ユーリ!!! on ICE / ユーリ オン アイス / Yuri!!! on ICE

akaneさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ユーリ!!! on ICE / ユーリ オン アイス / Yuri!!! on ICE
9

フィギュアスケートが好きな人もそうでない人も、1度は見てほしいアニメです

フィギュアスケートといえばこのアニメ!と言っても過言ではないと思われる「ユーリ!!! on ICE」。グランプリシリーズの成績上位6人のみが出場可能なグランプリファイナルに初めて出場できたものの最下位に終わり、その後の全日本選手権も惨敗、シーズン後半に控えていた国際大会への出場はかなわなかったフィギュアスケーター勝生勇利が地元に帰ってきたところから始まる物語です。
そんな勝生勇利の前に突然現れたロシアの生ける伝説的スケーター・ヴィクトルと、ヴィクトルと同門のユーリ・プリセツキーがお話の中心ではありますが、国内のスケーターはもちろん、各国のスケーターにもバランスよくスポットが当たっていると感じます。
このアニメのスケートシーンはアニメーターたちが想像で描き作ったものではなく、実際に振付師として国内外で活躍されている宮本賢二さんや、プロスケーターとして活躍中の本田武史さん、織田信成さんたちが実際に振付・滑走している様子を映像としておさめ、その映像に基づいて忠実に再現されています。そのため、ジャンプの踏切や着氷、スピンやステップなど細部まで本当にきれいに描かれているので、思わずうっとりしてしまうほどです。フィギュアスケートを見始めて間もない人、長年見て目が肥えている人、現役・引退に関わらずファンになったスケーターがいる人、いない人、そもそもフィギュアスケートにあまり興味がない人も、みなさん見て楽しめると思います。