SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン

kunier92さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン
10

自分の長所から目をそらすな!

スラムダンクの主人公がいる湘北高校バスケ部のライバル校に、湘南高校バスケ部というチームがあります。その湘南バスケ部のキャプテン魚住純はなんと身長が203センチもあり、県内で一番身長の高い選手です。バスケをする者にとって身長は高ければ高いほど有利なので、普通に考えればメリットしかないのですが、実は本人の中では強いコンプレックスとなっていたのです。
身長は高いがスピードがあるわけでもなく、バスケに必要なフットワークも苦手でチームの練習の足を引っ張り、そして技術もまだ未熟だった魚住は先輩たちから「ただデカイだけ」と揶揄されてしまいます。その言葉を魚住が偶然聞いてしまい、一度はバスケ部をやめることを決心します。しかし監督から「デカいだけ?立派な才能じゃないか。技術や体力は身に着けさせることができる。しかしお前をデカくすることはできない…。いくら俺がどんな名監督でも。」と言われ、魚住自分にとってコンプレックスとなっていた高い身長が実は貴重な才能であることに気づきます。そして苦手なフットワークも根気強く練習を重ね、神奈川県屈指のセンターへと成長します。
自分の才能を過小評価してしまうことがあるかもしれません。自分は〇〇しかできないと。でもそれは決して小さいことではないのです。自分をしっかり見つめなおして才能を伸ばしたい人、スラムダンクはそんなあなたにお勧めです。