べるうえにPS4本体にMP3データを取り込みゲーム内で使用できるという事の他にトロフィー制度があって、スイッチ版ではそういう要素はなくやはり一番の利点は持ち運びがしやすくどこででも遊べるというのが大きいと言えるでしょう。なので、PS4版のようなやりこみ要素等に拘る方はそちらを購入し、寝転びながらのびのびと遊びたい方はスイッチの方がおすすめです。
今作での強ユニットは様々な候補がおります。真っ先に取り上げられるのがGガンダムと言えるでしょう。前半からバリバリ活躍できる上に基礎攻撃力が高く、ストーリーを進めていくうちにどんどん強くなっていくので本当に最初から最後まで使用できるという点において強いと思います。その他にもガンバスターが相も変わらず強い。というのも近接戦闘はもちろんですが、マップ兵器のホーミングレーザーによる敵部隊殲滅が一番の強みだと感じました。慣れてる方からすると1マップ平均で3~5ターン内でクリアするものだと思いますが、ゴールドエンブレム等を装備し、なおかつサポーターコマンドの資金回収さらには精神コマンドの祝福、Exアクションのマルチアクションなどを併用していけばガンバスター単騎で敵部隊の大半を一瞬にして殲滅できることでしょう。スパイクの駆るソードフィッシュⅡもまた、本人の特殊スキルもさることながら、100%まで強化すれば、敵の攻撃はひょいひょいとかわせる、近距離から遠距離の敵まで幅広く撃墜できたり、削れたりできるのでその様がマクロスプラスのゴーストを彷彿とさせるほどでした。精神コマンドの不屈もあるので一撃で落とされるという事もないでしょう。
他にも沢山良機体はありますが、やはり一番強いと思えたのが真ゲッタードラゴンだったのではと感じました。真ゲッターからストーリーの後半で乗り換える事になる機体なのですが、Gガンダム並みあるいはそれ以上と思えるほどの文字通り怪物じみた攻撃力、強ボスを一撃で落とす上でのパイロット達の豊富な精神コマンド、正直ラスボスであった、ダイガイアンも下手をすれば極限まで強化したドラゴンのみで撃墜できるのではと思えるほど非常に頼もしい機体だったと思います。ちなみに1軍ではないですが、マップ上にいると非常にありがたいキャラも多数おり、特に後半の最短マップ攻略をする上で必要になってくる精神コマンドが「期待」や「補給」、「激励」等です。まずレギュラーでSPアップなどもつけれて激励を使える人というのが柿小路とエルだったので、初っ端から味方機の気力を上げたいならば彼らの存在は不可欠といえるでしょう。また「期待」を使えるファやイーグル、ハマーン等です。彼らを推す理由はやはり先ほどと同じでSP回復やSPアップなど習得できるという点にあります。最後に「補給」ですが、実際使えるキャラは様々いる中で一番良しと思えたのがイーノでした。このコマンドを使えるキャラは他にはサブパイロットに位置する者ばかりでイーノはさらに期待も覚えるので最短マップ攻略をする上で彼らの存在は非常に大きなものとなりました。スパロボをまだ遊んだことがない、興味はあるけれどどれをやっていいかわからない。初心者の方でありがちな悩みだと思いますが、結論から言うと好きな参戦作品が入ってるスパロボをお手に取ってみるのがよい思います。そこからスパロボに興味を持ち色々とやってみればいいだけであって、第一歩は皆さんそんな感じだと思います。スパロボT自体も過去の作品と比べると難易度もそこまで高いとは思えませんでしたし、Tを初スパロボにしてこのゲームがどういう作品なのか実際にプレイして楽しんでください。