SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン

bctmr9671さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン
10

コンプレックに悩まされている人はスラムダンクに学べ!

"宮城リョータに学びコンプレックスを克服せよ!

主人公の在籍する湘北高校のバスケ部のポイントガード宮城リョータは運動神経抜群なのですが、いかんせん身長が低く、170センチ未満です。バスケットにおいては身長が高い方が有利なのは周知の事実、そんな中小学生のころからずっと背が低かった宮城は運動神経とドリブルスキルで弱点をカバーします。作中において終盤までは宮城の抱えるコンプレックというものはそれほど明らかにはなりませんが、作中最後の対戦相手である山王工業との試合前に自分がずっと抱えてきたコンプレックスをマネージャーに吐露します。そして、試合中宮城は幾度となく窮地に立たされます。もう限界だという感じる時に宮城を支えたのが名将安西監督が述べた「スピードとクイックネスでは君の方が上」という言葉でした。自分にとってコンプレックスとなる身長について考え続けるのではなく、自分が相手よりも勝っているところがある。その点に気づいた宮城は山王の厳しいプレスディフェンスを自力で突破し、チームを窮地から救います。
人は誰しもコンプレックスを抱えて生きています。でも大切なのは自分の持っている武器を最大限に生かして戦うこと。そんな人生における大切な教訓をスラムダンクは教えてくれます。