デビル メイ クライ5 / Devil May Cry 5 / DMC5

デビル メイ クライ5 / Devil May Cry 5 / DMC5のレビュー・評価・感想

レビューを書く
デビル メイ クライ5 / Devil May Cry 5 / DMC5
9

シリーズユーザーも大満足

CAPCOMが贈る3Dアクションゲームの金字塔『デビルメイクライ』の最新作。
前作DMC4SEが面白かったので購入しましたが、前作を超える面白さで大満足です。前作から大幅にキャラクターのアクションが増え、特に主人公のネロは今までなかったチャージ攻撃や空中突進攻撃、そして義手である『デビルブレイカー』でアクションの幅が大幅に広がりました。
シリーズ皆勤賞のダンテも、新しい武器と銃を引っ提げて登場。前作で不満の多かった火力不足が解消され、全体的に火力が上昇、更にリアルタイムスタイルチェンジで使える特殊技も尖った物が多いので使い込み甲斐のあるキャラに大変貌。どちらも前作の不満点を解消し、ファンの声に応えた形です。
新キャラクターのV(ブイ)は、他の二人とは違って使い魔を使うタイプです。眷属三体を同時に操作する為、慣れるまではかなりの時間を要しますが、慣れた時の楽しさは中々のもの。
更に眷属はデビルメイクライシリーズをプレイしたユーザーならニヤリとする名前ばかりです。
今作はファンサービス旺盛となっていますが、その中でも特に驚愕したのは『3』において魔界に落ち、『1』でネロ・アンジェロに改造されたダンテの双子の兄、バージルの復活です。
海外版の声優や眷属達の名前からV=バージルは予想していたのですが、まさかユリゼンと二人で一つだったとは驚きです。
そしてダンテとバージルの積年の因縁に終止符を打ったのは、バージルの息子であるネロ、これは良い主人公の交代劇でした。
アクションも面白く、シリーズユーザーも大満足のデビルメイクライ5。
過去作をプレイした方も、そうでない方にも本当におススメです。

デビル メイ クライ5 / Devil May Cry 5 / DMC5
9

過去最高のデビルメイクライ!

デビルメイクライ4の発売から11年経ち、やっと発売されたナンバリングタイトル。
今回の主人公は4に続きネロです、しかし、4の時の可愛かったネロではなく、ガチムチ☆イケメンに進化してました(4の頃の方が個人的には好きだった...)。技は4の頃の技+新しい技です、勿論イクシードは使えます。ですがここで悲報、ネロくんデビルブリンガー(悪魔の右腕)を何者かにぶった切られて盗まれてしまいます。もうバスターやスナッチができないんだと悲しみましたよ、しかし武器アーティストを自称するニコという女性がネロの義手を作るんです、しかも義手にはスナッチ機能と様々な特殊能力があり、電気が流れる物からロケットパンチ、しまいには時も止めてしまう物も...色々進化したネロは使っていて一番楽しいです!
デビルメイクライ5の操作キャラは他にも2人いて、デビルメイクライの顔のダンテと、新キャラクターの謎の男Vなんですが..ダンテが爺ンテになってるんですよ!最初はナニコレ感があったんですけどもゲームを進めていく内にかっけえやんって思えるんです。しかも今回の新しい武器は男のロマンであるバイクなんです!轢いてよし!乗ってよし!殴ってよし!のイケメンスタイル。謎の男Vは自ら戦う力はないので悪魔を召喚して戦うんですが、今までと操作が全く違うのでメチャクチャ難しかったです、慣れるまではオート推奨です。
デビルメイクライ5は小説、アニメ、過去ナンバリングのネタが多いので過去作をやっているプレイヤーなら興奮すること間違いなしですね!唯一残念なのはバージルお兄ちゃんなどが使えないことでしたね。それ以外はストーリー、戦闘、演出など最高にスタイリッシュな作品でした!

