ココ・アヴァン・シャネル / Coco avant Chanel

touko_hitagiさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ココ・アヴァン・シャネル / Coco avant Chanel
9

人生に勇気が欲しい時にみる映画「ココ・アヴァン・シャネル」

世界的有名ブランドのシャネルの創設者ココ・シャネルを描いた「ココ・アヴァン・シャネル」。孤児院で育てられた幼少期からナイトクラブ時代、そしてファッションデザイナーとして活躍するまでを描く伝記映画です。その背景にある恋模様や姉との関係など人生のドラマがロマンチックに描かれています。
ココが生きた時代は、女性はコルセットとドレスを身に纏って、華美な帽子を被って、まだ働くこともしない時代。女性に対する既成概念の中でココは自らのセンスやこだわりを大切に貫いていました。映画の中で着用されているリトルブラックドレスやパンツスタイルは今の時代には当たり前ながらも、その時代には斬新なものでした。
ココと出会い、彼女を受け入れたバルサンやボーイとの関係はデザイナーとしても成功には欠かせないものだと思います。その自分を貫く強さやココの独特のスタイルを支えたココの周囲の人との関係も「シャネル」が生まれて一流ブランドになるまでに必要だったと垣間見れます。
女性に限らずどんな人でも自分スタイルを貫く強さの大切さを感じる映画であり、新しくこれから何かに挑戦をしようとする人は必ずココから挑戦をする勇気をもらうことのできる、自分自身を信じ続ける力をもらえる映画だと思います。