フルーツバスケット / フルバ / Fruits Basket

フルーツバスケットとは高屋奈月による少女漫画。1998年から2006年まで白泉社の「花とゆめ」にて連載。2001年にはテレビ東京でアニメ化され、更に2019年にもキャストを変えて再びアニメ化された。原作コミックは全23巻で完結済み。主人公は父親が病死、母親が事故死してしまい孤独となってしまった少女「本田透」。透はひょんなことから高校の同級生の「草摩由希」「草摩夾」と同居することになる。由希と夾は呪いによって女の子に抱き着かれると動物になっていしまうという特殊な体質だった。そんな透と由希、夾を中心としたギャグあり、恋愛あり、シリアスありの青春ストーリー。透は呪いに戸惑いつつも、次第に呪いを解く決意をする。物語前半はギャグ要素多め、後半に行くにつれてだんだん物語はシリアスになっていく。設定は現代の学園ものだが、登場人物が動物になってしまうなどファンタジー要素も含まれている。2009年と2022年の二度にわたり舞台化された。

Tada_no_hitoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
フルーツバスケット / フルバ / Fruits Basket
8

【青春アニメ好き必見】フルーツバスケット

「フルーツバスケット」は1998年から2006年まで連載した大人気少女漫画が原作のアニメ。
実は2001年にテレビ東京系でTVアニメ化されていた。しかし放送当時は連載中で、アニメ続編も作られていなかったが、18年の時を経て、2001年版のキャスト・スタッフを一新して、全編テレビアニメ化。2019年4月よりseason1が放送され、2020年4月よりseason2が放送開始した。
あらすじは本田透は都立海原高校に通う女子高生で唯一の家族だった母親を事故で亡くした。
小山で一人テント暮らしをしていた。しかしそのテントを張った場所は、同級生の草摩由希の一族が所有する土地だった。
何とか敷地内でのテント暮らしを許可してもらおうと交渉していた時、土砂崩れでテントも失ってしまったが、それがきっかけで由希が暮らす同じ一族の草摩紫呉の家に居候することになった。
居候初日、透は草摩一族の秘密を知ってしまう。彼らは代々十二支の物の怪憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまうという体質だった。
草摩一族の体質の謎、透と由希やほかの十二支の物の怪憑きのふれあいなどに注目。
青春アニメ好きな方やファンタジーが好きな方にお勧めのアニメ。