ラフ

ラフのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ラフ
8

あだち充の面白さについて。

あだち充の漫画は基本的に同じような設定のラブコメが多いですが、中では一番好きな漫画です。
『タッチ』や『H2』のように野球が舞台の作品が断然多い中で、水泳の世界を描いた今作は当時としてはなかなか新鮮だった気がします。絵のタッチはH2に似ているでしょうか。とてもバランスの取れた作品だと思います。この頃のキャラクターの模写は結構描きました。これはすべての作品に言えることかもしれませんが、有言実行がもてはやされる昨今では珍しく、あだち充の描く人物像は本人にはバレないように、決して恩着せがましさを感じさせないような男気の表現が多いです。簡単な言葉でいうと粋な奴ですね。本当の優しさという表現が正しいかどうかはわかりませんが、そういう友達や恋人がいたらそれは素敵だと思いますね。メインキャラクターである大和圭介、二ノ宮亜美、仲西弘樹の3人にも勿論、その精神は受け継がれています。それぞれがそれぞれの思いを尊重し、自分の立場を考えて行動しすぎるために様々なドラマが生まれます。自分本位で動く人間ばかりを描いたのであれば、ここまでの人気は出なかったと思うし、物語として成立しないと思います。自分を振り返る機会を与えてくれたという意味でも感慨深い作品でした。