MÚSECA / ミュゼカ

Ks_anarchyさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
MÚSECA / ミュゼカ
10

みんなもミュゼカ、やろう!

アーケードゲームとしてゲームセンターに置かれている音楽ゲームの紹介です。

pop'n musicやGITADORA、Dance Dance Revolutionなど、一度は名前を聞いたことがあるであろうKONAMIのBEMANIシリーズの一つ、MÚSECA。
他の音楽ゲームはガジェットらしいごてごてした外見のものが多く、初心者は初めて手に取りにくいものです。しかし、それらとは違い、折り紙のような白を基調とした一線を画する美しい筐体の見た目。
イラストと音楽が融合した、美しいゲーム体験ができます。ゲームの進行度に応じ描画度が上がっていき、100%になるようにイラストを描いていくゲームです。真っ白なキャンパスに黒い線で枠を書いてから色を付けていきます。イラストも萌え系やネタ系や激しいメカなど多種多様です。

収録曲もどんな人にでも必ず刺さるラインナップです。
ドレミファロンド、だんだん早くなる、ロストワンの号哭、ダブルラリアット、千本桜などのVOCALOID曲。魔理沙は大変なものを盗んでいきました、ナイト・オブ・ナイツ、待チ人ハ来ズ。、天空の花の都、inverted RAINBOW (MÚSECA Ver.)といった東方アレンジ楽曲を収録。
オリジナル曲で言えば、電波ソングや、KAN TAKAHIKOやanubasu-anubasu、Candy Houseなど著名な方々によるHARDSTYLE、PSYQUI、Yunomi feat. nicamoq、Pa's Lam System、colate、PandaBoY、TORIENA、Carpainter(TREKKIE TRAX)、O2i3といった今のEDMシーンで一番の盛り上がりであるfuture bass楽曲など、これまでの音楽ゲームにはなかった方面での有名な方々の曲を多数収録しています。
もちろんYu_Asahina、溝口ゆうま、かめりあ、かねこちはる、ぺのれり、お月様交響曲、こすも8bit、源屋、庭師、よああああ(ああああ+yoa)、モリモリあつし vs. uma、BlackY、yaseta、sky_delta + daph、technoplanet、Noah、kanone feat. せんざい、Daisuke Ohnuma、kanone など音楽ゲームに多数収録されている実力派コンポーザーの曲も収録されています。

音楽ゲームプレイ中は、叩く、踏む、回すの3つの操作が快適かつ爽やかにでき、とても気持ちがいいです。さらに低い難易度の曲はあまり爽快感がないのが音楽ゲームの欠点であり、みなさんもその経験はあるかと思いますが、このゲームでは低難易度でもいいバランスで回すなどの操作が入ってきて初心者でもとても気持ちよくプレイできます。

ゲームセンターで見かけた際は是非、プレイしてみてください。