ぼくらの

LadiosSoppさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ぼくらの
8

ぼくらの

あらすじ
現代社会より少し発展した世界が舞台。物語は11人の子供たちが三友島で合宿をして、夏の海辺で遊んでいるところから始まる。
この物語の主人公はこの11人の子供たちであり、今後の物語では重要な役目を課せられることになる。
序盤は子供たちがココペリという男からゲームを勧められる。ゲームの内容はまず、契約し契約者がロボットに乗り、出現する敵と戦い敵を戦闘不能にしたら勝利という内容。子供たちは好奇心で契約をしてしまう。ただカナという女の子のぞいて。
10人の契約が終わった瞬間ノイズが走り、いつの間にか外で気絶していた。目が覚めて宿に戻る途中そこに巨大なロボットが出現。再びノイズが走り、子供たちはロボットのコックピットへワープした。そこにはココペリが乗っていた。敵ロボットが現れ、ココペリは戦い方のお手本を子供たちに教えるために戦った。敵を倒した後ココペリはいなくなって子供たちは再び海辺に戻った。
次の日子供たちが昨日のことについて話しているとコエムシが現れる。コエムシは自分は巨大なロボットの管理者であることを説明すると子供たちをコックピットの中に連れていく。そこには子供たちが使っている椅子が用意されていて、その椅子で操縦者を決めるという仕組みだった。
最初に選ばれたのがワクという男の子である。子供たちは宿に戻ってゆっくりしていると、敵ロボットが出現。ワクはロボットに乗って戦い見事に勝利。そのあとみんなでロボットのてっぺんに移動。そこでワクはロボットのてっぺんから落ちて死亡。子供たちは衝撃を受けた。

感想
この作品は、ロボットで戦って負ければ地球滅亡、勝っても自分は死ぬという残酷な運命を突き付けられた子供たちの苦悩と、それぞれの凄絶な生き様を描いた作品です。政府も絡んでいくのですが結局何もできないというところもリアルで見どころがあります。
最終回は感動するのでおすすめです。