とあるおっさんのVRMMO活動記

pontaman7さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
とあるおっさんのVRMMO活動記
8

なろう系の物語にしては、しっかりした作り込みの作品

私が抱いている俗称「なろう系」と言うものは、俺TUEEEであったり、俺なんかしちゃいました?といった超鈍感であったり、世界に対して個人で対応できるほどの能力を持たされてたりと、こんな状態なら物語の進め方が楽だなぁと言ったものが殆どでしたが、この作品は地道にRPGをしていて個人的にとても好感が持てる作品でした。
何より好ましかった内容が、主人公が決められたルールの中で、自分なりの攻略の答えを試行錯誤しながら見つけるといった行動をとっていくので、読んでいても「そうはならないでしょ」という突っ込みを入れることがありません。読んでいてもスッキリします。
無限の可能性を秘めているMMORPGというものを作成している会社自体がオーバーテクノロジー地味てはいますが、そこまで突っ込んでしまうと物語が成り立たないので、そう言う物だと気にしない様にしています。
戦闘に向いていないと烙印を押された職業でも、工夫次第で攻略可能という、ある意味プレイヤースキルを要求されている物語なのですが、主人公自体の元の能力は私達と変わらず、むしろハンデを背負っている状態でも活躍できているという描写は、読んでいて気持ちがいいものです。
VR技術が進めば、実際にこう言ったMMOが出てくるのかなと期待してしまいます。
因みにおっさん要素は、あまり感じられません。