珍遊記

珍遊記のレビュー・評価・感想

レビューを書く
珍遊記
1

最低すぎる映画すぎワロタ

漫★画太郎先生原作をまさかの実写映画化。
漫★画太郎先生のところで御察しであり、漫★画太郎先生の酷さを味わう為に存在している映画であり、それを甘んじて受け入れられない人は「死」を意味します。それだけです。それ以上の言葉なんてこの映画には必要はありません。
俳優も1流の俳優を使い、宣伝もお金を結構使ったと思います。全ては「糞」の為、そうそのために費やされたのです。女も子供も関係なく全ては「糞」になりました。糞オブ糞。いえ、それの上に吐瀉物をぶちまけたかのようなもの。
酷い映画としてよく取り上げられるのが「デビルマン」の実写版ですが、それと双璧だと誰もが素直にそう感じ取れる出来になっております。幼稚で映像もコンセプトもなにもかもが最初から酷さありきだという点では「デビルマン」にはそれがなかったので、原作レイパーとしては「デビルマン」に軍配があがるところです。原作を全巻愛読した人のみが、笑みを浮かぶことができますが、レベルとしては「うんこちんちん」で爆笑する子供レベルであることは忘れてはいけません。「うんこちんちん」でいつまでも大爆笑していられる人間でいられるのは難しいんだな。原作を遥か昔に読んで笑っていた私はそう感じました。ほんとうにありがとうございました。