そらのレストラン

そらのレストランのレビュー・評価・感想

レビューを書く
そらのレストラン
8

美味しい料理が食べたくなりました

北海道のせたな町で酪農を営んでいる夫婦がメインとして描かれているが、その周辺の人々(主に夫の方の仲間)の心情も描かれている。彼らはつつましくも幸せな日々を送っていた。突然ふらりと町のマルシェにやってきた著名なシェフが、せたな町で生産されている農作物に感銘をうけて、料理を作って主人公夫婦や仲間たちにふるまったところから彼らが1日限りのレストランを開こうと走り出すが…。シェフが登場して物語が大きく動き出していくが、ある出来事により1日限りのレストランの計画自体が中断に追い込まれてしまう。その出来事は主人公夫婦や仲間たちの関係にも影響して、仲睦まじく暮らしていた日常を一変させてしまう。果たして1日限りのレストランは本当に実現することができるのだろうか?実在する人物たちをモデルにした、おいしくて感動する物語。

多々不可解な点はあったが(一番はなぜあんな季節に突然こと絵がせたな町に来たのかということである。大雪で命さえ危ぶまれるときに主人公の一人こと絵はせたな町に初めて訪れたのか?こと絵の過去に何があったのかということは全く作中では描かれておらず謎が残る。乗っていたタクシーの運転手は止めなかったのかなど現実に置き換えてくると不可解な場面はいくつかある)、全体的にみると美しい風景やおいしそうな料理の数々に目を奪われた。
いわゆる「スローライフ」が好きな人は特に好きな映画だと思った。お腹が空いている時に見ると、さらにお腹が空くこと間違いなしなのでおすすめはできない!