デビル メイ クライ5 / Devil May Cry 5 / DMC5
8

エリートコントローラで10倍快適!デビクラ5は箱版がオススメ

久々の和製ビッグタイトルがXboxの世界にやってくる!ということで日本の箱ユーザーが軽く泣いて喜んだのが本作、デビルメイクライ5。とはいえちょっと気になることが。前々作「デビルメイクライ4」において、いつ何時も「銃をチャージする」という動作が、特に高難度では必須だったことを覚えておいででしょうか。アレ疲れるんですよね。不自然なコントローラの持ち方をしなきゃならないわけですから。そこでXboxが誇る「エリートコントローラ(以下エリコン)」の出番です。背面パドルボタンに銃撃ボタンをアサインすれば、コントローラを自然に握りながら、中指や薬指で無理なく自然に「タメ」が可能!こいつは快適の一言です。特に今回は銃以外にも「タメ」の操作が多いため、エリコンの背面パドルボタンは大大大活躍してくれます。私はコレでマストダイまで行けました。というか、エリコン無かったら「タメ操作の強要」とも取れる独特の操作性にストレスを感じて、途中でブン投げてたかもしれません。だってそうでしょ、スタイリッシュにプレイできないデビクラなんてご飯のないカレーライスですよ。食べられるけど満足できない、そんな感じ。てなわけで、デビクラやるならXbox、持ってない人は箱ごと買っちゃえ!

デビル メイ クライ5 / Devil May Cry 5 / DMC5
10

約10年ぶりの新作!

前作の「DevilMayCry4」から約10年の時が経ちリリースされたものです。
まず驚くのが映像の進化です。過去の作品も、その時代を考慮すればそれなりに画質は良いほうだと思いますが、今作はHDR、4k対応、60FPSで動きます。ステージの背景、キャラクターの動き、敵の造形などの細かいところまでハッキリと見ることができ、開発者がかなり細かい部分にまでこだわって作っているのが伝わってきます。映像の進化により、次世代のスタイリッシュアクションゲームといっても過言ではない素晴らしい完成度です。
基本的なシステムは前作と同じで、操作方法もほとんど変わらないためすぐにプレイできます。新キャラクターの操作は少し独特ですが、今までのキャラクターとは一味違った戦い方ができます。今作が初めてという人でも、アクションゲームが好きなら絶対に楽しめるはずです。キャンペーンモードの難易度は初心者向けから超上級者向けまで用意されています。アクションゲームが苦手な人はイージーモードでも最後のほうは難しいと思いますが、今作ではあるアイテムを使用するとその場で復活可能なのでごり押しプレイも可能です。戦い方は無限で、ゲーム好きには自信をもってオススメできる素晴らしい作品です。

デビル メイ クライ5 / Devil May Cry 5 / DMC5
10

アクションゲームとしてとても完成されています。

デビルメイクライは最高にかっこいいゲームです。アクションゲームとしてとても完成されています。

メインキャラクターの3人である、「ネロ」、「V」、「ダンテ」を操作しストーリーを進めていくことになります。どのキャラクターにも個性があり操作感覚は全く違います。
ネロは義手を使った派手なアクションが売りとなっています。また自身の武器である「レッドクイーン」と呼ばれる武器には独自の要素があります。それは技の直後にタイミングよくボタンを押すと強化が入ります。タイミングはシビアですがやり込み要素として非常によいです。
Vはテイマーとしての要素が強いです。3体の召喚獣がいます。飛行獣のグリフォン、ネコ型の獣シャドウ、大型獣のナイトメア。特殊ゲージを消費することで大型獣のナイトメアを召喚することが可能です。ナイトメアの攻撃アクションは派手で爽快感があります。V本人は戦闘力が皆無なのでなかなか難しいキャラクターでもあります。
ダンテには戦闘スタイルの切り替えができます。剣主体のソードマスター、銃主体のガンスリンガー、トリッキーな動きが可能になるトリックスターガード主体のロイヤルガード。このスタイルをうまく使いこなすことがダンテを操作するには必要です。やり込みがたくさんの今作ぜひ遊んでいただきたいです。