ゴッホ 最期の手紙

ゴッホ 最期の手紙のレビュー・評価・感想

レビューを書く
ゴッホ 最期の手紙
9

こんな映画観たことない!

ゴッホについても、この映画についても何の予備知識情報もなく、パソコン上で見始めたのですが、見終わった後に映画館で観たかった…!と後悔してしまう作品でした。
まず、この作品は実写映画でゴッホの人生を描いたものではなく、実写で撮った映像を、世界中のアーティストたちがゴッホの絵を真似て手描きで描いた絵による映像なのです。オープニングだけこういうテイストなのかな?と思っていたら、最後まで絵による映像だったのには驚きました。まるで絵画がそのまま、ベタベタニュルニュルとと動き回っているようなタッチに感動とドキドキが終始収まりません。
映像だけを見ていても十分に楽しめるのですが、物語としてもとても面白いです。ゴッホはなぜ自殺したのか?最後の手紙は、誰に届ければいいのか?と、まるでゲームのミッションをひとつひとつ解き明かしていくような物語の展開でにわくわくします。いったい何が真実なのか?嘘をついているのは誰なのか?など、どんどん物語にのめり込んでいってしまいます。さらに良かったのはエンディング、ゴッホの絵とともに物語の登場人物が紹介されることで、本当に実在していた人物だったのか、と人物像がより浮かび上がってきます。ゴッホについて全く知らずに観ても問題なく面白く、興味深い映画ですが、ゴッホの絵について知っている方はより楽しめるかもしれません。