乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… / はめふら

takumaさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… / はめふら
9

転生モノの中でも特に面白い「はめふら」

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」略して「はめふら」は普通のちょっとオタクな女子高生がこの長いタイトルの通りに転生してしまった話です。原作は小説で漫画家もされておりアニメにもなっています。どのメディアも好評でどれから観始めても大丈夫です。乙女ゲームの世界にておでこを打ったことがきっかけで悪役令嬢に転生したことをカタリナ(転生後の名前)は知り、まだ自分が幼いならば乙女ゲームの設定年齢になる前に破滅フラグを回避しようと奮闘します。しかし自分が動かないうちに破滅フラグに繋がるキャラクターたちがどんどん出てきます。破滅フラグを回避するためにカタリナは行動しますが無自覚で人をたらしこむ天性の人たらしであるため、登場キャラクターたちをどんどん魅了していきます。そして乙女ゲームの設定年齢となり学園に通うことになった彼女は本番とばかりに気合を入れて破滅フラグに対抗します。
乙女ゲームの世界が舞台とはいえ決してストーリーが陳腐にはなっていません。ギャグよりのエピソードが多いですが例えばカタリナの周りに出てくる破滅フラグに繋がるキャラクターたちはカタリナが女子高生に時にこの乙女ゲームをプレイして知っただけの設定の他にその世界で生きているからこその悩みやコンプレックスが徐々に見えてきます。それはゲームだけではわからない要素でだからこそ転生したカタリナの存在が大きくなっていきます。
転生モノの中でも特に面白いと思います。