レインツリーの国

ngc2775さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
レインツリーの国
10

改めて考えさせられる映画

私がこの作品を観るきっかけになったのは、向坂伸行演じる玉森裕太のファンだったからです。最初は、正直作品を観ようと言うより玉森くんを観に行くと言う気持ちで映画館に行ったのですが、時間が進むにつれて、伸行と西内まりやさん演じるひとみの、お互い思い合っているのになかなか分かり合えない気持ちがもやもやし気がつくと作品に夢中でした。西内まりやさん演じるひとみは耳が聞こえなく、家では手話や両親が何を言っているか分かりやすく口を大きく開けて喋り、コミニュケーションを取っています。でも伸行は初めてひとみと会った時、耳が聞こえないと言うことを聞かされておらず、デート中に些細なことで喧嘩になってしまいます。
でも、のちに耳が聞こえないを知り、次会う時はとても紳士に対応します。でも、ひとみは普通の女の子として接して欲しくて耳が聞こえない事を言っていなく、また2人はすれ違ってしまいます。伸行は『なんで?』という感じでしたが、私はひとみの気持ちが少し分かるような気がします。
私は耳が聞こえない訳ではないし、何か身体に不自由な所がある訳ではないですが、自分が嫌だなと思う所やコンプレックスはわざわざ自分から言いたくないです。なので、レベルは全然違いますが気持ちは分かるような気がします。最後はお互い分かり合え、とても良いラストでした。
DVDも買いました。観ると心が暖まるのでたまに見返してます。