星野源

yamadanishomotoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
星野源
10

星野源の魅力

星野源さんは、音楽活動に留まらず、執筆活動、演劇活動も行なっていて、どれをとっても表現方法が面白い点がすごい。音楽活動でいえば、星野源さんは作詞だけに留まらず、作曲もなさっている点が他のミュージシャンとの違いを感じる。例えば『SUN』(2015年)という曲は、星野源さんが幼少期から憧れの存在であるマイケル・ジャクソンさんの死から出来た曲である。

君の声を聞かせて
雲をよけ世界照らすような
君の声を聞かせて
遠い所も 雨の中も
すべては思い通り
(『SUN』 歌詞1番 サビ)

音楽活動など全くしたことのない私だったら、きっと死から着想して作った曲ならどちらかというと湿っぽいバラードっぽくなるだろうなと思う。でも、ぜひ曲を聴いてみてほしいのだが、星野源さんはサビ部分をとっても死を連想するようなワードはないし、曲調も一曲を通して明るくポップでリズミカルだ。
星野源さんは死という一時的な出来事の部分に着目しているのではなく、幼少期からのマイケル・ジャクソンさんが自分に与え続けてきたスター的なカリスマ性に焦点を当て、明るい曲調にしていることがすごいなと思う。
執筆活動でいえば、星野源さんは最初文章が上手に書けるようになりたいと思い、周りの人から無理だよと言われても諦めず、自分で出版社に持ち込みをして連載を始めたと自身の著書で述べている。
その時点で応援したくなるが、星野源さんの書く文章はどれも良い意味で力の抜けたような脱力感もありつつ、時折本質を突いてくるよな文章をお書きになっている点が魅力的だ。
演劇活動をとっても、最初はノルマ制のあるチケット発売をしながら演劇活動を始め、地道に経験を重ね、かの有名な大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で主演をつとめている。
このように、星野源さんはもともとあった自身の魅力を自分で売り込みにいき、努力を重ね今の栄光があるという、素敵な人物である。
音楽活動をしていない人でも、その姿勢から得られるものは大きいと思う。これからも応援していきたい。