魔女の宅急便 / 魔女宅 / Kiki's Delivery Service

saku-mizuさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
魔女の宅急便 / 魔女宅 / Kiki's Delivery Service
10

落ち込んで、また前を向いて

「となりのトトロ」で有名なスタジオジブリによる1989年公開作品。13歳の魔女の少女キキは、独り立ちするための修行の旅に出る。たどりついた海辺の街コリコを舞台に、仕事や出会いを通して成長してゆくキキの様子が描かれる。

全年齢対象。金曜の夜に定期的に何度もテレビで再放送を繰り返されている事からも分かるように、長く普遍的に愛され続けている、もはや「古典」と言ってもいいかもしれない誰もが楽しめるザ・エンターテインメント作品。

素直で天真爛漫なキキの視点で、「独り立ち」という実社会でも誰もが経験するシチュエーションを追体験できる。ひとりぽっちの少女に対して、決してなまやさしくはない現実や、冷たい態度であたる輩もチラホラ散見されるが、そのひとつひとつにしっかり傷つき心を痛めながらも明るくまっすぐ成長してゆくキキが愛おしい!切なく心苦しいシーンと、対照的にホンワリと心温まるシーンの緩急のつけ方や展開が素晴らしく、キキと同じ気持ちになりながら、安心して気持ちを委ねて観ることができる。愛らしく人間臭いキャラクター達や、圧倒的に美しい景色の数々をみずみずしく描き切るアニメーションはやはりさすがであるが、印象的な名セリフを102分の中に多数散りばめてみせた宮崎駿の脚本と、実は2役を演じている声優の高山みなみの全編通しての圧巻の演技力も存分に堪能したい。