真・女神転生

真・女神転生のレビュー・評価・感想

レビューを書く
真・女神転生
9

悪魔を使役して戦うRPG

本作は東京が舞台のRPGです。
ある日を境に東京に悪魔が現れ、人に襲いかかってくるようになります。そこに主人公のPCに1通のメールとプログラムが送られてきます。それが「悪魔召喚プログラム」で、これを駆使して主人公は生き延びていきながら様々な登場人物たちと会い、自分のスタンスを決めていきます。
最大の特徴はこのスタンスを決めていくという所で「神の名の下に完全管理社会を目指すロウ」と「悪魔と人間の共存を目指すカオス」、そしてその中間といってもいい調和を大切にするニュートラルのいずれかに属して戦っていくことになります。
この作品が素晴らしい点は他のRPGにありがちな勧善懲悪を廃したところだと思っています。単純に悪魔が悪いから倒さなければならない、神に従うのが良い事であるといったことではなく、プレイヤー自身が何が正しいのかを考えそれを反映させていく事ができます。
人間の生き方、世界の在り方を問うてくる非常に重たいタイトルを突きつけてくるのがこのゲームです。シナリオ以外にも悪魔会話で仲間にした悪魔を合体させて新たな悪魔を仲間とすることができるので非常に奥が深くて面白いです。RPGが好きな方には是非オススメしたい作品です。