北斗の拳 / Fist of the North Star

nanohanaさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
北斗の拳 / Fist of the North Star
8

実は。

北斗の拳は世界に戦争が起こり、腐敗しきった世の中で荒くれ者たちが暴れまわってるという背景設定のなかに、一人の救世主ケンシロウという一子相伝・北斗神拳の継承者が活躍する物語です。敵キャラは筋肉隆々でいかにも男の子受けのマンガという感じで、物語前半は女性があまり興味をもつような内容ではありませんでした。ストーリーが進むにつれて、ケンシロウの体をはった愛ある戦闘シーン、ライバルではあるが深い悲しみを抱えたキャラクター達、北斗神拳の伝承争いに関わるケンシロウを含む4兄弟の壮絶なストーリー、そして何よりも外せないのがユリアというケンシロウが愛した1人の女性の存在で、彼女が屈強な男たちの人生を狂わせていくストーリーなど、読み応えたっぷりです。自分は数々繰り広げられる壮絶な戦闘シーンで登場する「秘孔をついた、お前はもう死んでいる」というケンシロウのセリフが大好きでした。秘孔と言うのは体の中にあるツボのことで、その部分をケンシロウが指で突くことで、敵キャラ達を一撃で倒してしまうというものです。しかし突く場所によっては難病を治療することもでき、本来は殺人拳法ではなく人助けに使う物であったため、数々の愛あるストーリーが繰り広げられます。そのため物語の後半には女性ファンの方も多くおられました。