酔拳2

酔拳2のレビュー・評価・感想

レビューを書く
酔拳2
7

ジャッキーチェン好きは必ず見るべき作品

私はジャッキー・チェンが大好きで、そのきっかけとなった作品が小学3年生の時に金曜ロードショーで見たこの酔拳2です。それまでの私はアニメしか見ておらず、実写の人間があんな動きをするなんて思わず、とても感動していたのを覚えています。あんな早い蹴りやパンチにアクロバット、そして酔拳というヨロヨロしながらも悪党を倒す様がいちいちかっこよく、惹かれてしまいました。

ジャッキーチェン扮するフォン・フェイホンは街から買ってきた薬品を税関逃れのために隠し持って脱税を働きます。その薬品が見つかりそうになったり、厳格な父親に叱られたり、ハラハラさせられるシーンも上手く共感できて楽しめました。悪党の中国の国賓を海外に売り飛ばそうとする悪巧みを知ったフォン・フェイホンはその計画を阻止しようと仲間たちと立ち向かいます。その仲間とのチームプレイの立ち回りを素早くそして鮮やかでカッコ良かったです。その国賓はフォン・フェイホンの先輩が悪党に殺されて奪われた国賓なのです。それを許すまじと立ち向かうフェイホンの姿とラストの立ち回りのシーンは自然と応援してしまいました。そしてジャッキーチェン映画に欠かしてならないのが体当たりなアクション。この映画でも高熱の石炭?に蹴り落とされるシーンは痛さがリアルに伝わり楽しませてもらいました。